--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.09.30

上海問屋 DN-84766を購入

8月末頃に発売された上海問屋の新作DAC、DN-84766を買いました。

dn84766_002.jpg
4000円という非常に安価な製品ですが、
24bit/94khzに対応するUSB入力端子を備え、
デジタル同軸出力(DDC)機能も備えた高性能なDAC/DDCです。


USBバスパワーで動作し、特別なドライバのインストールは不要です。
僕のPC環境(WIN7 64bit Foobar2000のWASAPI出力)では問題なく動作しています。

当機は、生産完了となったHEGELのHD2というDACに回路構成、仕様が酷似しており
所謂「クローンDAC」にあたる製品ということで、界隈では注目度が高いようです。
dn84766_003.jpg
使われている部品は
定番のUSBインターフェイスTE7022L、アップコンバート用チップAK4127、AK4118、PCM1754など、至極真っ当なもので、やはりHEGEL HD2と同じです。

コンデンサは北瑋電子という台湾メーカーのRVTというシリーズを中心に使われており、
ケースもしっかりした作りで
なぜこれほどの製品を4000円で売ることが出来るのか、よくわかりません。

仮に当機が基板単体の販売形態で、部品を別途購入して組み上げるという場合は
ケース、基板を含まない部品代だけでも4000円は超えてしまうでしょうから、
やはりかの国は別の次元であると思わざるを得ない…。
(偽物のICが使われている可能性はあります)

クローン元のHEGEL HD2は定価50000円程度との事なので、
そのような色眼鏡で見てしまうと余計にお得に見えてしまいます。


ただ、やはり完全なクローンDACかというとそういうわけでもなく、
一部のトランジスタやダイオードが省かれていたり、
フィルムコンデンサの容量が不足していることがわかるため、
「よく似てるけど、やっぱり違う製品」という認識で間違いなさそうです。

安価な中華オーディオ製品といえば改造母体!というのが定番の流れですが、
当機はほとんどチップ部品で構成されているため
僕のようなライトユーザーが気軽にいじれそうな所は、デカップリングの電解コンデンサと
カップリング用のフィルムコンデンサくらいでしょうか。
アナログ出力部手前のチップタイプコンデンサも交換すると変化を望めそう。
dn84766_004.jpg




当機を購入した9月上旬から二週間くらい使用してみました。

接続環境はPC→DN-84766→Solo UL DE→各種ヘッドホン。(HD650、K702、MDR-Z1000など)
ヘッドホンアンプのSolo UL DEは2つのライン入力端子を備えているため、
DN-84766のデジタル出力端子を利用し、AMB Lab γ2 DACからSoloに接続して聴き比べを行いました。

まず、当機に限らずUSBバスパワーで駆動するDACに共通した仕様ですが、
セルフパワーのDACと比較すると若干出力が弱く、
後段のアンプのボリュームつまみを少し多めに回す必要があります。(問題になるレベルではありませんが)


DN-84766の音の第一印象は、ややWarm寄りのアナログ的な音質で、
低価格帯にありがちなデジタルっぽさはありません。

低音が若干ゆるめで、分解能はそれなりですが
雰囲気や聴きやすさを重視した音作りがされているようで、僕好みです。

低音の頼りなさはカップリングコンデンサの容量が不足しているのが原因と思われるため、
ここに手を少し加えてやると改善が見込めそうです。

音場表現も優れており、こんな安いDACでこんな音を出されてしまったことに悲しみに近い驚きを感じましたが、
他のDACと聴き比べるうちに後段のヘッドホンアンプ、Solo UL DEによる味付けであることが比較試聴によって明らかになりました。
そういう点では、Solo UL DEはDACによる影響を受けづらく、味付けの濃いヘッドホンアンプであることがわかります。
(なので、音場表現に関してはなんとも言えず)

当機のアナログ的な音質は、クローン元のHEGEL HD2が目指した音作りであることは想像に難くなく、
中華製品の恐ろしさを久々に思い知らされた印象。


ここまで書くと価格対費用効果が異常に高い反則的な製品という印象ですが、
無音時にボリュームを上げていくとハム音のような「ピー」というノイズが聴こえてくる悪い点があります。
音楽を聴くときの可聴領域では聴こえないレベルではあるので、おそらく「このくらいなら大丈夫」と
クローン元よりも部品を減らした影響ではないかと想像します。
おそらく、測定結果も良くないんじゃないかな…。


以上、DN-84766は完全なクローンDACではありませんし、
コストダウンと中途半端なコピーによる悪影響も少なからずありそうなので
期待しすぎるのはナンセンスですが、
雑誌付録DAC並の価格で買える製品としてはちょっと信じられない性能と音を持っていることも確かで、
PCオーディオを始めてみたい!という人の初DACや、サブ環境を安く構築したいという人には
お勧めできそうな製品ではあります。
また、後々に高価格帯DACに乗り換える場合も、デジタル同軸出力用のUSB-DDCとして活用することができます。


当機はサブDACとして愛用しているAMB γ2 DACよりもずっと僕好みの音だったため、
悲しい気持ちになってしまいました。
自分で組み上げたDACだからと、自分を騙すように愛用していましたが
やはり耳は正直というか…。今まで見ないようにしていたγ2の悪い点が浮き彫りになった印象。

この比較視聴を受け、僕はγ2 DACの音質改善を試みることにしました。
次回に続く。
amb_gamma_024.jpg
スポンサーサイト

Posted at 01:59 | DAC・DDC | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。