--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.10.21

真空管ハイブリッドヘッドホンアンプ 0dB HyCAAを製作しました

HyCAA_013.jpg
「new_western_elecのブログ」管理人、
たかじんさんが設計された真空管ハイブリッドヘッドホンアンプ基板、
0dB HyCAAを組み上げました。

--------------------------------------------------------------------------------
たかじんさんのブログはこちら

new_western_elecのブログ
http://nw-electric.way-nifty.com/blog/

--------------------------------------------------------------------------------

以下、製作レポートになります。


製作の悩み所は「どんなケースに入れるか」でした。
頃合いを見てHammondのケースを個人輸入しようと思っていた所、
たかじんさんが0dB HyCAA専用のアクリルパネルの頒布を開始したと聞き、
予定変更して、ご厚意に甘える事にしました。
HyCAA_002.jpg
これなら、実装基板をアクリルパネルで挟み込むだけで完成です。


まずは基板に部品を半田付け。
部品数少なめで、短時間で完成するお手軽さ。
HyCAA_004.jpg



使用した部品はほぼマニュアルに沿っています。
が、ちょっといたずらして、自分なりの個性を追加しました。

前面。
HyCAA_005.jpg
ボリュームはアルプスのRK097。
電解コンデンサはマニュアル推奨のパナソニックFKと東信のUTSJ。
フィルムコンデンサはArcotronics/KEMETのR82の1μFを選択。

オペアンプもマニュアル推奨通り、
電流増幅用にNJM5532DD、電圧増幅用にOPA2604APを選択。

抵抗類は、タクマンのオーディオ用カーボン抵抗、REXで統一。
(たらこ色の抵抗に若干の違和感…)


背面。
HyCAA_006.jpg
余らせていた、SwitchCraft製のDCジャックが役立つ時が来て嬉しい。

裏面。
HyCAA_007.jpg
手持ちの不良在庫部品をあさってイタズラしてみました。
コンデンサ裏側に、並列に追加のコンデンサを半田付けしています。
デカップリングにはケミコンの低ESR電解コンデンサ、KZHの16V100μFを、
出力カップリングにはパナソニックのフィルムコンデンサECQV(0.1μF)、
入力カップリングには XICONのスチロールコンデンサ(1000pF)を入れています。


実装基板とアクリル板を組み合わせて、あっという間に完成!
HyCAA_008.jpg
ボリュームツマミはKILOのML-50-1-6MM。
真空管は秋葉原キョードーで買ったTRONALの12AU7。購入価格1200円。
せっかくの真空管なので、ヒーター赤熱の光を殺さない程度に
輝度低めのオレンジ色LEDを入れました。

HyCAA_009.jpg
HyCAA_010.jpg
手回しネジを土台の足に見立て、ゴム足を貼り付けています。
HyCAA_011.jpg


お手軽なヘッドホンアンプなので、
音楽鑑賞もこのくらいの気軽さで。
HyCAA_012.jpg
iPodのラインアウトから0dB HyCAAに接続し、
ゼンハイザーの開放型ポータブルヘッドホン、HD238で音楽を聴いてみました。

真空管アンプというとノイズが多そうなイメージがありますが、
当機は非常に静かで、ボリュームを最後まで回しても可聴領域に入ってくるノイズがありません。
イヤホンで聴いてもノイズが聴こえないので、驚きです。

増幅率は1倍ということなので、一般的なヘッドホンアンプと比較すると音量が取りづらく、
高能率のイヤホンなどでもボリューム位置10時くらいの位置で聴くことになると思います。

ゲインの低さに加え、接続するヘッドホンのインピーダンスも低めのものを想定しているらしく、
据え置き向けの高インピーダンスのヘッドホンを駆動するには向いてないと思われます。(未検証)

電源投入時、遮断時に若干のポップノイズがありますが、圧力のない「プチ」という程度の小さな音なので
それほど気にならない感じ。

真空管はヒーターが赤熱する事で正常に動作するため、発熱があります。
3月に組み上げたぺるけさん設計の真空管パワーアンプ、6N6Pシングル・ミニワッターの真空管は触れないほど熱くなりますが、
0dB HyCAAの真空管は少し熱いけど、ずっと触っていられる程度のぬるさで、それほど神経質になる必要はなさそう。

電源は12vのDC電源が必要です。
僕はマニュアル通りに12V1AのACアダプタを使っていますが、
トランスを使った電源ユニットで動作させると音質の変化を見込めるそうです。

また、アクリルパネルを挟んだビジュアルは
アルミケースを使用したアンプよりもおしゃれで可愛いのですが、
自重が非常に軽く、ちょっと引っ張っただけで動いてしまうという難点があります。


0dB HyCAAの音質はわかりやすくWarmな暖色系。
非常に耳触りが良い、湿度を感じるようななめらかな音で、
僕が昔から想像していた「いかにも真空管アンプの音」といった感じ。
一言で「これは良いアンプだ!」という正直な感想。
(なお、出力抵抗値の変更で、ある程度の音質傾向を調整できるようです)

僕の他の手持ちの据え置きヘッドホンアンプと比較すると、
音場表現と分解能に不利な印象こそあるものの、
性能追求はハイエンドな方々にお任せするとして、
この小ささと手軽さでこんな本格的な音が出てくるとは正直想像しておらず、良い意味で期待を裏切られました。

これに似たYAHAアンプの派生品である中華系ハイブリッドヘッドホンアンプが沢山売られていますが、
ノイズが多いという感想をよく見かけますので
見た目は似てるけど、完成度の差はとても大きいと思われます。
(YAHAアンプの音は聴いたことがないのですが)


当機0dB HyCAAの売りは12Vという比較的安全な低電圧駆動ながら、
真空管の適度な2次歪みの付加が得られるという点にありますが
この真空管が耳に心地よい独特の雰囲気を与えているようです。

まさに「作って楽しい、聴いて嬉しい、見て美しい」ヘッドホンアンプです。

ちょっと聴きこんでみたら、他のオペアンプなどに変更してみたいと思います。



当機は部品さえ揃っていれば
僕のような回路知識がない素人でも数時間で組み上げられるお手軽さで、
半田付けの難易度も低いです。

基板とあわせて頒布されている専用のアクリルパネルを使えばケース加工の必要もなく、
7~8千円程度の予算で組み上げることができます。(真空管の価格によって変動)


真空管アンプといえば「高価で大袈裟、扱いが難しそう」といったイメージがありますが、
真空管ハイブリッドヘッドホンアンプである当機0dB HyCAAは
非常に小型かつカジュアルで、
デスクトップの小さなスペースにちょこんと置いておける気軽さが嬉しく、
見た目からは想像できない本格的な良い音を聴かせてくれます。

オペアンプと真空管をローリングして遊ぶ事もできるので、拡張性も十分。
(ただし、オペアンプ変更には最低限の知識が必要です。)

ヘッドホンアンプを作ってみたい!という方や
電子工作にチャレンジしてみたい!という方のFirst DIYにもお勧め出来そうです。

HyCAA_014.jpg
このような楽しいDIY企画を用意してくだった
たかじんさんに改めてお礼申し上げます。

ありがとうございました!
スポンサーサイト

Posted at 02:20 | DIY関連 | COM(2) | TB(0) |
2013.10.09

AMB Lab γ2 &σ25のコンデンサ増量

今年の1月に組み上げたAMB LABのアップサンプリングDAC、γ2 DACと、6月頃に再製作したσ25電源ユニットです。
130728_007.jpg
当機はコンパクトでクールなビジュアルを持ち、多機能で優れた性能を持つDACです。
自分で組み上げたという愛着も含め、総合的にはお気に入りの機器ではあるのですが、
肝心なDACとしての音質は、正直な所、僕の好みに合うものではありませんでした。

当機γ2 DACの音は「無機質で音楽性に欠ける」といったネガティブな内容の海外レビューを見つけましたが、
実際、当機を愛用している僕も同じような印象を受けています。

クールな音傾向で解像度は高く感じられるものの、反面、艶というか生々しさが欠けており、
さらには低音がかなり頼りない…という、僕の好みからはかけ離れた音。
若干のデジタルっぽさも残っており、全体的にイマイチと言わざるを得ません。

低音の不足は5Vという低電圧駆動が原因だと思っていたので諦めていたのですが、
先日AMB LAB公式にてγ1&γ2 DACのパーツリストを読み返していたら、
アナログ終段のカップリングコンデンサの容量に関する追加オプションがあり、以下のように書かれていました。

-----------------------------------------
■このDACから直接ヘッドホンを直接鳴らしたい場合は、低音のロールオフを防ぐために22μFのカップリングコンデンサの容量を470μFに増量してください(要約)
-----------------------------------------
どうやら、元々低音が頼りなく感じるのはこのDACの仕様であり、カップリングコンデンサの容量を増やすことで調整が可能らしい。

このまま気に入らないまま使うよりは、やれることをやってみよう!ということで、
当機に手を加える事にしました。


まずはγ1&γ2のカップリングコンデンサである
ELNAのオーディオ用コンデンサ、シルミックⅡ(容量22μF)を、
ニチコンのKW(容量470μF)に交換しました。
amb_gamma_024.jpg
amb_gamma_027.jpg
…平日の夜のぼーっとした頭で作業を行った結果、
アナログ部終段のカップリングコンデンサだけを交換するつもりが、間違ってγ2基板のDACチップ近辺のデカップリングコンデンサも交換してしまった…。
amb_gamma_028.jpg
何度も半田付けをやり直してるとパターンが剥がれてくる危険性があったので、
このままで行きます。
amb_gamma_029.jpg
まあ…デカップリングとカップリングのコンデンサ容量増量により、低域に大きな改善が見込めるというのは
ぺるけさん設計のFET差動ヘッドホンアンプの製作によって実体験済みですから、これはこれで良かったのかもしれない。



次に、σ25電源ユニットにも手を加えることにします。
amb_sigma25_042.jpg
このσ25の基板を見た電子工作好きの方が
「DCの出口にデカップリングコンデンサを追加するともっと良くなる」と仰っていたことを思い出し、
これを参考に、空いている隙間にラグ板を立て、無理のない範囲でデカップリングコンデンサを追加しました。
amb_sigma25_043.jpg
1000μFの低ESRコンデンサ、ルビコンZLHを2つ、DC5Vの出口に並列接続しています。
amb_sigma25_045.jpg
おまけに、DCジャックにニッセイのフィルムコンデンサ、MMT(0.1μF)を取り付けてみました。
amb_sigma25_047.jpg
これらの部品は全て手持ちの不良在庫から引っ張り出してきたものです。
使う機会が得られてよかった。


これらの改修により、コンデンサ総容量が4700μFほど増加しました。

音の変化は一目瞭然で、
今まであんなに頼りなかった低音がしっかりと力強く感じられるようになり、
「こんなに違うのか!」と驚き。

低音の力強さと引き換えに、それまでの「冷たいガラスをイメージさせるような高精度な音」というイメージは大分薄れ、
クールなキャラクターはそのままに、だいぶ親しみやすい音となった印象。
僕はこっちのほうが断然好みなので、もっと早く手をつけておけばよかった…。

そして、今まではテレビや電灯のスイッチを点けたり消したりする瞬間に音切れが発生していましたが、
デカップリングコンデンサ増量の恩恵により、
音が途切れず聴こえるようになり、DACとしての使い勝手も向上しました。

測定上の性能は悪化している可能性が否めませんが、
僕にとっては好ましい変化が得られたと思うので、良かったと納得しておきます。

Posted at 01:02 | DIY関連 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。