--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.05.29

【Sound Potion Monolith】二台目製作

前回、製作失敗したと思って半ばあきらめていたポータブルアンプ、Monolithの一台目が無事に完成してしまったのですが、
基板と部品がまるまる揃っているので、趣味と実益を兼ねて二台目の製作を行いました。



Monolith_018.jpg

Monolith_019.jpg

一台目との違いは、以下二点です。

・デカップリングの低ESR電解コンデンサをケミコンKZEから、パナソニックFMにしてみた
・前面パネル側のLEDを青色から赤色に変更してみた


Monolith_020.jpg

Monolith_022.jpg

作業自体は無事に終わり、
オフセットが1mv以内に収まっていることを確認できたので
早々に視聴してみたのですが、
またもや不安定なノイズに悩まされてしまいました。

ボリュームを操作してもノイズの量が変化しない点、アンプを揺すってみると微妙にノイズの量が変化することから、アースが悪さをしているようです。

作業を再確認したら、ボリューム前面下部にある小さな出っ張りを削り忘れていた事がわかりました。
ケースに収めた時にボリュームとパネルが導通し、アースループ(?)のような不具合が発生していたようです。

完成を急ぐとつい何かを忘れてしまいがちなので、ゆっくりじっくり確実に作るべきですね…。

というわけで、Sound Potionのポータブルアンプ、Monolith二台目が無事に完成!
Monolith_023.jpg
Monolith_025.jpg

結果的に(ほぼ)同じものが二台出来てしまったので、片方を処分する方向で考えてみます。
Monolith_026.jpg

スポンサーサイト

Posted at 01:57 | DIY関連 | COM(0) | TB(0) |
2013.05.22

AMB Labs σ11の出力増強と、Sound Potion Monolithの修理

前回、σ25電源ユニットの製作がうまく行ったことに気を良くして、
かねてから「いつかやろう」と思ったまま放置していた、
AMB LABSのM3ヘッドホンアンプと組み合わせている電源ユニット、
σ11の出力増強を行いました。
amb_sigma11_016.jpg

■σ11の製作レポートはこちら
【AMB Labs sigma11 single-rail regulated power supply】製作レポート


内容は単純で、出力電圧を決定している抵抗を一本交換するだけです。

しかし、基板を取り出すためにネジやら何やらを外すのが面倒だし、
製作に使用したオヤイデの鉛フリー半田「SS-47」は、
スルーホールに浸透してしまったが最後、再び溶かすのが至難の技。
最悪、σ11が再起不能となる危険もあったので、
リスクを感じてずっと手付かずでした。

案の定、半田の吸い取りは困難を極め、
抵抗一本相手に一時間の格闘。

なんとか…無事に交換できてよかった…
(もう二度と鉛フリー半田は使わない事を心に誓いました)

この改修により、出力電圧が24vから27vにパワーアップ!amb_sigma11_029.jpg
24vのACアダプタの代わりとして使えるよう、汎用性を残したい狙いもありましたが、
このσ11はあくまでM3ヘッドホンアンプ専用ということで、割り切って性能を追求することにしました。
(欲しくなったらまた作ればいいし!)

M3ヘッドホンアンプは比較的単純な回路だからか、
環境を上げていく事による音質向上が顕著で、いじり甲斐があります。
他のヘッドホンアンプでは聴けない、重厚で濃密な音がたまらない!


次に、
製作に失敗してしまったポータブルアンプ、Sound Potion Monolithを再製作すべく
注文した基板が入金反映後10日を過ぎても届かなかったため、
問い合わせの連絡を入れるとともに、
駄目元で、故障中の基板のフィルムコンデンサを交換してみました。
Monolith_005.jpg

交換したら、あっさりと正常動作してしまいました。
オフセットは両ch共に1mv以内、ノイズも皆無、音出しも問題なし。
Monolith_006.jpg
やっぱりSMDのサイズが合っていなかったのが原因だったね…。
嬉しいけどちょっと複雑なこの心境。

Monolith_008.jpg
Monolith_009.jpg

というわけで、Sound Potionのポータブルアンプ、Monolith完成!
Monolith_010.jpg
Monolith_011.jpg
Monolith_012.jpg

サイズ比較(参考)左からMonolith、Mini3、CmoyBB、PortacordaⅢ USB、Voyager。
Monolith_015.jpg

iPod nanoやウォークマンに合わせたサイズとのこと。
僕の手持ちのアンプの中でも最小クラス。
Monolith_013.jpg

組み合わせて納得、素晴らしい親和性。
Monolith_016.jpg
愛用してて良かったiPod nano。

一度ケーシングしてしまえば、
ACアダプタを接続するだけで充電が出来る、このありがたさ。
Monolith_014.jpg
同じく充電可能なポータブルアンプ、
MINI3やcMoyBB V2.03Rはいつまでも充電ランプが消えませんが、
このMonolithには充電の制御基板が入っていて、
充電完了すると自動的に緑のランプが消える安全設計です。(しかも充電速度が早い)


まだ数時間ほどしか聴けていないのですが、
近いうちにファーストインプレ書いてみます。

※注文していた基板は、この製作の翌日に到着しました。
(ありがとうございます)


※5/27追記
赤枠部のコンデンサが逆接続になってました。
Monolith_005_2.jpg
コンデンサの極性は絶対に間違えない自信があっただけにショック!
(後日交換しています)


Posted at 00:31 | DIY関連 | COM(0) | TB(0) |
2013.05.19

【Amb Labs σ25 Regulated Power Supply 】製作レポート(二台目)

AMB LABSのDIY-DAC、γ2と合わせるσ25電源ユニットを製作しました。
σ25の基板を使った電源ユニットの製作は二台目になります。

■前回の製作はこちら
【AMB LABS σ(SIGMA)25 Regulated Power Supply 】製作レポート


前回の一台目は、AC出力のアダプタを使用したローコストの電源ユニットでしたが、
今回は妥協せず、トロイダルトランスを使った電源ユニットとします。

ケースは先週末に加工済み。

毎度定番のタカチHEN型放熱ケース、HEN110312Bを使用しています。

γ2 DAC用のσ25電源ユニットを作成するにあたり、
2.8VA以上の出力を持ったトランスが必要なので、
9VAC出力、1.6VA+1.6VAのトロイダルトランスを買いました。

最小クラスのコンパクトサイズ。
可愛いけど、ズッシリ重みがあります。
amb_sigma25_024.jpg
一般的な48mm×72mmのユニバーサル基板にぴったり収まります。

裏面。
先日覚えたばかりの並列接続。
amb_sigma25_025.jpg
これで9V1.6VA+9V1.6VA=9V3.2VAのトロイダルトランスとして使用することができます。
(直列に接続する場合は18V 1.6VAとなります)


σ25本体の基板を実装し、
amb_sigma25_026.jpg

内部配線と接続端子類の半田付け。
amb_sigma25_027.jpg
配線引き回しもうまくいって満足。

σ25電源ユニット(2台目)完成!
amb_sigma25_031.jpg

中央のメガネ電源端子から給電し、左のDC端子から、安定した5Vの直流電源をγ2 DACに送り届ける仕組みです。
amb_sigma25_032.jpg
使用中はほのかにケースが温かくなる程度に熱が出ます。

左が僕が組み立てたσ25、右はエルサウンドのアナログ電源ユニットです。
コンパクトに作れてうれしい。
amb_sigma25_037.jpg


それでは改めて内部紹介。

σ25に使用したコンデンサは全て日本製。
ルビコンZLH、三洋OS-CONのSEPC、TDKのC0Gグレード積層セラミック。
amb_sigma25_028.jpg

部品屋さんの閉店間際に大急ぎで手にとったヒューズケースが、通常より大きい標準タイプだったので若干肝を冷やしましたが、
実装基板に対してケースサイズにゆとりがあったので、綺麗に収まって良かった。
(ヒューズは家電屋さんで買い足しました)
amb_sigma25_029.jpg
amb_sigma25_030.jpg

接続用のDCケーブルを作って…
amb_sigma25_033.jpg

γ2DAC+σ25電源ユニットのセパレートDACが完成!
amb_sigma25_034.jpg
ケースサイズは、幅はどちらも同じくらい、σ25電源ユニットのほうが若干長めです。
amb_sigma25_035.jpg

今回も想定どおりに作れたので、ニヤニヤしてしまいます。
amb_sigma25_036.jpg

大した部品も使っていない簡易的な電源ユニットですが、
部品代総額は8千円ほどとなりました。(トランスとケースだけで五千円弱)

安いケースを使えば6千円くらいで作れると思います。

トロイダルトランスを使用した電源ユニットはどうしても大型化してしまうイメージがありましたが、
今回のように小出力のものならば、こんなに小型化できるんだ!と目から鱗が落ちる思いです。

小型のトロイダルトランスを使って、また何か作りたいなー。

Posted at 23:49 | DIY関連 | COM(0) | TB(0) |
2013.05.15

ポータブルアンプ製作失敗と、アダプタ・イヤホン購入など

ゴールデンウィークの連休中に、
表題のポータブルアンプ「Sound Potion Monolith」の製作を行いましたが、失敗してしまいました。
(もしかして:ポータブルアンプ壊しすぎ…!?)

音は正常に出るのですが、片chから30mvほどのDCオフセットが…
Monolith_004.jpg

原因は、この「0.1μF 16v」のチップコンデンサの種類を間違えて買ってしまったためです。
サイズが合っていないことに気付かず強引に半田付けを行った結果、
下記写真のあたりで短絡が発生してしまったようです。
Monolith_003.jpg
この後、余っていた0.1μFの積層セラミックコンデンサなどに付け替えてみたのですが、
オフセットは解消されたものの、
最終的に片chからノイズが出てしまうようになってしまい、こりゃどうにもならん…。

しばらく落ち込んでいたのですが、気持ちを入れ替えて再製作にチャレンジすることにし、
基板を再注文して発送待ちの状態です。
(入金処理されてから一週間経っても発送されないのでソワソワ)

非常に痛い再製作の追加出費ですが、
手持ちの予備部品とケースと電池はそのまま流用できるので、5~6千円程度の追加予算でなんとかやれそうです。
今度は部品の間違いもないし、次こそ成功させるぞ!


上記の製作失敗による心の隙間を埋めるべく、衝動買いしたものを紹介します。


下記は、「タムラ製作所」の日本製リニアトランスACアダプタです。
PSEマークも付いてます。
オークションで500円で売られていました。
amb_sigma25_020.jpg
現在もオークションで同じ価格で売られていることから、一定の在庫があるようです。

ただし仕様はかなり尖っていて、
センターマイナスの9V 400mA、非安定化のAC-DCアダプタです。
amb_sigma25_021.jpg
一般的なオーディオ機器に使われるACアダプタはセンタープラス品のはずですから、
他のアダプタとの差し替えは特殊な例を除き不可能なはずです。

僕の環境では、以前製作したAMB Labsの電源基板「SIGMA25」が
極性の区別なく交流も直流も受け入れる仕様となっているので、この5V出力用の電源ユニットに使用するACアダプタとして差し替えることができます。
amb_sigma25_022.jpg


次に、新しいイヤホンを買いました。
westone1_001.jpg

Westone1(中古品)です。
イヤーピースはSHUREの純正品と互換性があるため、手持ちの新品と交換しています。
westone1_002.jpg
このWestone1、
一般的なシングルBAイヤホンにありがちな「高解像度でシャープな音質」とは全然違う、
中低音主体のウォームな音調です。

一聴するとこもっているけれど、BA型イヤホンらしい解像度の高さは健在。
刺激を出さずにリラックスして聴ける、リスニングのために調整された音質で、
今の僕の好みに一致しています。

しなやかで質の良いケーブル、SHURE掛け装着によるタッチノイズの少なさ、高い遮音性…など、
良いイヤホンとしての条件を満たしており、よく考えて作られているなあ、と関心します。
(ただし定期的にケーブルのクリーニングをしないと、皮膜が劣化しそう)


そして、次回工作予定について。

元々予定していた、ぺるけさん設計のトランジスタ式ミニワッターを保留とし、
γ2 DACの電源ユニット、SIGMA25を作りなおすことにしました。

「Sound Potion Monolith」の部品と共にトロイダルトランスや実装部品をDIGI-KEYで注文し、
基板は元々予備でストックしてあったものを使用し、
その他部品を秋葉原で買ってきて、ケース加工を済ませた所です。
amb_sigma25_023.jpg
(ケース加工は相変わらず面倒…)

トロイダルトランスの「パラレル」「シリーズ」の仕組みと結線方法について理解が深まったので、
この知識を実践で生かしてみよう!と思った次第。
電子工作って面白いなあ!

製作レポートは次回更新にて。

Posted at 02:00 | DIY関連 | COM(0) | TB(0) |
2013.05.07

安全に使用できるサブウーファー用ケーブルと、iPod用Dockケーブルを作成

4月21日に投稿した記事では、
AMB LabsのDAC、γ2のステレオミニ端子のDAC-OUTからサブウーファーのSW-5Aのサブウーファー端子に接続するために
「ステレオミニプラグ→モノラルRCA」という仕様の変換ケーブルを作成したことを紹介しました。
130407_004.jpg

この後、この記事を見た電子回路に詳しいフォロワーさんから
「この変換方法では、最悪の場合、接続機器損傷のリスクがある」という内容のご指摘をいただきました。
や、やべえ…

(いつもありがとうございます…!)


このケーブルを作成した時、
僕は、ステレオ→モノラルの変換を行うにあたり、
どこかのブログの記事を参考に、
下記のように、Rの線とLの線をよじることで、モノラル化を行いました。


しかし、この変換方法では、通常の使用では問題ないものの、
極端なケースが重なると、最悪、音声信号の出力が逆流し、接続機器を損傷してしまうリスクがあるとの事。
130501_000.jpg
僕が行った危険な変換例を図に起こすと、下記のようになります。
130501_005.jpg


安全に変換を行うためには、出力の逆流を防ぐために、
RとL、それぞれに600Ω~1.2kΩの抵抗を直列で挟むといいそうです。
図に起こすと下記のようになります。
130501_006.jpg

このアドバイスを受け、変換ケーブルを作り直すことにしました。

ステレオミニプラグのL、Rの信号部それぞれに1.2kΩの抵抗を挟み、
130501_001.jpg

この二つの抵抗を1芯シールド線の芯線に半田付け。
抵抗を挟むスペースが無さすぎて、余裕のない感じに。
130501_002.jpg
線材はLava mini Soarを使用しました。
このケーブルは元々はギター向けの楽器用ケーブルだそうですが、
芯線が単線で出来ているのに非常にやわらかく、取り回しが優れており、お値段も安いので気に入っています。

あとは、普通にRCAプラグの半田付けをして、
130501_003.jpg

安全に使用できる「ステレオミニプラグ→モノラルRCA」変換ケーブルが完成!
130501_004.jpg
音出しも問題なく、うれしい!

いつも電子工作のアドバイスをくださるフォロワーさんには感謝しきれません。
ありがとうございます!



次に、iPod用の、ポータブルアンプに接続するためのDOCKケーブルを作成しました。


現在、僕が使用しているDOCKケーブルは
数年前にiBassoで購入した「CB07」で、特に不満なく使用してきました。
130503_000.jpg
しかし、近頃では銅線の緑化が目立ってきて、見た目がわるい…。


ちょうど、オヤイデ電気などで「DOCKケーブル作成用キット」が売られているので、
これを利用して、いっちょ気分転換に作ってみるか!と。
130503_001.jpg
線材は以前BISPAで購入した8N銅(相当)2芯シールド線、BSC-8NSCOFA-CABLEの端切れを流用し、
Pailiccsのステレオミニプラグを使用。

材料費だけ見たら微々たるもので、
DOCKケーブルに限らず、ちょっとこだわった線材を使ったケーブルはどれも異常にお高いですから、
こういう時に自作のうまみを実感できます。

DOCKユニットの半田付けは非常に難しそうなイメージがありましたが、
実際にやってみると特に危なげなく進められて、一安心…(半田盛り過ぎたかも)
130503_002.jpg

DOCKユニット側はケーブルのカシメや固定が出来ない仕様なので、
このままだと遅かれ早かれ、必ず断線します。
DOCKケーブルは接続時に強いテンションがかかるので、なおさら危険です。

そこで、他所の製作例などを参考に、グルーガンで接着剤を流し込むことにしました。
マスキングテープで保護して…
130503_003.jpg
このくらい盛っておけばいいかな。
130503_004.jpg

反対側、ステレオミニプラグ側の半田付けをすれば、
130503_005.jpg

DOCKケーブルが完成!
130503_006.jpg
Pailiccsのプラグは値段の割に見た目が良いので、気に入ってます。
130503_007.jpg

今となっては世代遅れとなりつつあるDOCKケーブルですが、
僕の環境ではまだまだ現役です。
130503_008.jpg
iriverのAK100がアナログライン出しできる仕様だったら、
文句なく乗り換え決定だったんだけどなぁ…

Posted at 02:08 | DIY関連 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。