--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014.07.22

ラトックシステムのオーディオ用ACアダプタ「RAL-AC05-03」を導入

ラトックシステムのオーディオ用スイッチングACアダプタRAL-AC05-03(5v DC出力 3A)を買いました。
例によって、今回も中古品です。

見た目は簡素なただのスイッチングアダプタですが、オーディオ向けに設計されており低ノイズで高品位な直流電源が得られるとの事。
大層なアナログ電源ユニットは大きくて場所を取りますが、スイッチング式のアダプタならば場所を取らず、発熱も少なく使いやすさバツグン。
汎用性の高いACアダプタなので、色々な機器に使えそうです。


なんだかんだで出番が少なかったAMB LABのγ2 DAC。
せっかく自作した機器なので出番を増やしてやろうと、専用電源として使うことにします。
130728_007.jpg
γ2 DACにはUSB-DDC(16bit 44.1kHz~48kHz対応)の機能も付いているので、
環境を見直しメインUSB-DDC&サブDACとして使います。

まずは、γ2の電解コンデンサを交換。
amb_gamma_030.jpg
思うことあって、
昨年秋に増量したカップリングコンデンサをまた交換して、やっぱり元の容量(470μF→22μF)に戻しました。
今回は、ELNAのオーディオ用電解コンデンサ、RFOを採用。
amb_gamma_031.jpg

RAL-AC05-03のDCプラグサイズを確認してみたら国内機器向けの1.4mmサイズで、
1.3mm対応のγ2 DACには入らないことがわかりました。
RAL-AC05-03_002.jpg
そこで、DCプラグを切り落として、
RAL-AC05-03_003.jpg
1.3mmタイプのものに交換。
RAL-AC05-03_006.jpg
センター側の芯線が太すぎたので不要な銅線をむしったら、見た目が汚くなってしまった。
(※芯線を減らす事で最大電流許容量が減り、安全に取り出せる最大出力が少なくなります。ACアダプタ等でこのような調整を行う場合、接続機器の消費電流を必ず確認した上で作業を行ってください。)
これで使えるようになった。
γ2のコンパクトさが際立っています。
amb_gamma_033.jpg
ちなみにこのγ2 DACの電源設定は「USB&DCセルフパワー兼用、両方感知したらDCセルフパワーを優先」という仕様で、いずれか専用に変更することもできます。


現在、PC→γ2(DDC)→HEGEL HD10(DAC)→M3(HPA&プリ)→ミニワッター(メイン)→PIEGA TS3(スピーカー)
という環境で聴いています。

上記の通り、γ2のDDC機能はサンプリングレート16bit 44.1kHz~48kHzまでしか対応していないのですが、
僕はハイレゾ音源を持っていないので、これで十分そう。
(γ2 もHD10もDAC内部でアップサンプリングしてからアナログ出力するという仕様なので、上流の影響が少ないのかも)
スポンサーサイト

Posted at 01:34 | DAC・DDC | COM(0) | TB(0) |
2014.07.18

Ultrasoneの開放型ヘッドホン、PRO2500を買いました

Ultrasoneの開放型ヘッドホン、PRO2500の中古品を購入。

PRO2500は新品で購入し愛用していたのですが
当時の上位機種Ultrasone PRO900に乗り換えるために処分した過去があります。
いわゆる買い戻しというやつです。

生産終了となった現在では、
たまーにオーディオショップでお安い中古品が並んでいるのを見かけます。

当機は本体に多少傷があり、経年劣化もあるけれど
イヤーパッドとヘッドパッドが新品に交換してあり、これなら抵抗なく使えそうだ!ということで衝動買い。
pro2500_001.jpg
ただし、純正のシルバーのヘッドパッドはもう流通在庫がないので、代替でPRO900用ヘッドパッドが貼ってありました。(黒色)
pro2500_003.jpg
イヤーパッドはフカフカの新品。うれしい。
pro2500_004.jpg
写真には掲載していませんが専用ケース、スペアパッド、付属品すべて揃っています。

「ボディがチープに見える」ためか、現行のラインナップでは青色のプラスチックボディを採用しなくなりましたが
僕にはとても魅力的に見える…。


当機PRO2500の音は開放型とは思えないほど分厚く緩い低音を軸とした、明確な味付けを意識したドンシャリ。
密閉型のPRO900と目指している方向は一緒だけれど、鼓膜を震わせるような音圧と臨場感が売りのPRO900に対して、開放型ならではの音場の広さと抜けの良さが生きているPRO2500と、
どちらも低音を重視したソース全般ととても相性がよく、魅力的です。
130429_008


特にPRO2500はKOSSの名機、Portaproの上位機種…といったイメージが当てはまるので
こういう音が好きな人にはぜひ聴いて頂きたい逸品。

テクノ大国ドイツのメーカーであるUltrasoneのヘッドホンは、
クラブDJ向けのラインナップもあって、
全体的な音作りの特徴としてクラブミュージックリスニングを強く意識して音作りされている印象があります。
テクノ聴くならUltrasone!」というのは僕の心の声。

特に、僕が所有しているPROシリーズは特にそのような印象が強く、
純粋な性能重視にシフトした高級ラインのSignatureシリーズやEditionシリーズより、個性的で好きです。
(ま、高くて買えないんですけど…)

ヘッドホンとしての質を俯瞰的に見ると
PRO2500、PRO900ともにヘッドホン側の音が作られすぎていて、
ヘッドホンアンプ、DAC等の上流の変化があまり感じられなかったり、
AKG K702やゼンハイザーHD650、ベイヤーDT880あたりと比較し装着感が劣るなど
数万円のヘッドホンとしては雑な面もありますが、気軽にとっかえひっかえできるのがヘッドホンの良い所で、
使い分けに最適な個性を持っている!と前向きに締めておきます。


あと、いつの間にか当ブログのカウンターが10万を超えていました。うれしい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。