--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014.08.31

見た目も大事

ヘッドホンアンプ兼プリアンプとして愛用している
AMB labのM3。
amb_m3_2_016.jpg
当機に使用しているケース、ハモンドの1455シリーズには
色違いのパネルなどのオプションアクセサリーが売られているので、
ちょっと雰囲気を変えてみようと思い、
半透明の赤色プラスチック枠を買って組み込んでみました。
amb_m3_2_024.jpg
マットブラックのケースと合わせてダークブラウンのような渋い差し色が加わり、少し高級感が出たような気がする。
写真だとかなり赤っぽく写っちゃいましたが。


先日製作したUSB-DAC、GrubDAC。
S_Gdac_018.jpg
スピーカー環境メインで一週間ほど使い続けた後、HEGEL HD10に戻してみた所、
あまりの音質差にぶっ飛び。

一聴しただけで感じる圧倒的な立体感、生々しさに嬉しい驚き。

GrubDACの音は決して悪い印象ではないのですが、
シンプルで合理性を追求したプレーンな音と、
プロのオーディオメーカーが作り上げた音の差というものを体感することができた気がします。
定期的に耳リセットすれば、何度でも感動を味わえるかも…。

改めて良いDACであることを実感したHD10ですが、
相変わらず前面パネルのLEDが明るすぎて目に刺さる…。
hd10_003.jpg
このまま不満を持ったまま使うよりは…と、
思い切ってLEDの明るさを調整している抵抗の交換を決意。
hd10_020.jpg
LED自体は低輝度の製品のようですが…。

ここのR11の抵抗でLEDの明るさを調整しているようです。
hd10_021.jpg
デフォルトの抵抗値は1KΩ。こりゃ明るいわけだなあ…という第一印象。
hd10_022.jpg
先日のDIYで余らせていた2012サイズのチップ抵抗を漁って、1kΩから、10kΩに付け替えました。
hd10_023.jpg
この上品な光を見てくれ!
hd10_024.jpg
こういうのでいいんだよこういうので。
もっと早くやっておけばよかった…と後悔するくらいに満足。
スポンサーサイト

Posted at 22:01 | 雑記 | COM(0) | TB(0) |
2014.01.29

HEGELのD/Aコンバーター HD10を導入

北欧ノルウェーのオーディオメーカーHEGELのD/Aコンバーター、
HD10(中古品)を手に入れました。
hd10_003.jpg
代理店を通した日本国内メーカー希望価格は16万円ですが、海外では定価1200ドルくらいで取り扱われていたようです。
当機は現行ラインナップであるHD11の前機種に当たる古い生産終了製品ということもあり、
中古価格もこなれてきて、僕の手に届くようになりました。


国内でレビュー検索をすると
オーディオ屋さんのオススメ本命機種の当て馬にされている印象の記事が何件か見つかったり、
イマイチ注目されていない謎のメーカーという感じ。

本体の作りはしっかりしており頑丈そうですが、非常に無難かつ地味なデザインで、
特に言う事はありません。
hd10_001.jpg
それまで僕は
非常に音場が広くアナログ的な音が気に入っていたPS AudioのDigital LinkⅢをメインのDACとして愛用していたのですが、
狭い僕の部屋のPCオーディオ環境で使用するには奥行きが広すぎて置きづらかったので、
一回り小さな当機HD10と入れ替える形での導入。
(DLⅢは奥行き36cm、HD10は奥行き26cm)

当機HD10を購入するきっかけとなったのは
同じくHEGELのバスパワー専用USB-DACであるHD2…のクローンと思われる
上海問屋DN-84766の音がとても気に入ったためで、
これなら間違いないという確信がありました。

HEGELの製品は現地で組み立てられているらしく、ノルウェー製。
hd10_004.jpg
デジタル入力は光同軸1、光同軸2、光デジタル、USB、4種いずれかを前面パネルのボタンで切り替えて選択する仕様で、
基本的には光同軸が推奨されています。
アナログ出力はRCA、XLRの二種類で、同時出力可能。

裏面のゴム足はちょっと珍しい三点支持。
一次電圧切替のスライドスイッチもついてます。
hd10_005.jpg
中身ご開帳。
hd10_007.jpg
hd10_009.jpg
hd10_010.jpg
hd10_011.jpg
電源部はノイズフィルター付きインレット、トロイダルトランス、大容量のコンデンサなどが採用されており
真面目に作られている印象。

hd10_012.jpg
hd10_013.jpg
hd10_014.jpg
hd10_015.jpg
hd10_016.jpg
hd10_017.jpg
hd10_018.jpg


HD10の機能面について

背面に電源スイッチがあり、
フロントパネル中央の押しボタンで4種のデジタル入力「1:デジタル同軸1」「2:デジタル同軸2」「3:光デジタル」「4:USB」を切り替える事ができるというだけで、非常にシンプルです。

不満点は以下3つ。
1:電源スイッチが背面にあり操作しづらい(タップ側に手元スイッチを追加して電源管理してます)

2:電源を入れ直すとデジタル入力が「1:デジタル同軸1」に戻ってしまうので、
他の端子を接続しているときはいちいちボタンを押して再選択しなければいけない(1:デジタル同軸1を接続して問題回避しています)
※1と2合わせて、電源入れっぱなしの運用を想定しているのだと思います。

3:フロントパネルのLEDの光が結構明るく、もう少し暗くしてほしい(電気真っ暗にすると気になります)


HD10の音について

現在の接続方法は、スピーカーで聴くときは
「PC→Ral-2496UT1→HD10→AMB M3→ミニワッター→TS3」
ヘッドホンで聴くときは
「PC→Ral-2496UT1→HD10→AMB M3→ヘッドホン」
「PC→Ral-2496UT1→HD10→Graham Slee SOLO ULDE→ヘッドホン」
といった感じ。


HD10の第一印象は、いわゆる聴き疲れのないウォームサウンドというイメージで
湿度を感じるような柔らかさ、聴感的な心地よさが感じられます。

分解能はほどほどで、全体感を重視した音傾向といった印象。

やわらかめの低音を軸とした少しピラミッド寄りの音バランスで、
鮮やかというより「地味」と言わざるを得ませんが、
聴き疲れしない程度のさじ加減で押し出しの強さ、芯の強さがあり、
音場が広く、深い奥行き表現があり飽きさせません。

音楽ジャンルを選ばず何でも楽しく聴けると思いますが、
元気の良いロックやテクノなどと意外と親和性が高い…といった印象もあります。



それまで僕が愛用していたPS AUDIOのDLⅢと比較すると以下のような印象を受けました。

■音のバランス
DLⅢがちょっと高音寄りのかまぼこ…といった印象に対してHD10はやや低音より。

■音の質感
DLⅢが柔らかく広がるのに対し、HD10は芯が入った押出しの強さを感じます。
分解能はどちらもほどほどで、針を通すような高精度を重視したタイプではありません。

■音場表現
DLⅢは圧倒的な左右の広さを誇りますが、HD10と聴き比べると定位感が少し犠牲になっている印象もあります。
HD10は広さはDLⅢに劣りますが、奥行きを感じます。

双方の共通事項として、
・アナログ部で積極的な味付けをしている
・ウォームでソフトフォーカス寄りの音
・分解能よりも音場感重視

といった印象があり、
上記のような音傾向が好みであれば、どちらを買っても後悔しないと思います。



最後に、
気に入って使っていたDLⅢからの乗り換えということで若干の不安はありましたが、
HD10は想像以上に僕好みで、丁寧なプロの仕事というものを改めて実感させられました。
機能面で全く不満がないわけではありませんが、良い製品に出会えて嬉しいです。


■おまけ:PS AUDIO DLⅢの中身
digitallink3_004.jpg


Posted at 01:21 | DAC・DDC | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。