2015.06.20

JVCケンウッドのイヤホン HA-FXZ100を買いました

JVCケンウッドのダイナミック型カナルイヤホン、
HA-FXZ100を買いました。


当機は3基のダイナミック型ドライバが搭載された豪華な構成で、
コンセプトモデルを連想させるような、独自性を追求した仕様。

同社のヒット製品、
ダイナミック型ドライバを並列に搭載した「HA-FXT90」を発展させたもので、
第3のドライバから100Hz以下の低音だけを抽出する「ストリームダクト」を追加することで
「マルチウェイ構成のスピーカー」の技術をイヤホンに応用しているそう。

ある意味、やりすぎとも思えるこだわりが感じられ、
効率を度外視して音を追及する、マニアのための意気込みが感じられます。

また、採用素材のグレードを上げた上位機「HA-FXZ200」もリリースされていて、
当機とは音のバランスも若干異なるようです。

ha-fxz100_002.jpg

音を聴いてみると、
期待通りに臨場感を重視した低音強めのサウンドで、
特に空気感のようなものがリアルに感じられるのが心地良く、
当機の強みを実感できます。

重低音の強さをアピールしたイヤホン群の中ではバランス寄りの調整で、
能率の低さも相まって、ポータブルアンプと相性が良いのも嬉しいところ。

実売価格比を考慮すると分解能と音場表現に若干の弱みを感じますが、
並列にダイナミックドライバを入れたイヤホン特有の傾向と思われ、
好意的に解釈すると、
イヤホンならではのピーキーさを和らげて、
スピーカー環境で慣れた耳に違和感の無い音を目指しているようにも感じられます。

実用面では、
本体がやや大型で耳に収まりの悪い印象もあるけれど
太くて取り回し抜群のケーブルが非常に良い塩梅で、
ストレスを溜める事なく愛用できそう。

ha-fxz100_001.jpg

当機に興味を持ったきっかけは、
以下のインタビュー記事。
-----------------
■とんでもないアイデアで音を変えた――“カナル型は苦手”の潮晴男氏も納得したJVC「FXZシリーズ」
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1211/20/news001.html

-----------------
ヘッドホンやイヤホンには様々な音響技術が使われているけれど、
末端消費者の僕は完成品の音を聴くことしか出来ないので、
技術的背景や開発者の苦労を実感しづらいものです。

上記のインタビュー記事では、
お仕着せの営業トークだけに終わらず、
HA-FXZシリーズ独自技術の開発経緯が技術者視点で語られていて、
マニアな男心をくすぐられました。

JVCのイヤホンと言えば
ウッドハウジングを採用したHA-FXシリーズが思い浮かびますが、
当機FXZシリーズを含めて
ピュアオーディオを嗜んだ年配層を積極的に取り込もうとしている印象があって、
ポータブルオーディオ戦国時代を生き抜く国内メーカーの中でも、
玄人好みの存在感が感じられます。
スポンサーサイト