--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.11.26

beyerdynamicのDT880E/600を買いました

2年ぶりに新しいヘッドホンを入手しました。
ベイヤーダイナミックの半開放型ヘッドホン、DT880E/600です。


購入後10日程度という、新品に近い中古品が安く売られていたので、
これ幸いと飛びつきました。(ありがとうございます!)
僕が狙っていた機種ドンピシャだったので、とてもうれしい。

半開放型ヘッドホンである当機DT880は、
密閉型DT770、開放型DT990を含めた「ベイヤー三兄弟」と言われる
レガシードライバーが採用されたヘッドホンの中の1台であり、
かつてのフラッグシップでした。
dt880_e600_002.jpg
現在は、T1をはじめとした新開発のテスラドライバー採用機のラインナップが増え、第一線を引いた格好になります。

「三兄弟」には用途に合わせたバリエーションがあるので、若干ややこしい。
ポータブルオーディオ向けの32Ω低インピーダンス仕様「E/32」シリーズ、
ホームオーディオ向けでスタンダードな250Ω仕様「Edition2005」シリーズ、
ハイエンドオーディオ向けで高インピーダンス仕様「E/600」シリーズ、
側圧強め、ヘッドパッド交換可能、デザイン簡素、カールコード採用でプロモニター向け「PRO」シリーズがあります。

僕の手元には愛すべきヘッドホンアンプが複数台あるので、
現在の環境であればハイインピーダンスヘッドホンも鳴らせるだろう、ということで導入した「E/600」シリーズ。
dt880_e600_003.jpg

音については、店頭で視聴した時の印象よりもずっと良く、
ソフトフォーカスを意識した全体感のある鳴り方を基本キャラクターとして、
刺さるほどではないけれども細くてきらびやかな高音が良いアクセントになっていて
明るさと柔らかさと刺激的な要素をうまくミックスし、飽きずに長時間リラックスして聴ける
絶妙な音作りで、じんわりと良さを実感できるヘッドホンだと感じました。

分解能、音場表現も十分なものを持っており、3D的な立体表現を感じられます。

音質と同じくらい重要な装着感についても申し分なく、
適度な側圧、耳障りのよいイヤパッド、何時間装着していても疲れない心地よさ。
(首を強く振るとずれる程度の側圧の弱さで、しっかりホールドして欲しい方はPROシリーズの側圧がベストとの事)


2013年の今こそ5万円超えのヘッドホンはありふれたものになってしまいましたが、
一昔前はゼンハイザーのHD650、AKGのK701、ベイヤーDT880が
「高級ヘッドホン御三家」として認識されていたようです。
音作りはHD650を基礎として、どれも似たところがあるらしい。

気付いたら僕の手元にもHD650、K702、DT880が揃っていたので、
それぞれの音の印象を書いてみます。
完全に僕の主観です。


■HD650
圧倒的なウォームトーンでやや低音寄り。はじめて購入した高級ヘッドホンが当機ですが、
廉価帯ヘッドホンとは全く違う音作りに面食らいました。
スピーカーリスニングを意識したような音作りで、これが万人に受け入れられているというのも理解できます。
緩くて主張が強めの低音が影響し、3機種の中では最も暗めで、湿度が高く、熱が伝わってくるかのような独特の雰囲気が感じられます。
国内レビューではベイヤーのヘッドホンがそのような特徴を持っていると言われていたりもしますが、
僕の印象では、HD650にこそ相応しいイメージ。
HD650は広大な音場表現を持っていることで有名ですが、
半端な環境だと詰まった音になり、音場が狭く感じられ、非常に残念な音になります。(何度処分しようと思ったことか…)
上流(DAC、ヘッドホンアンプ等)の影響が大きく、環境を整えていく毎に効果が実感できるという、アンプスパイラルの元凶。
最終的には3機種の中では頭ひとつ抜けてくる印象ですが、実力を実感するには一定以上の投資が必要となります。
側圧は結構強めで、こなれてくるまで時間かかります。(物理エージング)
気に入ってます。

■K702
痛い音を出さない、滑らかできれいなフラットバランスで、ボーカルの美しさに定評あり。
開放型ゆえ厚みのある表現は苦手で、低音が少し弱めに感じられる印象もあります。(後継機種では改善されているようです)
3機種の中では最も音の分離が良く、音場が広く感じられるヘッドホンで、
意外と環境にも寛容だったりもして、とりあえずヘッドホンアンプを介せば良い音が得られると思います。(ただし音量は若干取りづらい)
他の機種と比較すると、くっきりと配置された点音源、左右には広いけれども奥行きがそこまで深くない、ネガティブに捉えると少し平面的という印象もある音場表現など、いわゆる「ヘッドホンらしい」鳴り方をするので、好みの差はあると思います。
おとなしめの電子音楽に絶妙なマッチングをみせたりして、汎用性が高い印象。(エレクトロニカ、アンビエントなど)
側圧は緩めで装着感は悪くありませんが、ヘッドパッドのコブが気になる人が一定数いる模様。
軽さと引き換えのプラスチッキーな意匠が気になる人もいるかも。
気に入ってます。

■DT880
ウォームトーンで滑らかな基本キャラクターに、細くて刺激のある高音が加わり、結果的には少し高音寄りに聴こえます。
半開放型の利点を活かした低音の厚みと抜けの良さが感じられ、3機種の中では最も明るい音調で、
退屈にならない程度の刺激と個性がある万能型ヘッドホンといった印象で、ベイヤーの音作りのセンスの良さが感じられます。
音場表現はHD650に似たタイプで、3D的な立体感があるものの広さという点では上記2機種には一歩譲るといった印象。
高音寄りの上流環境と組み合わせると高音がきつくなりそうなので、環境にはそれなりに気を使う必要がありそう。
装着感は最高で、心地良いです。
ヘッドバンドの長さ調整の伸びしろが少なめで、僕の頭ではヘッドバンドを最大に伸ばすと丁度いい感じ。
装着できない人もいるかも。(要試着)
気に入りました。


以上、「御三家」は似た傾向の音とは言われているものの
メーカーごとの個性が強く反映されており、
どれも魅力的で、そこまで音がかぶっているとは思いません。
共通事項としては、いずれも出力の弱いDAP直挿しではまともに鳴ってくれないので、
ヘッドホンアンプの導入は必須と言えます。


DT880の上位ラインナップである、最新のテスラドライバー採用機、T1、T90、T70などを視聴してみましたが
どれも非常に分解能が高く、クリアで高性能と感じました。
でも、今のところ特に欲しくはならないというか…価格帯1万円台くらいの、一昔前の機種のほうが気になる昨今。
(お高いですしね…)
スポンサーサイト

2013.11.19

AMB Lab Mini3 2台目(Double mini3風Mod)を製作しました

AMB LabのDIYポータブルヘッドホンアンプ、mini3の二台目を製作しました。
amb_mini3_2_014.jpg


■一台目の製作レポートはこちら
【AMB Labs Mini3 Portabe Headphone Amplifier】製作レポート
http://mauhead00.blog.fc2.com/blog-entry-55.html


mini3の音と仕様はとても気に入っているのですが、
まだまだ電子工作に不慣れな時期の製作だったため、若干の作りの甘さが気になっていました。

そして、当機には深いトラウマがあり、計4台のチャレンジ中、3台壊してしまったという辛い事実があります。
(上記レポートに掲載されているものは、奇跡的に成功した1台です。)

今の自分が納得できる出来のmini3を使いたい!という気持ち、
不良在庫部品を供養してやりたいという気持ち、
そして過去の失敗を乗り越え、心に残っていたしこりを取り除きたいという気持ちで、
再度AMB LABに注文を行いました。



実作業は数時間程度の半田付けで、滞りなく終了。
過去の失敗経験があるので、緊張しました。
amb_mini3_2_001.jpg
(これで2勝3敗か…)

普通に作るよりはちょっと面白いことをしてみたかったので、
ALO AudioのDouble Mini3の内部写真を参考にして
基板実装に無理のない範囲でコンデンサ周りのModifyを行いました。

ノーマルverとの違いは、
・0.1μFの積層セラミックコンデンサを入れる4箇所に10μFの電解コンデンサを並列に追加
・100μFの低ESR電解コンデンサを180μFに増量
・470μFの低ESR電解コンデンサの容量を680μFに増量し、並列にフィルムコンデンサを追加
といった感じで、ノーマルverと比べコンデンサ総容量を約50%増量しています。

amb_mini3_2_002.jpg
抵抗はDaleのRN50を採用し、ゲイン設定は3倍。
電解コンデンサはパナソニックFC、SUNCON ME-WG、ELNA シルミックⅡを使用。
実装サイズや部品在庫の都合でバラバラな銘柄になりました。
amb_mini3_2_003.jpg
amb_mini3_2_004.jpg
裏面。
amb_mini3_2_005.jpg
シルミックⅡを実装した電解コンデンサの裏には温度係数X7Rの積層セラミックコンデンサ0.1μFを並列に、
SUNCON ME-WGの裏にはパナソニックのECPU 1μFを並列に入れています。


実は、これらの部品のほとんどが、他のアンプなどを製作した際に発生した不良在庫から再利用したもので、
うまい具合に活躍する機会が得られて良かった。

1台目と比較。
amb_mini3_2_006.jpg
amb_mini3_2_007.jpg

かなり迷いましたが、mini3用のフロント&リアパネルを一緒に注文してみました。
amb_mini3_2_008.jpg
これで40ドルか…(プリント剥がれの恐れがないレーザー刻印なので高価なのかな?)

mini3用パネルの使用にあたって、注意点があります。
amb_mini3_2_009.jpg
ハモンドのケースに付属しているネジを使うと、このように隙間ができてしまうため、
経が広い皿ネジがないと格好悪くなります。
自作PC系のお店で売っているインチネジや、ホームセンターで売っている3.5mm対応サイズのネジが代替になります。

というわけで、
AMB Lab mini3(ALO風Modバージョン)完成!
amb_mini3_2_010.jpg
今回はアイスブルーのLEDを採用してみましたが、想像以上に格好よくて気に入りました。
amb_mini3_2_011.jpg
mini3のパーツリストに記載されているLED用抵抗は5.6kΩという指定ですが、
これは低輝度の赤色LEDなどを使う場合の抵抗値なので、
僕が使ったアイスブルーLEDのような、数千mcdの高輝度LEDを使用する場合はもっと高い抵抗値にしないと明るすぎてヤバイです。
僕は20kΩの抵抗を入れましたが、もう少し暗くても良かったかなあ。
amb_mini3_2_012.jpg
充電中のLEDは暗めのオレンジ色にしました。
amb_mini3_2_013.jpg

当機の視聴中に気付いたのですが、
僕が使ったアルプスの可変抵抗器、RK097のギャングエラーが思いのほか酷く、
とても能率の高いイヤホンを使う場合、小音量でのリスニングに影響が出てしまう事がわかりました。

そこで、「汐凪技研」さんのこちらの記事と、「情熱の真空管」ぺるけさんの掲示板で話題が出ていた極小音量時ギャングエラー補正方法を参考にして、入力とGNDの間に抵抗を追加しました。
汐凪技研さんの記事によると、可変抵抗器の仕様の、0.5%程度の抵抗をはさむと良いとのこと。
mini3に実装されている可変抵抗器は10kΩなので、50Ωくらいの抵抗を挟むとちょうど良いようです。
そこで手持ちの抵抗を漁り、もっとも条件に近い75Ω抵抗を追加しました。
(トライ&エラーで他にも色々試しましたが、これが今のところ一番違和感のない印象)
amb_mini3_2_015.jpg
実感できる改善効果があり、
追加前よりギャングエラー位置が小音量の場所に追いやられて、
不安無く音楽が聴けるようになりました。

デメリットとして、抵抗を追加するとボリュームを絞った時でもかすかに音が聴こえてしまうという点がありますが、
幸いにして当機mini3に使われているRK097はスイッチ付きのボリュームなので、聴感的な違和感は少ないです。
これは他の市販品でも応用出来そうなので、良いことを知った感じ。

汐凪技研さん、ぺるけさん、ありがとうございます…。

二代目mini3(ALO風Mod)のファーストインプレッションとしては、
ノーマル版と比較し、さらにキャラクターが濃く、分厚い音となったようです。
低音も高音もしっかり主張してくるので改悪というイメージはなく、とても楽しく音楽を聴ける印象。
amb_mini3_2_016.jpg
やはりデカップリングコンデンサの増量は低音に効いてくるんだなあ…という実感。

それにしても、自分で組み上げたアンプから音が出た時の感動は
何台製作しようとも色褪せることが無く、とても嬉しいもので、
電子工作って面白いな!と素直に思います。


聴きこんでみたら感想書いてみたいと思います。

Posted at 01:45 | DIY関連 | COM(0) | TB(0) |
2013.11.14

Meier-Audio Corda 2MOVEを入手

ドイツのオーディオメーカー、Meier Audioのポータブルアンプ、
CORDA 2MOVEの中古品を手に入れました。
2move_000.jpg
オークションで安く出品されていたため、いわゆる衝動買い…。


当機CORDA 2MOVEは、現在発売されているポータブルアンプ、
STEPDANCEシリーズの旧世代となるCORDA MOVEシリーズの第二弾で、
2008年頃に発売されていたモデル…とのこと。
2move_001.jpg

前面パネル。
左からライン入力ジャック、クロスフェードスイッチ、ヘッドホンジャック、スイッチ付ボリューム。
2move_003.jpg
ミニプラグジャックが前面パネルよりも数ミリ奥に配置されており、
イヤホンケーブルを不意の事故でひっかけてプラグが抜けた時などに発生する強いテンションでアンプ本体にダメージを与えないように、わずかに余裕を持たせているそう。

国内外のブログなどを読む限りでは、
この調整が原因で一部のプラグがしっかり刺さらなかったりする事があり、不評だったようです。
後継機種の3MOVE以降では廃止されています。

僕の手持ちのイヤホンのプラグはどれもしっかり刺さってくれるようなので、一安心。


背面。
USB-DAC機能と外部電源供給機能があります。
2move_004.jpg

僕の手持ち、CORDA STEPDANCEとサイズ比較。
2move_005.jpg
どちらも基本は9V電池一本で駆動する仕様です。

基板サイズは完全に同一ですが、2MOVEのほうが少し長い。
STEPDANCEは背面パネル裏側が立体的に加工されており、サイズを限界まで小さくする工夫が見られます。
どちらのケースも非常に分厚く作られており、過剰なまでの頑丈さを誇ってます。
(そのため結構重みがあります)

2MOVEの中身拝見。
2move_006.jpg
相変わらず中身ギッシリで、た、たまらん…。
2move_007.jpg
右半分はDAC回路のスペースのようです。
2move_008.jpg
基板に配置されている3つのジャンパーピンで、
それぞれカレントモード(ロ-&ハイ)、USB-DAC機能の仕様、ゲインの変更が出来ます。
2move_009.jpg
なんと、USB端子の半田付けが漏れていました。
2move_010.jpg
STEPDANCEもですが、コストカットによる影響と思われる若干の品質管理の甘さを感じます。

裏面。
2move_011.jpg
DACチップはPCM2702。
2move_012.jpg
USB電源を昇圧するためのICのようです。
2move_013.jpg
メインの増幅にはアナログデバイセズの高級オーディオ用1回路オペアンプ、AD8610が使われていました。
2move_014.jpg
STEPDANCEとの比較。
2move_015.jpg
2move_016.jpg


電車通勤のお供に、
当機2MOVEとiPod nanoの組み合わせで一週間ほど使ってみました。

音質傾向はとにかく骨太で音の圧力が強く、低音がモリモリ前に出てくる印象。
僕が愛用しているIE8など、元々低音が豊かなイヤホンと合わせると過剰とも思える暑苦しさを感じることができます。

非常に分厚い音調ながら
十分に高い分解能と、豊かな音場表現を持ちあわせており、
聴いていて楽しい、良いヘッドホンアンプだと感じます。

繊細さや滑らかさとは相反するタイプの音傾向なため、
生演奏ソースとは相性が良くなさそうな印象がありますが、
テクノを筆頭としたインスト系打ち込み音源とは非常に良く合う印象。

STEPDANCEと比較すると、まるで別のポータブルアンプといっても良く、
音の厚みと豊かな低音で楽しく聴かせてくれる2MOVEに対し
非常に高い分解能とスピード感が癖になる、音の合法ドラッグSTEPDANCEといった感じ。

後継機種のSTEPDANCEとは随分音イメージが違うので驚きましたが、テクノに合うヘッドホンアンプ…というイメージでは共通しており、
テクノ大国ドイツのオーディオメーカーが作るポータブルアンプ…という目線で見てみると妙に納得出来るものがあります。(僕の勝手な妄想ですよ!)

余談ですが、
同じくドイツのオーディオメーカーであるウルトラゾーンのヘッドホンも、テクノ向きという印象があります。


使い勝手について。

ボリュームはアルプスのスイッチ付きタイプ、RK097が使われており
ローゲイン設定であればギャングエラーのない音量位置でストレスなく音楽を聴く事ができました。

前面パネルについているクロスフェードスイッチの効きは相変わらずごく僅かなもので、
基本ONで良いと思います。
(音源によっては違いがわかりやすいのですが)


STEPDANCE同様、電池持ちはあまり良くなく、
ハイカレントモードで駆動する場合は18mAの電流消費となるため
Nexcell 8.4V 220mAhのニッケル水素電池で駆動した場合、
10時間くらいで電池切れとなる計算。

また、ケースの厚みからくる見た目以上の重量感には所有満足感こそ得られるものの
毎日気軽に持ち歩くには若干のネックとなっている印象。


僕の手持ちのポータブルアンプの中で比較すると、AMB LABのmini3が最も近い音傾向ですが、
俯瞰的に見て、純粋な音質という点のみにおいては2MOVEのほうが優れています。
しかし、mini3はクレジットカードサイズのコンパクトさに加えて充電機能が備わっており、ポータビリティという点で強いアドバンテージがあるため、
総合的に見てどちらが優れているか…というとまた話が違ってきて、こればっかりはユーザー毎の価値観によって良し悪しが決定される所だと思います。


このように音質と使い勝手の兼ね合いで悩んだりするのも、ポータブルオーディオの悩ましい所であり面白い所ですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。