--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.10.25

SennheiserのDJモニター向けヘッドホンHD25-13IIを購入

ヘッドホンマニア御用達、HD25-1IIの亜種!

状態が良い中古品が格安で売られていたので
衝動買いしてしまいました。

HD25-13IIは
Sennheiserのプロモニター用ヘッドホンHD25シリーズのうちの一つ、
600Ωのハイインピーダンス仕様。
3mのOFCケーブルが付属していて、屋内使用を想定しているよう。
hd25-13ii_001.jpg

当機で音楽を聴いてみると
強い制動感と弾力を兼ね備えた低音の出方が特徴的で、
「陸上選手」「ボクサー」を連想させるような瞬発力の高さが感じられます。

他所で公開されている周波数特性にも現れていますが
低音を過剰に持ち上げているわけではなく、
むしろ100Hz以下の音域がダラ下がりになっているため重低音が物足りないのですが
このあたりの調整が鮮烈な低音表現に一役買っているようです。

小径耳乗せタイプの密閉型ヘッドホンだけに音場表現は期待できないものの、
十分に高い分解能と瞬発力のある音圧表現が良い仕事をしていて、
生演奏の楽器、特にドラムの音が歯切れ良く、聴いていて楽しい。
ロック向きヘッドホンとしてよく挙げられる理由が実感できます。

低音が強いヘッドホンの例としても度々取り上げられていますが、
低域の量感が大切なクラブミュージック(と思っている)音源では個性が発揮できない印象で、
あくまでロックなど、勢いがある生演奏ソース向けと感じました。

当機の特徴的な音の出方は
本来のモニター向け用途として
様々なロケーションで聴き分け能力と疲労感の軽減を両立させる調整を行った副産物ではないかと思います。
(側圧が強いので、長時間の装着が辛いけど…)

hd25-13ii_002.jpg
HD25といえば「HD25-1II」が有名ですが、
仕様と備品が若干異なるバリエーションがあり、
ちょっと検索しただけでも、以下4種が確認できます。
-------------------------------
HD25-1II:80Ω、1.5mストレートケーブル(L型プラグ)
HD25-II:80Ω、2mストレートケーブル(ストレートプラグ)
HD25-CII:80Ω、3mカールケーブル(ストレートプラグ)
HD25-13II:600Ω、3mストレートケーブル(ストレートプラグ)
-------------------------------
上位下位の区別はなく、
あくまで現場の需要に合わせた業務用ラインナップのよう。

民生向けにリファインされた
「HD25 aluminium」「HD25 amperior」という亜種も売られていて
歴史と実績があるヘッドホンのベストセラーであることに疑いはなく、
改めてSennheiserの技術力と音作りの巧さを感じさせられます。
スポンサーサイト

2015.10.16

ぺるけさん設計の「トランジスタ式ミニワッターPart2」製作

peruke_trmw02_003.jpg
サイト「情熱の真空管」ぺるけさん設計の
シンプルで小出力な半導体ディスクリート式のSEPP-OTLアンプ、
「トランジスタ式ミニワッターPart2」を作りました。


ぺるけさんの著書「真空管アンプの素」を読みながら組み上げた「6N6Pシングルアンプ」の音に感銘を受け、
トランジスタ式ミニワッターの音も聴いてみたくなったのが2013年春先の事。
miniwatter2_002.jpg
部品の調達とケース加工をしたところでずっと放置していました。


あれから2年半過ぎて2015年秋、
ユニバーサル基板を使ったJJさんの作例に強く興味をそそられたので、
作例を参考にさせていただき、一から部品を集め直して製作に挑みました。
------------------------------------
■設計元:ぺるけさんのページはこちら

情熱の真空管:
トランジスタ式ミニワッターPart2
<オーソドックスでシンプル2段増幅>
http://www.op316.com/tubes/mw/mw-12v-p2.htm

------------------------------------
■ユニバーサル基板の作例:JJさんのページはこちら

ヘッドホンアンプ備忘録:
1Wディスクリートアンプ その2(ミニワッター)
http://settembre21x.blogspot.jp/2013/09/1w_18.html

------------------------------------

基本的な部品選択はJJさん作例に合わせています。
トランジスタ類はそれぞれ10本程度から選別して、hFE値が近いペアを使っています。
(コンデンサ容量のみオリジナル準拠)

レイアウトには少し余裕があるので、それほど苦労することなく実装できました。




通電するまえに、レイアウト&回路図を見ながら間違い探し。
peruke_trmw02_002.jpg

案の定、ミスがありました。
赤線部分、2SA970の配線が不足していた。
peruke_trmw02_002_2.jpg
「完璧に組み上げたと思った時こそミスがある」という定説。


ユニバーサル基板に部品実装した恩恵、
HEN110412に収まるコンパクトなデスクトップ向けパワーアンプが完成。
peruke_trmw02_015.jpg
この手の超小型パワーアンプを完成品で手に入れようと思ったら
怪しい中華メーカーのデジタルアンプくらいしか候補がありませんから、
僕が欲しかった仕様のアンプを自分の手で作れる事が素直に嬉しい。

peruke_trmw02_013.jpg

peruke_trmw02_014.jpg
秋月B基板を使いましたが、HEN110412の内側と基板スペーサーが干渉してしまったので
ケース内側を少し削る必要がありました。
peruke_trmw02_006.jpg
peruke_trmw02_007.jpg
peruke_trmw02_011.jpg
peruke_trmw02_012.jpg


当機を経由してスピーカーから音出ししてみると
トランジスタ式ミニワッターシリーズ設計の原典という「充電式かんたんヘッドホンアンプ」によく似ていて、
低音が効いていて元気いっぱいローノイズ、僕好みのアナログっぽい音。
文句なく気に入りました。

出力段のバイアス用に使用しているダイオードが原典の「UF2010」とは異なるため
アイドリング電流が多めになっているせいか、トランジスタに触ってみると意外と熱い。(触れないほどではない)

秋月電子縛りで部品を揃えたというJJさんの作例ですが、
秋月でも売っているUF2010をあえて使わなかったのは「終段Trは熱くなってナンボ」とコメントされているJJさんのこだわりポイントなんだろうな…などと勝手に想像したりして、ニヤリとさせられます。(考えすぎ?)

早速、当機をメインアンプとして愛用していくことにします。

すてきな回路を公開して下さったぺるけさん、
親切かつ丁寧な作例を公開して下さったJJさん、ありがとうございました!

Posted at 00:13 | DIY関連 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。