--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.07.01

【ZEPHONE Q3 Portable Headphone Amprifier】いわゆる中華クローンアンプ

ちょうど一年前ほどの出来事となりますが、
ZEPHONEという中華オーディオメーカーが販売している「Q3」というポータブルヘッドホンアンプを
TAOPAO代行業者を介して手に入れました。
代行手数料込みで12000円程度だったと思います。

ZEPHONEといえば、オヤイデ電気が代理店をしているので
イヤホンのリケーブル類を販売しているメーカーとして認識している方も多いと思います。

■国内の公式ページはこちら

中国本土では、当機Q3の他にもいくつかのヘッドホンアンプを販売しているようです。
Zephone_Q3_002.jpg
アンプを買ってみた理由はズバリ、
当機は僕が愛用しているヘッドホンアンプのクローンということで、聴き比べしてみたかったからです。
Zephone_Q3_003.jpg

そのクローン元とは、Graham Sleeのポータブルヘッドホンアンプ、Voyager。
Zephone_Q3_004.jpg
据え置きヘッドホンアンプのSoloと合わせて、やたらとコピーされているGraham Sleeのアンプ…。

見ての通り、サイズと機能がほぼ同じ仕様となっています。
Zephone_Q3_005.jpg
クローン元のVoyagerはハモンドのケースを使用していますが、
Q3は安っぽいビニールケースで、プリントも粗雑な感じ…(とても軽いという利点はあります)
Zephone_Q3_006.jpg

クローンアンプだけに、全く同じ仕様となっています。
9V電池で駆動する点、USBとACアダプタで外部電源駆動できる点も同じ、
CONTOURスイッチが付いている点も同じ。
Zephone_Q3_007.jpg

Voyagerとの比較。
Zephone_Q3_008.jpg
ご覧のとおり、回路は完全コピーのようです。

が、裏面の積層セラミックコンデンサの実装が省かれていました。
Zephone_Q3_009.jpg

使われているパーツ類は、本家Voyagerと比較して、ご丁寧にも全てグレードの低いものが使われています。
Zephone_Q3_010.jpg
■ボリューム
VOYAGER:RK097  Q3:メーカー不明
■抵抗
VOYAGER:金属皮膜抵抗  Q3:カーボン抵抗
■スイッチ
VOYAGER:アルプス製  Q3:メーカー不明
■DCジャック
VOYAGER:スイッチクラフト製  Q3:メーカー不明
■電解コンデンサ
VOYAGER:パナソニックAMX&ルビコンZLH  Q:ルビコンZLH&ルビコン汎用品
■フィルムコンデンサ
VOYAGER:Arcotronics/KEMET R82  Q3:メーカー不明

などなど。
Zephone_Q3_011.jpg

オペアンプ類は本物のようです。
Zephone_Q3_012.jpg
Zephone_Q3_013.jpg

肝心の音はどうか…というと、やはりほぼ同じ回路のアンプなのでかなり似ています。

しかし、積層セラミックコンデンサの実装を省いたためか、パーツのグレードの差か、または他に理由があるのか、
音の深みが圧倒的に足りていない印象で、VOYAGERで聴いている時のような音の実体感が無く、
薄っぺらな感じがあり、グレード的にかなり落ちる印象です。

当機を購入して聴き比べたことで中華クローンアンプのいい加減さを肌で理解できたため、
以降、この手のアンプへの興味と幻想が薄れていき、
中華系アンプ脱却のきっかけとなりました。

同時に、当機をはじめとした設計元への配慮が無い無法なクローンアンプに興味を持った自分を恥じ、反省し、
当機紹介の件はお蔵入りにするつもりでしたが、
自分の中で一区切り付けておきたいと思ったため、書いておきます。


追記となりますが、
ZEPHONEがリリースしているポータブルヘッドホンアンプのうち、
当機Q3の他にハイエンドクラスとなる「Q7」というものが売られており、
こちらは「Ray Samuels Audio SR-71A」のクローンのようです。
しかし、こちらも期待できる音ではないと思うので、幻想を抱くのはやめておいたほうが良いと思われます。
(機密化されているオペアンプと同じものが使われているとは思えません…)
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://mauhead00.blog.fc2.com/tb.php/105-98066d0f
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。