--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014.03.21

ケーブルに関する理解が深まりました

HEGELのD/Aコンバーター、HD10には「RCA」「XLR」2種類のライン出力端子があり、
それぞれ同時に使用することができます。
hd10_001.jpg
hd10_004.jpg
しかし、何故かXLR端子から送り出したライン出力の音割れが酷く、
飽和(クリップ)しているようです。

それまで僕が使用していたD/Aコンバーター、
PS AudioのDLⅢでは同じ使い方で問題無かったので驚きましたが、
文明の利器Google検索で調べてみた所、
僕が使用しているXLR-RCAの変換ケーブルが原因となっていることがわかりました。
130629_005.jpg

詳しいことは、
情熱の真空管、ぺるけさんのホームページに掲載された記事に全て書かれており、勉強になります。

平衡回路の基礎3・・・平衡回路と不平衡回路をつなぐ
http://www.op316.com/tubes/balanced/bal2.htm


原因と対策については上記記事をご確認ください…で済ませてもいいのですが、
せっかくなので僕が学んだ事を以下に記します。


送り出し側のバランス回路には「トランス式」「電子式」という別々の考え方があるそうで、
「XLR出し、RCA受け」という特定の条件下に限り、
「トランス式」「電子式」にあわせた、正しい配線方法が必要との事。
もちろん、通常のバランス接続では気にする必要のない事です。

この時、僕が使用していたXLR-RCAの変換ケーブルは、
XLRの1番GND、3番COLDをRCA側のGNDにまとめたもので、これは市販されている変換ケーブルに合わせたものです。
130629_004.jpg

図で説明します。
1番、これは通常のバランス接続です。
140321_001.jpg


2番、HEGEL HD10とアンプの間に使用した変換ケーブルの結線方法です。
トランス式バランス→RCAの正しい結線方法でもあります。
 140321_002.jpg
PS AUDIO DLⅢでは問題なく使用できていたので、
DLⅢはトランス式、HD10は電子式のバランス回路であることが判明しました。


3番、電子式バランス→RCAの正しい結線方法です。
バランス側COLD端子の結線を省くだけで良いようです。
140321_003.jpg
通常のバランス接続と比較し、信号レベルが6db下がるものの、安全に使用することができるとの事。

※3の結線は、トランス式の場合は音が出なくなるので、回路に合わせた結線が必要となります。



上記を踏まえ、電子式バランス回路からのXLR→RCA変換ケーブルを自作することにしました。
140321_004.jpg
線材は切り売りで購入したオーディオテクニカのAT-EA1000、
XLRプラグはノイトリックのNC3FXX-B、
RCAプラグはフォルテシモオーディオのRCA-PKC-GO。
便利なコレットチャック式なので、製作前に使用していた変換ケーブルから抜き取って再利用します。

3番COLDは無視して、2番HOTと1番GNDだけ半田付け。
140321_005.jpg

HEGEL HD10のXLR端子から、RCA端子を持つアンプへ音声信号を安全に送り出せるケーブルが完成!
140321_006.jpg
このようにニッチな仕様のケーブルを気軽に作れるのも、
電子工作の楽しさの一つといえます。




次に、Zonotoneの電源ケーブル、6N2P-3.0Meisterの中古品を手に入れました。
ちょっと派手かもですが、青色のケーブルはかっこよくて惹かれます。
6N2P-3Meister_001.jpg
切り売りの電源ケーブルや自作用インレット・プラグ類はどれも値段が高く、
自作するより完成品の中古を手に入れたほうが安くつくという現実…。

当機のような樹脂モールドプラグは頑丈そうで、頼もしい。
6N2P-3Meister_002.jpg
6N2P-3Meister_003.jpg
大きな電流が流れる電源ケーブルなので、安全と信頼性が何よりも大切です。


当機はAMB LABの電源ユニット、σ11に接続するために購入したのですが
予想以上に線材が固く、取り回しが悪いため、設置スペースの都合で断念しました。

でも使わないのも勿体無いので…ということで
現在はパソコン用の電源ケーブルとして使っています。(PCオーディオだけに…)

ここで僕が学んだのは、
ケーブルのシールドには色々な種類があり、
6N2P-3.0Meisterに採用されているような「アルミラップシールド」は高いシールド効果を得られるが取り回しに難がある…という事です。

下記の記事が参考になりました。

ケーブルにおけるノイズとシールドについて・・・
http://www.ssaj.sakura.ne.jp/old-paj/1991/Belden-cable91.html


これらを踏まえ線材のスペックを確認することで
「シールド効果重視」「取り回し重視」などの予想が立てられそうで、今後に活かしていけそうです。
スポンサーサイト

Posted at 23:36 | DIY関連 | COM(0) | TB(0) |
2013.08.07

【Graham Slee Solo Ultra-Linear Diamond Edition】禁断の改造:2

休日に、Soloに接続するためのケーブル一式を自作しました。

130804_008.jpg

以下、製作レポートになります。



先日、電解コンデンサを交換してしまったGraham Sleeのヘッドホンアンプ、
Solo Ultra Linear Diamond Editionです。
solo_ul_de_022.jpg
中身の見た目は頼りないですが、音質は文句なく素晴らしく、
毎日のリスニングが楽しみで、気に入っています。

ここまでやったら、出来る事は全てやりたい!
と思ったので、今度はケーブル類の見直しをすることにしました。
130804_000.jpg
当機を使用するために必要なケーブル類は三種。
・メガネ型電源ケーブル
・3P DIN入力のDCケーブル
・ラインケーブル

となっております。

ラインケーブルはLava Mini Soarを使った自作品ですが、他は購入時に付属していたもので、
ごく普通のタフピッチ銅の汎用ケーブルのようです。(DCケーブルは手作りのようですが)
今回は、これらのケーブルを交換することにします。


まず、メガネ型電源ケーブルをどうするかですが、
色々迷った末、過去に僕が自作した…けど使っていない電源ケーブルを流用し
自作メガネケーブルとして再利用することにします。
130804_003.jpg
この線材はオヤイデのL/i 15 OFC。
非常にやわらかく、また細身なので取り回しが良いOFC線です。
130804_004.jpg
4芯をそれぞれ束ねて2芯にしてから接続する仕様のケーブルなので、
今回のメガネ電源ケーブル製作にぴったりです。

電源プラグに特にこだわりはないので、現在取り付けられているパナソニックのWF5018をそのまま流用。

今回の製作にあたっては、上記の3Pインレットをメガネインレットに交換するだけで良いのですが、
大きな問題にぶち当たりました。

どうやらオーディオ界隈ではメガネ用インレットは需要がないらしく、ほとんど売られていないのです。

手頃に安く手に入るのがこのマル信無線のインレットで、
秋葉原などの部品屋さんで、100円で売られています。
130804_001.jpg
しかし、ご覧のとおり芯線を半田付けする機構が備わっているのみで、
ケーブルを圧着して固定する機能がありません。

また使用できる線材も細いものに限られる事から、
強いテンションがかかる可能性がある電源ケーブルに使用するプラグとしては、大きな不安が残ります。



そこで、迷った末に大枚はたいて買ったのが、
フルテックのメガネインレット、FI-8NGです。
130801_001.jpg
2013年夏現在、一般的なお店で手に入る唯一のメガネインレットです。
金メッキタイプのFI-8NGと、ロジウムメッキタイプのFI-8NRがあります。

さすが高いだけあって精巧で、信頼性の高い作りです。
無駄に芯線固定ネジ用の六角レンチまで付属していました。
130801_002.jpg
コレットチャック方式による芯線二段階ロック機能と、
ケーブルの太さに合わせた3段階のスペーサーが用意されており、至れり尽くせりです。
130801_005.jpg
比較してみると、作りの差がよくわかります。
130804_002.jpg
良い作り相応に値段も良く、
このフルテックのFI-8NGは3200円でした。(タカチのHEN型放熱ケースが買えてしまう…)

正直、こんな高いインレットを買うくらいなら
完成品のケーブルを買ったほうがいいんじゃないか?と何度も迷いましたが、
「自作したほうが愛着が湧くだろう」と自らに言い聞かせ…。



DCケーブルは定番オヤイデのAC/DC用PCOCCケーブルを使って自作します。
130728_002.jpg
DINプラグはスイッチクラフト製のものを個人輸入し、
DCプラグはオヤイデで一緒に買ったものです。
130728_003.jpg


ラインケーブルの製作にあたっては、
「長く愛用できる、良いものを作ろう」という考えで、
予算を無視して使いやすさと質の良さを両立した材料を選びました。
130804_005.jpg
線材はORBのJ7、プラグはフォルテシモオーディオのRCA-PKSHを選択。

ORBのJ7は導体、シールド共に6N銅を使用しているというのが売りですが、
それ以上に、「非常に柔らかく、取り回しが良い」ことが購入の動機となりました。
こんなにしなやかな切り売りラインケーブルを他に見たことがなく、
決して安い買い物ではありませんでしたが、
かねてから使ってみたいと思っていた線材でした。

このケーブルはヨドバシカメラ新宿本店で1m/1500円程度の価格で取り扱われています。
今のところ他のお店で取り扱っている事を見た事がありません。

フォルテシモオーディオのプラグ類は全て、
RCAジャック取り付け後にハウジングを回して固定する「ロック式機構」を備えています。

食いつきが強すぎてRCAジャックにダメージを与えてしまったり、
逆に食いつきが緩すぎて信頼性に欠ける…などという心配がないので、
長期的に見て安心して使うことができます。
130804_006.jpg


そうして出来上がったケーブル類がこちら。
130804_007.jpg
線材には全てナイロンチューブをかぶせ、統一感を狙っています。
(元の線材の色が気に入らないというのもありますが…)

Soloに取り付けてみました。
130804_009.jpg
なかなか格好いい仕上がりになったんじゃないかな?(自画自賛)

ただ、フルテックのメガネプラグは実際に取り付けると不恰好だったり。
130804_010.jpg
気になる隙間が…

ともあれ、これでさらにSoloで音楽を聴く楽しみが増えました。

このようにDIYを行うことで既成品に自分なりのアプローチを追加出来るというのは相変わらず嬉しいもので、
電子工作の楽しさ、嬉しさを改めて実感する次第です。



ついでに、
以前製作したAMB Labsのγ2 DACとσ25電源ユニットを接続するDCケーブルが短すぎたのが気になっていたので、
余ったケーブルで接続ケーブルを再作成しました。
amb_sigma25_036.jpg



左が旧、右が新。
130728_005.jpg

以前より長くしたので、背面の見た目は微妙ですが…
130728_006.jpg
これでようやく正面パネルの位置を揃えることが出来て満足。
130728_007.jpg



Posted at 01:38 | DIY関連 | COM(0) | TB(0) |
2013.07.24

スピーカーケーブル、USBケーブルの変更

ケーブル類の加工には熱収縮チューブが欠かせません。

僕は、今までライターの火を炙ることで熱収縮チューブの処理をしてきましたが、
失敗も多く、散々焦がしてしまったり、取り返しの付かない失敗をしてきました。


しかし、もうそんな悲しい思いをすることはありません!

なぜなら、ヒートガンを購入したからです!(やったー!)

僕が購入したのは、定番の石崎製作所 プラジェットミニ(PJ-M10)です。
ちょっと高かったけど、最近はケーブル加工をしたい機会が増えてきたので、今後のために奮発しました。

さっそく実力のほどを試してみたくなり、白羽の矢が立ったのはこちら。
僕が過去に試してきたスピーカーケーブルが5種類。
130706_001.jpg
左から、
・Canare 4S8G
・Belden 8460
・Canare 4S6
・Zonotone 6NSP-2200S Meister
・Monster Cable NMC

となっております。

聴き比べをしようと思って廉価帯を中心に取っ替え引っ替えしてみたのですが、
僕の耳ではスピーカーケーブルの音質差などわからないというのが正直な感想で、
最後に試してみたモンスターケーブルのNMCを接続したまま、1年半程愛用していました。

これらのケーブル類を加工した当時は電子工作に慣れておらず、処理が甘いため
ヒートガンを使うついでに、綺麗に再加工してやろうと思います。


今回は、Zonotoneの6NSP-2200S Meisterを加工します。
店頭で一目惚れして買った初めてのスピーカーケーブルで、僕の手持ちの中では最も高額なものです。
130706_003.jpg
ヒートガンの威力、おそるべし…
危なげなく、綺麗に熱収縮チューブの処理を行う事ができました。(こりゃあ、たまらん!)

再加工完了。派手なケーブルだなあ。
130706_004.jpg
今後はこの6NSP-2200S Meisterを愛用していきます。



次に、パソコンからUSB-DDCに接続するための
オーディオ用USBケーブルを買ってみました。
gt2_001.jpg
オーディオ用USBケーブルのベストセラー、FurutechのGT2です。
中古品を4900円で手に入れる事ができました。

先日までオヤイデのd+ USB class Aを使用していたのですが、
長さが足りなくなったので買い替え。
(オヤイデのケーブルが肌に合わなかったというのもあります)
gt2_002.jpg
USBケーブルの自作を一時期考えていたのですが、
「USBケーブルに適した線材」というものがわからないので、
最悪、「改善のために自作したけど、実際は改悪だった」なんてことにもなりかねないと想像し始めてしまい、
もやもやしたまま自作ケーブルを使い続けるよりは、プロの仕事に任せよう、と結論を出した次第。

USBケーブルによる音質差についても様々な所で議論の的となっていますが、今のところ、僕には違いがわかりません。
(普通のUSBケーブルと取っ替え引っ替えしましたが、わかりませんでした)

とはいえ、以前にTwitterのフォロワーさんが
「オーディオ用USBケーブルに交換したら、今まで聴こえていたノイズが無くなった」と言っていた事があるので、
強力なノイズシールド効果を期待してオーディオ用USBケーブルを導入する分には、
期待を裏切らないものと思います。

僕もオーディオ用電源タップ(Belden PS1650)の導入により
「ヘッドホンアンプのHD-1Lにイヤホンを接続した時に聴こえていたノイズが無くなった」という実体験があるので、
電源関連のアクセサリー類に投資するのは無駄ではないと思っています。

とはいえ、対費用効果は良くないですし、高ければ高いほど効果がある…とは言い切れないのがケーブル界の常なので、
そもそも細かな違いがわからない僕は「適度な落とし所を見つけて満足しよう」という考えです。

Posted at 00:55 | DIY関連 | COM(0) | TB(0) |
2013.06.17

週末のDIYと、憧れのポータブルアンプを手に入れた話

僕が以前制作したDCケーブルは、
スプレッドサウンドで販売されているDCケーブルと同じ仕様で、
線材はベルデンの8218、プラグはスイッチクラフトのS760です。
130616_001

ベルデンの8218は、本来、同軸デジタルケーブル用の線材なので、
電源向けの切り売りDCケーブルがあれば乗り換えたいなあ…と思っていた所、
オヤイデ電気で「AC/DC CABLEパワーサプライ用DCケーブル」という丁度いい線材が売られている事を知り、早速買って来ました。
130616_002
おあつらえ向きにオヤイデ専売の2.1mmDCジャックも売られていたので、一緒に購入。

さすがDCケーブル用に作られた線材だけに、芯線が太くて安心感があります。
130616_003

新しいDCケーブル完成!
130616_004
ケーブルの色が気に入らなかったので、ナイロンチューブをかぶせました。


次に、
ついでに買った4N純銀単線(0.5mm)を三つ編み。
130616_005
三つ編み初体験。(汚い出来になってしまった)

130616_006
130616_007

4N純銀単線のDOCKケーブル完成!
130616_008
DOCKケーブルは長さが必要ないので、高級ケーブルを使用しても安く作れるのが嬉しい。

定番過ぎて避けてきましたが、オーグラインを使用したDockケーブルも作ってみようかな。


次に、BISPAで「BSC-UPOFC3621V-CABLE」という、例の8N銅(相当)2芯シールド線の廉価グレードといわれるケーブルを買って、両端ステレオミニ端子のケーブルを作りました。
γ2 DACのDAC-OUTからポータブルアンプに繋げるためのケーブルです。
130616_009


三本とも、ちょっと高級感のあるビジュアルで、なかなか気に入りました。
130616_010

使わなくなったDCケーブルは先端をカットし、RCAプラグを取り付け、
ベルデンの8218本来の用途である、デジタル同軸ケーブルとして再利用します。
130616_012
1506Aを使用したデジタル同軸ケーブルを自作したことがありますが、
あまりに固く取り回しが困難で悲しい思いをしたので、
ベルデンの同軸ケーブルを自作するなら断然8218をお勧めしてみます。



次に、
Meier Audioの名機ポータブルアンプ、Corda Stepdanceの中古品を手に入れました。
ずっと欲しかった機種が安く手に入って、とても嬉しい。
Stepdance_001.jpg

もともと、後継機種である2STEPDANCEをいつか買おうと思っていたのですが、
初代のほうが外観が好みである点、電池入れのスペースに若干余裕があり、使える電池の選択肢が広い点、
使用しているパーツ類や物量も初代のほうが豪華であるという事実に後押しされました。
Stepdance_002.jpg
Stepdance_003.jpg
Stepdance_004.jpg
Stepdance_005.jpg
Stepdance_006.jpg
Stepdance_007.jpg

裏面。
非常に細かな表面実装部品が緻密に配置されており、興奮が止まりません。
(僕はアンプマニアだなあ…という実感)
Stepdance_008.jpg
Stepdance_009.jpg
Stepdance_011.jpg
STEPDANCEはポータブルアンプながら、一切の妥協なく音質向上に貢献する様々な機能を盛り込んでいます。

音質劣化の原因となるボリュームを使わず、デジタルアッテネーターによる音量調整機能を搭載、
5つの1回路オペアンプ(OPA1611)を使用し、シングルエンド接続ながらバランス接続と同様の音質改善を得られるという「Active Blanced Gound」回路、
サイズ制約のあるポータブルアンプとしては相当な大容量となる7500μF前後のキャパシタ実装、
電圧を2倍に昇圧して駆動するハイカレントモード搭載など、
こんな小さなポータブルアンプに、オーディオマニアが喜びそうな要素が「これでもか!」というほど徹底的に詰め込まれています。

高音質の代償として、電池持ちが宜しくないという弱点がありますが。


作りに関しては、少々コストダウンの影響が垣間見えます。
Stepdance_012.jpg
Stepdance_013.jpg
半田ブリッジ放置と抵抗が立っている箇所があって、
手作り感を感じる…。(どちらも出音には影響ないのですが)

音質については、非常に高い分解能が特徴で、なるほど納得の高音質です。
ハイカレントモードで駆動すると非常に電池持ちが悪いので、妥協してローカレントモードで使っています。

しばらくはMonolithAmpとStepdanceの使い分けで毎日の通勤が楽しくなりそうです。
ちょっと聴きこんでみたらファーストインプレ書いてみます。

Posted at 02:02 | DIY関連 | COM(0) | TB(0) |
2013.05.07

安全に使用できるサブウーファー用ケーブルと、iPod用Dockケーブルを作成

4月21日に投稿した記事では、
AMB LabsのDAC、γ2のステレオミニ端子のDAC-OUTからサブウーファーのSW-5Aのサブウーファー端子に接続するために
「ステレオミニプラグ→モノラルRCA」という仕様の変換ケーブルを作成したことを紹介しました。
130407_004.jpg

この後、この記事を見た電子回路に詳しいフォロワーさんから
「この変換方法では、最悪の場合、接続機器損傷のリスクがある」という内容のご指摘をいただきました。
や、やべえ…

(いつもありがとうございます…!)


このケーブルを作成した時、
僕は、ステレオ→モノラルの変換を行うにあたり、
どこかのブログの記事を参考に、
下記のように、Rの線とLの線をよじることで、モノラル化を行いました。


しかし、この変換方法では、通常の使用では問題ないものの、
極端なケースが重なると、最悪、音声信号の出力が逆流し、接続機器を損傷してしまうリスクがあるとの事。
130501_000.jpg
僕が行った危険な変換例を図に起こすと、下記のようになります。
130501_005.jpg


安全に変換を行うためには、出力の逆流を防ぐために、
RとL、それぞれに600Ω~1.2kΩの抵抗を直列で挟むといいそうです。
図に起こすと下記のようになります。
130501_006.jpg

このアドバイスを受け、変換ケーブルを作り直すことにしました。

ステレオミニプラグのL、Rの信号部それぞれに1.2kΩの抵抗を挟み、
130501_001.jpg

この二つの抵抗を1芯シールド線の芯線に半田付け。
抵抗を挟むスペースが無さすぎて、余裕のない感じに。
130501_002.jpg
線材はLava mini Soarを使用しました。
このケーブルは元々はギター向けの楽器用ケーブルだそうですが、
芯線が単線で出来ているのに非常にやわらかく、取り回しが優れており、お値段も安いので気に入っています。

あとは、普通にRCAプラグの半田付けをして、
130501_003.jpg

安全に使用できる「ステレオミニプラグ→モノラルRCA」変換ケーブルが完成!
130501_004.jpg
音出しも問題なく、うれしい!

いつも電子工作のアドバイスをくださるフォロワーさんには感謝しきれません。
ありがとうございます!



次に、iPod用の、ポータブルアンプに接続するためのDOCKケーブルを作成しました。


現在、僕が使用しているDOCKケーブルは
数年前にiBassoで購入した「CB07」で、特に不満なく使用してきました。
130503_000.jpg
しかし、近頃では銅線の緑化が目立ってきて、見た目がわるい…。


ちょうど、オヤイデ電気などで「DOCKケーブル作成用キット」が売られているので、
これを利用して、いっちょ気分転換に作ってみるか!と。
130503_001.jpg
線材は以前BISPAで購入した8N銅(相当)2芯シールド線、BSC-8NSCOFA-CABLEの端切れを流用し、
Pailiccsのステレオミニプラグを使用。

材料費だけ見たら微々たるもので、
DOCKケーブルに限らず、ちょっとこだわった線材を使ったケーブルはどれも異常にお高いですから、
こういう時に自作のうまみを実感できます。

DOCKユニットの半田付けは非常に難しそうなイメージがありましたが、
実際にやってみると特に危なげなく進められて、一安心…(半田盛り過ぎたかも)
130503_002.jpg

DOCKユニット側はケーブルのカシメや固定が出来ない仕様なので、
このままだと遅かれ早かれ、必ず断線します。
DOCKケーブルは接続時に強いテンションがかかるので、なおさら危険です。

そこで、他所の製作例などを参考に、グルーガンで接着剤を流し込むことにしました。
マスキングテープで保護して…
130503_003.jpg
このくらい盛っておけばいいかな。
130503_004.jpg

反対側、ステレオミニプラグ側の半田付けをすれば、
130503_005.jpg

DOCKケーブルが完成!
130503_006.jpg
Pailiccsのプラグは値段の割に見た目が良いので、気に入ってます。
130503_007.jpg

今となっては世代遅れとなりつつあるDOCKケーブルですが、
僕の環境ではまだまだ現役です。
130503_008.jpg
iriverのAK100がアナログライン出しできる仕様だったら、
文句なく乗り換え決定だったんだけどなぁ…

Posted at 02:08 | DIY関連 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。