--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.07.30

【Graham Slee Solo Ultra-Linear Diamond Edition】禁断の改造:1

先日手に入れたGraham Slee Projectのヘッドホンアンプ、
Solo Ultra-Linear Diamond Edition。
solo_ul_de_020.jpg

■到着記事はこちら
【Graham Slee Solo Ultra-Linear Diamond Edition】到着レポート


solo_ul_de_012.jpg
このような貧相な中身に不安感はありましたが、
音質は文句なく良く、
聴きこむほどに非常に高い性能を持っている事がわかってきました。

ちなみに当機は、取扱説明書に「72時間はバーンインしてね!」と書いてあります。
これは、電解コンデンサの自己修復が進む頃に音が落ち着いてくるよ!という事なのでしょう。




しかし、72時間待たず電解コンデンサを交換してしまいました。
solo_ul_de_022.jpg
我慢できずにやってしまった…
取り扱いが容易な片面プリント基板なので、交換も危なげなくできました。

電解コンデンサの交換にあたり、
素人考えで最高級のものを全力投入!…というのはナンセンスすぎるので、
あくまでGraham Sleeの音作りから大きく逸脱しないよう、
過去のSoloの写真や、
ポータブルアンプVoyagerに使われているものを参考に、銘柄を選択しました。

電源デカップリング用のコンデンサは、ルビコンの低ESR品、ZLHに交換。
solo_ul_de_023.jpg
ちょうど仕様に沿った耐圧&容量のものが秋月電子で売られており、ありがたい…!

他の部分は、Panasonicのオーディオ用コンデンサ、AMXに変更しています。
solo_ul_de_024.jpg
このコンデンサ、国内ではGinza Dropsで注文することができますが、
低耐圧の小型サイズのみ取り扱いとなるため、
この交換にあたり、レオコムで注文し海外から取り寄せてもらいました。(送料が高く付いた)

もちろん、容量、耐圧はオリジナルに準拠していますが、
横倒しになっている大きな電解コンデンサ、
ここだけはSolo SRGⅡやSolo UltraLinear(無印)の内部写真と同じように、
1000μFから、2200μFに容量を増やしてみました。
solo_ul_de_025.jpg
耐圧も35Vから50Vにアップしています。

完全な自己満足ですが、見栄えも良くなって嬉しい!
まずは、バーンインをやり直さねば…。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://mauhead00.blog.fc2.com/tb.php/110-8d24a539
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。