--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.09.30

上海問屋 DN-84766を購入

8月末頃に発売された上海問屋の新作DAC、DN-84766を買いました。

dn84766_002.jpg
4000円という非常に安価な製品ですが、
24bit/94khzに対応するUSB入力端子を備え、
デジタル同軸出力(DDC)機能も備えた高性能なDAC/DDCです。


USBバスパワーで動作し、特別なドライバのインストールは不要です。
僕のPC環境(WIN7 64bit Foobar2000のWASAPI出力)では問題なく動作しています。

当機は、生産完了となったHEGELのHD2というDACに回路構成、仕様が酷似しており
所謂「クローンDAC」にあたる製品ということで、界隈では注目度が高いようです。
dn84766_003.jpg
使われている部品は
定番のUSBインターフェイスTE7022L、アップコンバート用チップAK4127、AK4118、PCM1754など、至極真っ当なもので、やはりHEGEL HD2と同じです。

コンデンサは北瑋電子という台湾メーカーのRVTというシリーズを中心に使われており、
ケースもしっかりした作りで
なぜこれほどの製品を4000円で売ることが出来るのか、よくわかりません。

仮に当機が基板単体の販売形態で、部品を別途購入して組み上げるという場合は
ケース、基板を含まない部品代だけでも4000円は超えてしまうでしょうから、
やはりかの国は別の次元であると思わざるを得ない…。
(偽物のICが使われている可能性はあります)

クローン元のHEGEL HD2は定価50000円程度との事なので、
そのような色眼鏡で見てしまうと余計にお得に見えてしまいます。


ただ、やはり完全なクローンDACかというとそういうわけでもなく、
一部のトランジスタやダイオードが省かれていたり、
フィルムコンデンサの容量が不足していることがわかるため、
「よく似てるけど、やっぱり違う製品」という認識で間違いなさそうです。

安価な中華オーディオ製品といえば改造母体!というのが定番の流れですが、
当機はほとんどチップ部品で構成されているため
僕のようなライトユーザーが気軽にいじれそうな所は、デカップリングの電解コンデンサと
カップリング用のフィルムコンデンサくらいでしょうか。
アナログ出力部手前のチップタイプコンデンサも交換すると変化を望めそう。
dn84766_004.jpg




当機を購入した9月上旬から二週間くらい使用してみました。

接続環境はPC→DN-84766→Solo UL DE→各種ヘッドホン。(HD650、K702、MDR-Z1000など)
ヘッドホンアンプのSolo UL DEは2つのライン入力端子を備えているため、
DN-84766のデジタル出力端子を利用し、AMB Lab γ2 DACからSoloに接続して聴き比べを行いました。

まず、当機に限らずUSBバスパワーで駆動するDACに共通した仕様ですが、
セルフパワーのDACと比較すると若干出力が弱く、
後段のアンプのボリュームつまみを少し多めに回す必要があります。(問題になるレベルではありませんが)


DN-84766の音の第一印象は、ややWarm寄りのアナログ的な音質で、
低価格帯にありがちなデジタルっぽさはありません。

低音が若干ゆるめで、分解能はそれなりですが
雰囲気や聴きやすさを重視した音作りがされているようで、僕好みです。

低音の頼りなさはカップリングコンデンサの容量が不足しているのが原因と思われるため、
ここに手を少し加えてやると改善が見込めそうです。

音場表現も優れており、こんな安いDACでこんな音を出されてしまったことに悲しみに近い驚きを感じましたが、
他のDACと聴き比べるうちに後段のヘッドホンアンプ、Solo UL DEによる味付けであることが比較試聴によって明らかになりました。
そういう点では、Solo UL DEはDACによる影響を受けづらく、味付けの濃いヘッドホンアンプであることがわかります。
(なので、音場表現に関してはなんとも言えず)

当機のアナログ的な音質は、クローン元のHEGEL HD2が目指した音作りであることは想像に難くなく、
中華製品の恐ろしさを久々に思い知らされた印象。


ここまで書くと価格対費用効果が異常に高い反則的な製品という印象ですが、
無音時にボリュームを上げていくとハム音のような「ピー」というノイズが聴こえてくる悪い点があります。
音楽を聴くときの可聴領域では聴こえないレベルではあるので、おそらく「このくらいなら大丈夫」と
クローン元よりも部品を減らした影響ではないかと想像します。
おそらく、測定結果も良くないんじゃないかな…。


以上、DN-84766は完全なクローンDACではありませんし、
コストダウンと中途半端なコピーによる悪影響も少なからずありそうなので
期待しすぎるのはナンセンスですが、
雑誌付録DAC並の価格で買える製品としてはちょっと信じられない性能と音を持っていることも確かで、
PCオーディオを始めてみたい!という人の初DACや、サブ環境を安く構築したいという人には
お勧めできそうな製品ではあります。
また、後々に高価格帯DACに乗り換える場合も、デジタル同軸出力用のUSB-DDCとして活用することができます。


当機はサブDACとして愛用しているAMB γ2 DACよりもずっと僕好みの音だったため、
悲しい気持ちになってしまいました。
自分で組み上げたDACだからと、自分を騙すように愛用していましたが
やはり耳は正直というか…。今まで見ないようにしていたγ2の悪い点が浮き彫りになった印象。

この比較視聴を受け、僕はγ2 DACの音質改善を試みることにしました。
次回に続く。
amb_gamma_024.jpg
スポンサーサイト

Posted at 01:59 | DAC・DDC | COM(0) | TB(0) |
2013.09.26

右カラムに機器別カテゴリーを追加しました

このような場末のブログにもそこそこ定期アクセスをいただけるようになりましたが、
半数以上がGoogleからの一見さんなので、
できるだけスムーズに目当ての記事にたどり着けるように
このたび、ユーザータグを使用した機器別ツリー表示を導入しました。
右カラムに表示しています。

大雑把な区分けですが、
メーカー別にお目当ての機器について書かれた記事を分類しています。
(不具合あればコメント等でご一報いただけると幸いです)

投稿した記事を自分で読んでニヤニヤする100%の自己満足目的で開設した当ブログですが、
自分でも「この機器の記事はどこだったっけ…」と悩む事が多くなってきたというのが真相だったり。

Posted at 01:21 | 雑記 | COM(0) | TB(0) |
2013.09.11

こんな基板が欲しかった!

「new_western_elecのブログ」管理人、
たかじんさんが設計された真空管ハイブリッドヘッドホンアンプ基板、
0dB HyCAAの頒布のお世話になりました。

こういう面白い基板、待ってました!



たかじんさんのブログはこちら

new_western_elecのブログ
http://nw-electric.way-nifty.com/blog/


たかじんさんといえば、
HPA12というフルディスクリートヘッドホンアンプ基板や、電子ボリュームの基板を頒布しており、
ファンも多く、様々なブログ等で工作例を見ることができます。


ハイブリッドの真空管ヘッドホンアンプといえばYAHAアンプが有名ですが、
この度たかじんさんが頒布を開始した「0dB HyCAA」基板は、このYAHAを参考に回路を見なおし、
音質改善を計ったもの…とのこと。

基板の頒布は現在進行形で行っているようですが、
詳しくは公式にてご確認ください。



当機は以前から気になっていたので、
このたび基板化及び頒布開始と聞き、テンションが上りました。

当機の基板化を待ち望んでいた人は沢山いたようで、
僕が定期巡回しているブログ等で入手報告がちらほら。

当機の魅力的な所は、
・サイズが小さく、実装部品も少ないため、低価格かつ省スペースで気軽なDIYが出来る
・上記の理由により、製作難易度も低め
・12vのACアダプタを使用し、安全に真空管遊びができる(オペアンプ交換も楽しめる)


などなど、僕のような素人工作フリークにはたまらない仕様となっております。

さらに、当機は追加の配線を必要とせず、基板内で全ての部品が完結するように設計されています。
ケース無しでもヘッドホンアンプとして使用できるよう配慮されており、
工作慣れしてない方でも無理なく完成できる敷居の低さが嬉しい。


早く組み立ててみたいけど、
あせらずにじっくり使用部品の選定からはじめていきます。


Posted at 00:03 | 雑記 | COM(0) | TB(0) |
2013.09.10

Ray Samuels Audio The Tomahawkを入手

Ray Samuels Audioの小型ポータブルアンプ、
The Tomahawkの中古品を購入しました。


Ray Samuels Audioは米国のガレージオーディオメーカーです。
ここで説明するまでもありませんが、
このメーカーは日本国内では「SR-71A」などのポータブルアンプが有名で、
今のポータブルアンプブームの立役者とも言える
非常に高い人気を誇っています。
中古市場の流通も活発で、今でもこのメーカーのアンプが高値で取引されているのをオークションやオーディオ店の店頭で確認することができます。

当機、The Tomahawkの特徴としては、

・イヤホン専用のポータブルアンプ
・単4電池2本で数百時間駆動できる超省エネ仕様
・非常に小さく、軽量である


という割り切った仕様が面白く、興味をそそられました。
また、当機はポータブルアンプブームのさきがけとなった銘機であるとの事。


時を経て、色々なメーカーから新しいポータブルアンプがリリースされていくうちに
相対的に評価が下がっていったそうですが、
僕にとってはこれがファーストコンタクトなので新鮮です。


サイズは僕の手持ちのポータブルアンプの中でも最小、最軽量。
RSA_Tomahawk_009.jpg

外観。
RSA_Tomahawk_002.jpg
「出来の良い工芸品」または「美術品」といった印象の美しい外観で、手に取って納得のクオリティ。
日本人好みのツボをついてます。
RSA_Tomahawk_003.jpg
左から電源スイッチ、ヘッドホンジャック、ライン入力ジャック、ボリューム、LED。
撮影が下手なのでヘアライン加工が荒々しく見えますが、
実物はもっと細かいです。

裏面。
左にゲインスイッチがあって、1倍と4倍を切り替えることができます。
RSA_Tomahawk_004.jpg
左右のナットを取り外して電池を交換する仕様です。

中身拝見。
RSA_Tomahawk_005.jpg
Ray Samuels Audioの設計思想の象徴と思われる、
15000μFの超特大容量デカップリングコンデンサが目を引きます。
RSA_Tomahawk_006.jpg
コンデンサの容量について、
僕がぺるけさん設計のFET差動ヘッドホンアンプを製作した時、
デカップリングのコンデンサ容量を増やしていくごとに低音に大きな改善を実感できたため、
当機はいかにも音が痩せそうな単4電池2本の低電圧駆動ながら
音の厚みを維持する改善効果があるのではないか…などと想像したり。

裏面。cMoyヘッドホンアンプ並のシンプルな回路でびっくり。
RSA_Tomahawk_007.jpg
こんな少ない部品で良い音が聴けるのだろうか…と若干不安になります。
RSA_Tomahawk_008.jpg

当機の使用部品については、
アルプスRK097、日開のトグルスイッチ、パナソニックのMシリーズ電解コンデンサなど、
高信頼の日本製部品が多用されており、品質に対するこだわりが感じられます。



iPod nano4thと束ねて、一週間くらい聴いてみました。
RSA_Tomahawk_010.jpg
イヤホンはIE8、ImageX10、hf5をローテーション。

一聴して、あきらかにcMoyとは比較にならないほど音が良いです。
低電圧駆動のハンデをものともしない空間表現の上手さと、全域のバランスの良さに驚き。
当然ノイズも皆無で、ギャングエラーもありません。
ローゲイン設定が1倍との事ですが、ボリューム9~10時くらいの位置で丁度良い音量になります。(僕の環境の場合)

僕の手持ちの他のポータブルアンプと比較すると
力強い音圧でガツガツ聴かせるAMB mini3のようなタイプとは正反対の、雰囲気重視でさらっと自然にまとめている優等生で、
音の分離よりも全体感を意識した音作りをしている印象。
低電圧駆動という不利な条件をネガティブに持って行かないプロの仕事というものを実感させられました。


音質傾向はわかりやすいウォーム系で、高音が少し少なめに感じますがトータルではバランス良く、
痛い音が入ってこないように巧みな調整がされている印象。

これは非常に僕好みの音傾向なのですが、
現代風の高い分解能を追求したアンプの音を好む人には合わないと思われます。

また、IEM専用と謳っているだけあって、ヘッドホンでのリスニングは厳しいでしょうし、
ER-4Sのような高インピーダンスのイヤホンも満足に鳴らせない可能性があります。

ポータブルアンプという機器の大テーマ「高インピーダンスのヘッドホンを鳴らす」という仕様を大胆に切り捨てた結果、
限定的なシチュエーションで最高のパフォーマンスを発揮する当機が生まれたというわけで、
ガレージメーカーの試みって面白いなー、と思います。


The Tomahawkと僕の手持ちのポータブルアンプで比較してみると、
JDS Labs cMoyBBとは比較にならないほど良く、AMB Mini3やSound Potion Monolithとは好みで使い分けられる感じ、
Graham Slee VoyagerやCorda Stepdanceには差を開けられてしまうけど、
軽量小型で取り回しに優れ、電池交換もほぼ不要という点から
ある程度限定的ですが「気軽に持ち歩けてメンテナンスも皆無で、音が良い」という、ポータブルアンプの要求仕様を満たした優秀な製品だと感じます。


当機は間違いなく良いアンプなのですが、
Ray Samuels Audioの製品は一貫して価格設定が高めに感じるため、
コストパフォーマンスという点でひっかかるかもしれません。

The Tomahawkを新品で購入する場合の価格は295ドルで、
さらにここから送料が追加されるので3万円を超える価格となります。
(僕は国内で中古品を購入しましたが)
ポータブルアンプをはじめとした小型アンプの常として、
大きいアンプと比較し設計にゆとりがないため音質的に不利になりがちという事実があり、
The Tomahawkが3万円に見合った音質かというと、ちょっと考えてしまう所です。

しかし、ポータブルアンプの世界では大は小を兼ねませんから、小型化と音質の兼ね合いに納得できるならば、他に代替となるアンプがそうそう無いというのも事実。

ちなみに、ポータブルオーディオユーザーの界隈では、
もう少しお金を出してSR-71Aを注文する人が非常に多いようですが。



2013年の今となってはDAPも大きく進化しており、わざわざポータブルアンプを持ち歩かなくても十分な高音質を得られる良いDAPが多くリリースされているので、
上記のようなアナログのポータブルアンプはさらにニッチな立場になりつつあるようです。

当記事「The Tomahawk」がリリースされた当時の2006年は
僕が初めて買ったiPodの音があまり良くなかった事を覚えていますので、
The Tomahawkを介したDAPの音質改善効果はさぞ衝撃的だったのだろう…と想像つきます。

僕はヘッドホンアンプが大好きなので、
なんとか小型のポータブルアンプと小型のDAPを二段重ねで持ち歩ける環境を構築したいと思っています。
現状の代替となるDAPを選べずにiPod nano4thを愛用してきましたが、
近年ようやく気になるDAPがリリースされてきたため、
そろそろ乗り換えてみたいなー…と思う昨今。

現状、僕が気になっているのは「FIIO X3」「iBasso DX50」で、
世間の評価が固まってきた頃に判断したいと思います。
iriverのAK100がラインアウト出し対応してくれたらベストなんですけども。(mod抜きで)

2013.09.03

【AMB Lab M3 Headphone Amplifier】2台目を製作

暇を持て余した夏期休暇の工作にと、
AMB LabのDIYヘッドホンアンプ、M3を製作しました。
amb_m3_2_017.jpg
当機の製作は二台目になります。
---------------------------------------------------
【1台目の製作レポートはこちら】
【AMB Labs M3 DIY Headphone Amplifier】製作レポート
【AMB Labs M3 DIY Headphone Amplifier】改修レポート
---------------------------------------------------

2台目の製作動機は、ズバリ「プリアンプ機能の追加」。
OPA627を載せた当機の音は掛け値なしに素晴らしく、
この息の飲むような濃厚な音がスピーカーで聴けたらどんなに良いか…と常々思っていました。

また、当機にはバスブースト機能があるので、
うまく使えばサブウーファーも不要…と思う。

今回は、ヘッドホンアンプのM3基板に加えて、
より安全に愛用できるように、
ヘッドホンアンプの遅延リレーとオフセット除去機能が備わっているε12基板を一緒に注文しました。
amb_m3_2_001.jpg

製作にあたり、強力な電動ドリルと精密圧着ペンチを購入し、
より良い出来を目指します。
130728_001.jpg

1日目、電動ドリルでケースに穴を開けました。
amb_m3_2_002.jpg
電動ドリルは想像以上に出力が強い暴れ馬で、僕のようなちょっとした電子工作に使うには
ちょっとオーバースペックすぎた…
丁寧に作るには「ドリルスタンド」が必要そう。

2日目、ミューティングディレイ回路のε12基板のパーツと、
amb_m3_2_003.jpg
M3ヘッドホンアンプの基板に部品を実装しました。
amb_m3_2_004.jpg

3日目、内部配線とケーシングを行い、
無事に完成!
amb_m3_2_005.jpg

前面。
左からLED、ヘッドホンジャック、バスブーストつまみ、音量ボリュームつまみ。
amb_m3_2_016.jpg
ヘッドホンジャックは、ノイトリックのXLR/TRSコンボジャック(スイッチ機能付き)を採用して
見た目の良さも意識してみました。
LEDはぺるけさんも愛用している、スタンレーのつや消しタイプ…の5mmサイズを見つけたので
これを採用してみました。これは良いものだ。
(型番を調べたところ、5385Xというシリーズのようです。)

背面。
左奥がRCA入力、中がプリアウト、右がDC電源入力ジャック。
amb_m3_2_018.jpg
余計なスイッチ類は排除し、
当機と組み合わせるσ11電源ユニットのほうでスイッチを管理することにしました。
amb_m3_2_021.jpg
電源投入後、10秒経つと遅延リレー回路のε12が動作し、音が聴こえるようになる仕組みです。

また、ε12にはオフセットのプロテクト機能があります。
本来、M3ヘッドホンアンプは純粋なDCアンプなので、オフセットが出ているDACと組み合わせる事が出来なかったのですが、
今回の2台目は接続機器を選ばずに使用することができます。


底面。
こちらも穴を開けて、放熱効果アップを狙っています。
amb_m3_2_020.jpg
(狭い我が家の設置環境の都合上、一箇所ゴム足をずらして貼り付けています)

実装基板に使用した部品は1台目と大きく変わりはなく、
抵抗のDALE RN55をタクマンREYに変更、
フィルムコンデンサのWIMA MKS2をKEMET MMKに変更、
電源デカップリングのコンデンサをPANASONIC FCからFMに変更した程度です。
amb_m3_2_008.jpg
前回同様、ゲイン設定は5倍にしました。
またオペアンプはOPA627一本で行くと決めたので、このオペアンプを使用した時に最大のパフォーマンスが発揮できる調整をしています。(積層セラミックの容量変更)

さらに、今回はプリアンプとしての機能を意識し、
バスブースト設定に関わるフィルムコンデンサの容量を調整し、前回よりもやや強めのブーストがかかるように設定しています。
amb_m3_2_009.jpg
amb_m3_2_015.jpg
amb_m3_2_014.jpg
内部配線は扱いやすい普通の耐熱電子ワイヤーAWG24を中心に、
電源部のみ、DC接続ケーブルの線材と合わせてオヤイデのUL1430(PCOCC-A)を使い、
撚ってから熱収縮チューブでまとめています。
圧着工具を使ったコネクタ接続配線は初めてでしたが、
気軽に基板だけを取り出すことが可能となり、メンテナンス性が格段に上がって安心感があります。
もっと早く買っておけば良かった…。


失敗した点といえば、
前面のノイトリックのコンボジャックとLEDの接続コネクタが干渉してしまい、
コネクタが押しやられる形になってしまいました。
amb_m3_2_011.jpg
かなり強引ですが、なんとか収まっています。
LEDはM3基板の隣にラグ板を立てて設置しています。



背面。左から電源入力のDCジャック、プリアウト、ε12ミューティングディレイ基板、RCA入力ジャック。
こちらもギリギリでしたが、なんとかε12基板が収まりました。
amb_m3_2_012.jpg
ぺるけさん設計のFET差動ヘッドホンアンプの仕様を参考に、
ヘッドホンプラグを挿していないときはプリアウトから音声信号が出力され、
ヘッドホンプラグを挿すとプリアウト側はミュートされる仕組みになっています。
この時、プリアウトの信号は背面中央に伸びているアースラインに半田付けされた330Ωの抵抗で接地され、
不要なノイズが出ないように処理してあります。



しかし製作翌日、
さっそく音が出なくなってしまうという事態が。


電圧を測定してみると、電源回路の途中で異常が発生しているような…。

電子回路に詳しい方のアドバイスをもらった所、
下記のトランジスタ部品の半田付け不良、または部品不具合が疑われる事がわかりました。
(いつもありがとうございます…!)
amb_m3_2_022.jpg
内部配線を全てコネクタ接続としていたため、非常に修理もしやすく、これぞ不幸中の幸い。

該当箇所の部品を注文し、翌週に交換してからは元気に音楽を聴かせてくれています。

当機は1台目と変わらずウォームで重厚、上品な音印象で、とても僕好みです。
プリアンプとしても満足のいく仕様と音で、作って良かったなあ…としみじみ思います。

自分で組み立てたアンプから音が出た時のうれしさは何度体験しても格別なもので、また何か作りたい気持ちになります。(スパイラル)

Posted at 01:05 | DIY関連 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。