--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.05.30

Chord Qute HD用電源製作

毎度おなじみAMB Labsで個人輸入した電源基板
「SIGMA11」の3台目を製作しました。
amb_sigma11_3_001.jpg

今回はChordのパルスアレイDAC
「Qute HD」の強化電源として使いたいので、12V2Aの仕様。
qutehd_001.jpg
Qute HDに付属しているスイッチングACアダプタの仕様は
12V0.6A DC出力の単電源なので、
表題のSIGMA11に限らず、
同様の条件を満たすDC電源があれば、そのまま置き換え可能です。
qutehd_012.jpg
※この手の需要を見込んだ様々なガレージメーカーが、
ACアダプタと交換できるアナログ電源ユニットを販売しています。

僕がSIGMA11を気に入ってるところは
MOS-FETを使った電源回路の特徴らしい「ソフトスタート機能」。
amb_sigma11_3_003.jpg
電源投入時に極端な渦電流が流れないようになっているので、
安全装置が誤動作するリスクやポップノイズの軽減が期待でき、
トラブルが起こりづらそうな安心感があります。
(電源投入時にLEDが「ジワッ」と光るのも格好良い)
amb_sigma11_3_002.jpg
地味にSIGMA11の部品表一覧がアップデートされており、
従来比でキャパシタ容量が1.35倍程度に増えていました。
amb_sigma11_3_004.jpg
数時間の動作チェックを行い
安定した電圧が得られることが確認できたので、
早速QUTE HDと組み合わせて、音出しをしてみました。
amb_sigma11_3_005.jpg
amb_sigma11_3_006.jpg



電源を交換した直後、
「QUTE HDが覚醒した」と思えるような激変が!

amb_sigma11_3_008.jpg
…などという都合の良いことは起こらず、
「なんとなく良くなったような…?」程度の感覚。
おそらくブラインドテストをやっても当てられないと思います。

QUTE HD本体に電源レギュレーターやインダクタが入っていることから予想できましたが、
スイッチング電源で十分に性能が出せる回路構成になっているのだと思います。

実用面では電源スイッチの追加で使い勝手が良くなり、
従来比でグレードアップしているであろうという確信もあり、
作って良かった!という満足感は得られました。

「オーディオは電源が大事」と言われますが
お金をかければかけるほど良いという単純なお話ではなく、
ちょっとやそっとでは性能が劣化しない回路設計が大事、
という見方もあることを、あらためて意識させられます。
スポンサーサイト

Posted at 12:47 | DAC・DDC | COM(0) | TB(0) |
2014.02.24

AMB Lab σ11(2台目)製作レポート

AMB Labのヘッドホンアンプ、M3と組み合わせるために使う安定化直流電源ユニット、
σ11(2台目)を組み上げました。
amb_sigma11_2_000.jpg
年末年始に作業しようと準備を進めていたものの、運送会社の正月休みによる影響を失念しており、
部品が揃わず後ろ倒しとなりました。
amb_sigma11_2_010.jpg
以下、製作レポートとなります。



2台目製作にあたっては、以下のようなテーマで作業を進めました。
・出力電圧を更にパワーアップ
・LEDの色をM3と統一する
・前回よりもきれいに作る


ケース加工は平日の夜に少しずつ進めておいたので、あとは楽しい半田付けのみ。
amb_sigma11_2_001.jpg
余裕をもって前回より1サイズ大きめのケースを用意しました。

σ11の実装基板が完成した所。
amb_sigma11_2_002.jpg
amb_sigma11_2_003.jpg
前回との違いは、抵抗にタクマンREYを使用、
電解コンデンサにニチコンKZを使用、
電流レギュレーターダイオードに1N5306を使用するなど、
過剰にならない程度の高級パーツを使用しています。
amb_sigma11_2_004.jpg

各種配線が完了した所。
amb_sigma11_2_006.jpg
圧着工具やヒートガンのおかげで、そこそこ見栄え良くできて嬉しい。

たいして発熱しない電源ユニットですが、念には念を入れてケース底面に放熱用の穴を開けておきました。
amb_sigma11_2_008.jpg
トロイダルトランスは前回同様共立電子エレショップ通販で注文したもので、
15v1A×2の二次出力を持つHDB-30を使いました。
amb_sigma11_2_007.jpg
日本の電圧100v入力に対応している手頃な価格のトロイダルトランスは共立電子エレショップ以外では手に入らないようなので、
とてもありがたいです。(ラインナップをもう少し増やしてくれたら嬉しい…)

各種チェックで問題なく使用できることを確認し、ケーシングして完成!
amb_sigma11_2_009.jpg
毎日気軽に使いたい機器なので、LEDの光がギラギラと目に刺さらないよう、輝度を抑えています。

当機の出力電圧は30V設定とし、1台目の27Vより更にパワーアップしています。
amb_sigma11_2_011.jpg

ヘッドホンアンプのM3と重ねたところ。
amb_sigma11_2_012.jpg
LEDの色も合わせる事ができて満足。
amb_sigma11_2_013.jpg


ニ台目のσ11で駆動するM3の音は、今までよりもさらに腰の座った深みが感じられ、とても好ましく思えます。
電圧アップだけではなく、部品の変更による効果もあるのかもしれません。
ヘッドホンアンプ兼プリアンプとして、愛用中です。

昨年購入したGraham SleeのSolo Ultra Linearも
当機のような「外部電源ユニット+アンプ本体」のセパレート構成で、音質を妥協せずに省スペース化を実現する合理的な方法だと思います。

このような構成であれば狭い僕の部屋でも無理せずに置けるので、
これらをヒントに今後の電子工作に活かしてみたい所。

Posted at 23:41 | DIY関連 | COM(0) | TB(0) |
2013.05.22

AMB Labs σ11の出力増強と、Sound Potion Monolithの修理

前回、σ25電源ユニットの製作がうまく行ったことに気を良くして、
かねてから「いつかやろう」と思ったまま放置していた、
AMB LABSのM3ヘッドホンアンプと組み合わせている電源ユニット、
σ11の出力増強を行いました。
amb_sigma11_016.jpg

■σ11の製作レポートはこちら
【AMB Labs sigma11 single-rail regulated power supply】製作レポート


内容は単純で、出力電圧を決定している抵抗を一本交換するだけです。

しかし、基板を取り出すためにネジやら何やらを外すのが面倒だし、
製作に使用したオヤイデの鉛フリー半田「SS-47」は、
スルーホールに浸透してしまったが最後、再び溶かすのが至難の技。
最悪、σ11が再起不能となる危険もあったので、
リスクを感じてずっと手付かずでした。

案の定、半田の吸い取りは困難を極め、
抵抗一本相手に一時間の格闘。

なんとか…無事に交換できてよかった…
(もう二度と鉛フリー半田は使わない事を心に誓いました)

この改修により、出力電圧が24vから27vにパワーアップ!amb_sigma11_029.jpg
24vのACアダプタの代わりとして使えるよう、汎用性を残したい狙いもありましたが、
このσ11はあくまでM3ヘッドホンアンプ専用ということで、割り切って性能を追求することにしました。
(欲しくなったらまた作ればいいし!)

M3ヘッドホンアンプは比較的単純な回路だからか、
環境を上げていく事による音質向上が顕著で、いじり甲斐があります。
他のヘッドホンアンプでは聴けない、重厚で濃密な音がたまらない!


次に、
製作に失敗してしまったポータブルアンプ、Sound Potion Monolithを再製作すべく
注文した基板が入金反映後10日を過ぎても届かなかったため、
問い合わせの連絡を入れるとともに、
駄目元で、故障中の基板のフィルムコンデンサを交換してみました。
Monolith_005.jpg

交換したら、あっさりと正常動作してしまいました。
オフセットは両ch共に1mv以内、ノイズも皆無、音出しも問題なし。
Monolith_006.jpg
やっぱりSMDのサイズが合っていなかったのが原因だったね…。
嬉しいけどちょっと複雑なこの心境。

Monolith_008.jpg
Monolith_009.jpg

というわけで、Sound Potionのポータブルアンプ、Monolith完成!
Monolith_010.jpg
Monolith_011.jpg
Monolith_012.jpg

サイズ比較(参考)左からMonolith、Mini3、CmoyBB、PortacordaⅢ USB、Voyager。
Monolith_015.jpg

iPod nanoやウォークマンに合わせたサイズとのこと。
僕の手持ちのアンプの中でも最小クラス。
Monolith_013.jpg

組み合わせて納得、素晴らしい親和性。
Monolith_016.jpg
愛用してて良かったiPod nano。

一度ケーシングしてしまえば、
ACアダプタを接続するだけで充電が出来る、このありがたさ。
Monolith_014.jpg
同じく充電可能なポータブルアンプ、
MINI3やcMoyBB V2.03Rはいつまでも充電ランプが消えませんが、
このMonolithには充電の制御基板が入っていて、
充電完了すると自動的に緑のランプが消える安全設計です。(しかも充電速度が早い)


まだ数時間ほどしか聴けていないのですが、
近いうちにファーストインプレ書いてみます。

※注文していた基板は、この製作の翌日に到着しました。
(ありがとうございます)


※5/27追記
赤枠部のコンデンサが逆接続になってました。
Monolith_005_2.jpg
コンデンサの極性は絶対に間違えない自信があっただけにショック!
(後日交換しています)


Posted at 00:31 | DIY関連 | COM(0) | TB(0) |
2012.12.17

【AMB Labs sigma11 single-rail regulated power supply】製作レポート

AMB LABSのDIYプロジェクトの一つ、SIGMA11の製作を行いました。

このSIGMA11は、AMB LABSが提供している電源安定化基板と
トロイダルトランスと組み合わせることで、
ローノイズで高品質な直流電源を接続先に届けることができる、
いわゆる強化電源というやつです。

AMB LABSでは、先月僕が組み立てたヘッドホンアンプのM3用の電源として、
このSGMA11を組み合わせる事を強く推奨しています。

M3の音は予想以上に素晴らしく、
ぺるけ式アンプと違った方向で使い分けに向いていると感じたことと、
トロイダルトランスを使った安定化電源に興味があったことが製作の決め手になりました。


先週、ケース加工を行い、
翌日にさっそく実装基板の半田付けを行いました。

面倒なケース加工さえ終わればもう何も怖くない!楽勝!
…この時はそう思っていました。



amb_sigma11_008.jpg
amb_sigma11_009.jpg
パーツは多くないので、
思ったよりずっと早く半田付け終了。

裏面。
amb_sigma11_010.jpg

それぞれの配線半田付けも行い、いよいよ準備万端!
amb_sigma11_011.jpg

ドキドキしながら電源ケーブルを挿し、スイッチを入れてみたのですが…
LEDが光らない…
テスターで測ってみて、本来24Vあるはずの出力が0mV…だと…。
ぜ、絶望…。

半田付けのミスやパーツの間違いなどを入念に調べたのですが、
特に異常は見つかりません。
ちゃんと交流12Vの二次出力×2は基板に流れているのに…

もしかしたら、半田付けの熱でダイオードがやられてしまったのかな…と考え、
パーツを抜き取ったりして動作確認をしましたが、まったく改善される気配がない…。

この時点で大分お手上げだったのですが、
Twitterのフォロワーさんに詳しい方がおり、
助言をいただきました。
(いつもありがとうございます!!)

曰く、「二次出力の接続が間違ってませんか?
amb_sigma11_012.jpg
回路図を見て、+電圧が流れるべきと思った所に12Vの配線をつなぎ、
そうでない所に0Vの配線をつないでいましたが、
これは誤りでした。

僕は交流電源の性質をよく理解できていなかったようで、
下記のように修正が必要でした。
(修正前の状態だと電気が流れない)
amb_sigma11_012_2.jpg
amb_sigma11_012_3.jpg
詳しい方のアドバイスのもと、配線を繋ぎ直したら
LEDが光った!!!
や、やった!うれしい!!

これでようやく完成が見えてきたのですが、
僕が独自判断で抜き取ってしまったダイオードを
下記赤丸部分に再実装せねばならず、
共立エレショップで追加注文しました。
amb_sigma11_014.jpg
しかし部品は翌週の土曜日になっても到着しなかったので、
我慢できず秋葉原で部品を買って帰って、その夜に半田付けを行い、
いよいよ実装完了!スイッチON!

したはいいのだけど、今度は出力に異常が…
本来24Vであるはずの出力が、8.4Vしかない…9Vニッケル水素電池かよ!

またもや絶望的な気持ちになったのですが、
よくよくパターンを追ってみたら、
一箇所、トランジスタの半田付けがブリッジしていました。
ダイオードを抜き取った時に半田ごてが触れてしまったようで…。

ブリッジを修正したら、念願の24V直流電圧が得られる事を確認できました。
や、やった!

各種チェックにより、異常がないことを確認した後
ケースに組み込み、いよいよ完成!
amb_sigma11_015.jpg
ねんがんの24V強化電源ユニットが完成したぞ!
amb_sigma11_016.jpg
amb_sigma11_017.jpg
amb_sigma11_018.jpg
amb_sigma11_019.jpg

ケースに対し基板は本当にぎりぎりのサイズで、
ヒートシンクがケースに干渉しそうですが、なんとか収まりました。
amb_sigma11_020.jpg

部品は例によってAMB LABSが推奨しているパーツリストの中から選択したもので、
MOUSERで注文したものです。
amb_sigma11_021.jpg

トロイダルトランスは共立エレショップで売っている、
HDB-25を選択。
amb_sigma11_013.jpg
amb_sigma11_022.jpg

100V電圧が入ってくる電源ユニットなので、
安全のために配線の末端は熱収縮チューブで保護しておきました。
amb_sigma11_023.jpg
また、過電流保護に1Aのヒューズを入れています。

amb_sigma11_024.jpg

ヘッドホンアンプ、M3と組み合わせて
直流漏れがないかチェックしましたが、
ACアダプタ接続時には最大1.6mV出ていたオフセットが1.3mVに減り、
安心して使える性能を有しているようです。(良かった)
amb_sigma11_025.jpg

ねんがんの「強化電源SIGMA11+ヘッドホンアンプM3」のセパレート環境が完成したぞ!
amb_sigma11_026.jpg

春先まで半田ごてを握ったことの無かった僕が
ここまでやれるようになって、感慨深いものがあります。

(間違いなく、助言あってこそなので、本当に感謝しきれません…!)


強化電源ユニット、SIGMA11と組み合わせた
ヘッドホンアンプM3の音ですが
一聴した印象こそ「ACアダプタと変わらないな…」だったのですが
聴き込んでいくうちに、音の立体感が向上し、音の弾力が増しているように感じられ、
じわじわと「電源をパワーアップした」恩恵を実感しています。
音の違いはともかく、何より気分がいい!

このSIGMA11も、M3と同様に、
半田付けの熱で劣化した電解コンデンサの自己修復が進む頃に
音が落ち着いてくるでしょうから、よく通電させてから音感想を書いてみたいと思います。

紆余曲折あったけど、成功して良かった…!

Posted at 00:48 | DIY関連 | COM(0) | TB(0) |
2012.12.11

【AMB Labs sigma11 single-rail regulated power supply】製作準備レポート

AMB LABSから、
ねんがんのSigma11基板が到着したぞ!

このSIGMA11の実装基板と、トロイダルトランスを組みあわせることで
安定した直流電流を得られるリニア電源ユニットが完成します。

先週末は体調も良かったので、まずはケース加工をやりました。
amb_sigma11_002.jpg
真ん中の大きな丸穴を開けるために
大きめタイプのテーパーリーマーを買ったのですが
取っ手部分と刃の間隔に余裕がなく、ゴリゴリやってるうちに何度も指を切ってしまい
切り傷だらけになってしまいました。
何か構造的に欠陥があるんじゃないか?このリーマー…(もしかして:使い方に問題がある)

さらに、勢いに任せて
同時製作準備中のぺるけ式オペアンプ反転型ヘッドホンアンプの
ケース加工も済ませておきました。
perukeop_001.jpg

さすがに二つのケース加工を続けてやると疲れる…。


さらに、SIGMA11と他の機器と接続するためのDCケーブルが必要なので、
このケーブルも自分で半田付けしようと思い、
ベルデンの1芯シールド線、8218と、スイッチクラフトのDCプラグ、s760をスプレッドサウンドで注文しておきました。
amb_sigma11_003.jpg
amb_sigma11_004.jpg
amb_sigma11_005.jpg
amb_sigma11_006.jpg
見た目は綺麗にできた。

長さは余裕を持って1m。
接続機器との重ね置き前提ならば20cm程度で十分なのですが、
僕の部屋は狭いので、
すぐにヘッドホンジャックを挿せる手元にヘッドホンアンプを置き、
すぐに手の届かない遠い場所に、DACや電源ユニットを置くことにしているので
ある程度の距離が必要なのでした。

そんなこんなで準備が進み、
ケース加工の翌日にSIGMA11の製作に入りました。
amb_sigma11_007.jpg

もちろんこの後、トラブルが発生します。

続きは次回にて。

Posted at 02:20 | DIY関連 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。