--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.06.17

週末のDIYと、憧れのポータブルアンプを手に入れた話

僕が以前制作したDCケーブルは、
スプレッドサウンドで販売されているDCケーブルと同じ仕様で、
線材はベルデンの8218、プラグはスイッチクラフトのS760です。
130616_001

ベルデンの8218は、本来、同軸デジタルケーブル用の線材なので、
電源向けの切り売りDCケーブルがあれば乗り換えたいなあ…と思っていた所、
オヤイデ電気で「AC/DC CABLEパワーサプライ用DCケーブル」という丁度いい線材が売られている事を知り、早速買って来ました。
130616_002
おあつらえ向きにオヤイデ専売の2.1mmDCジャックも売られていたので、一緒に購入。

さすがDCケーブル用に作られた線材だけに、芯線が太くて安心感があります。
130616_003

新しいDCケーブル完成!
130616_004
ケーブルの色が気に入らなかったので、ナイロンチューブをかぶせました。


次に、
ついでに買った4N純銀単線(0.5mm)を三つ編み。
130616_005
三つ編み初体験。(汚い出来になってしまった)

130616_006
130616_007

4N純銀単線のDOCKケーブル完成!
130616_008
DOCKケーブルは長さが必要ないので、高級ケーブルを使用しても安く作れるのが嬉しい。

定番過ぎて避けてきましたが、オーグラインを使用したDockケーブルも作ってみようかな。


次に、BISPAで「BSC-UPOFC3621V-CABLE」という、例の8N銅(相当)2芯シールド線の廉価グレードといわれるケーブルを買って、両端ステレオミニ端子のケーブルを作りました。
γ2 DACのDAC-OUTからポータブルアンプに繋げるためのケーブルです。
130616_009


三本とも、ちょっと高級感のあるビジュアルで、なかなか気に入りました。
130616_010

使わなくなったDCケーブルは先端をカットし、RCAプラグを取り付け、
ベルデンの8218本来の用途である、デジタル同軸ケーブルとして再利用します。
130616_012
1506Aを使用したデジタル同軸ケーブルを自作したことがありますが、
あまりに固く取り回しが困難で悲しい思いをしたので、
ベルデンの同軸ケーブルを自作するなら断然8218をお勧めしてみます。



次に、
Meier Audioの名機ポータブルアンプ、Corda Stepdanceの中古品を手に入れました。
ずっと欲しかった機種が安く手に入って、とても嬉しい。
Stepdance_001.jpg

もともと、後継機種である2STEPDANCEをいつか買おうと思っていたのですが、
初代のほうが外観が好みである点、電池入れのスペースに若干余裕があり、使える電池の選択肢が広い点、
使用しているパーツ類や物量も初代のほうが豪華であるという事実に後押しされました。
Stepdance_002.jpg
Stepdance_003.jpg
Stepdance_004.jpg
Stepdance_005.jpg
Stepdance_006.jpg
Stepdance_007.jpg

裏面。
非常に細かな表面実装部品が緻密に配置されており、興奮が止まりません。
(僕はアンプマニアだなあ…という実感)
Stepdance_008.jpg
Stepdance_009.jpg
Stepdance_011.jpg
STEPDANCEはポータブルアンプながら、一切の妥協なく音質向上に貢献する様々な機能を盛り込んでいます。

音質劣化の原因となるボリュームを使わず、デジタルアッテネーターによる音量調整機能を搭載、
5つの1回路オペアンプ(OPA1611)を使用し、シングルエンド接続ながらバランス接続と同様の音質改善を得られるという「Active Blanced Gound」回路、
サイズ制約のあるポータブルアンプとしては相当な大容量となる7500μF前後のキャパシタ実装、
電圧を2倍に昇圧して駆動するハイカレントモード搭載など、
こんな小さなポータブルアンプに、オーディオマニアが喜びそうな要素が「これでもか!」というほど徹底的に詰め込まれています。

高音質の代償として、電池持ちが宜しくないという弱点がありますが。


作りに関しては、少々コストダウンの影響が垣間見えます。
Stepdance_012.jpg
Stepdance_013.jpg
半田ブリッジ放置と抵抗が立っている箇所があって、
手作り感を感じる…。(どちらも出音には影響ないのですが)

音質については、非常に高い分解能が特徴で、なるほど納得の高音質です。
ハイカレントモードで駆動すると非常に電池持ちが悪いので、妥協してローカレントモードで使っています。

しばらくはMonolithAmpとStepdanceの使い分けで毎日の通勤が楽しくなりそうです。
ちょっと聴きこんでみたらファーストインプレ書いてみます。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://mauhead00.blog.fc2.com/tb.php/102-8f7471ac
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。