--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.09.03

【AMB Lab M3 Headphone Amplifier】2台目を製作

暇を持て余した夏期休暇の工作にと、
AMB LabのDIYヘッドホンアンプ、M3を製作しました。
amb_m3_2_017.jpg
当機の製作は二台目になります。
---------------------------------------------------
【1台目の製作レポートはこちら】
【AMB Labs M3 DIY Headphone Amplifier】製作レポート
【AMB Labs M3 DIY Headphone Amplifier】改修レポート
---------------------------------------------------

2台目の製作動機は、ズバリ「プリアンプ機能の追加」。
OPA627を載せた当機の音は掛け値なしに素晴らしく、
この息の飲むような濃厚な音がスピーカーで聴けたらどんなに良いか…と常々思っていました。

また、当機にはバスブースト機能があるので、
うまく使えばサブウーファーも不要…と思う。

今回は、ヘッドホンアンプのM3基板に加えて、
より安全に愛用できるように、
ヘッドホンアンプの遅延リレーとオフセット除去機能が備わっているε12基板を一緒に注文しました。
amb_m3_2_001.jpg

製作にあたり、強力な電動ドリルと精密圧着ペンチを購入し、
より良い出来を目指します。
130728_001.jpg

1日目、電動ドリルでケースに穴を開けました。
amb_m3_2_002.jpg
電動ドリルは想像以上に出力が強い暴れ馬で、僕のようなちょっとした電子工作に使うには
ちょっとオーバースペックすぎた…
丁寧に作るには「ドリルスタンド」が必要そう。

2日目、ミューティングディレイ回路のε12基板のパーツと、
amb_m3_2_003.jpg
M3ヘッドホンアンプの基板に部品を実装しました。
amb_m3_2_004.jpg

3日目、内部配線とケーシングを行い、
無事に完成!
amb_m3_2_005.jpg

前面。
左からLED、ヘッドホンジャック、バスブーストつまみ、音量ボリュームつまみ。
amb_m3_2_016.jpg
ヘッドホンジャックは、ノイトリックのXLR/TRSコンボジャック(スイッチ機能付き)を採用して
見た目の良さも意識してみました。
LEDはぺるけさんも愛用している、スタンレーのつや消しタイプ…の5mmサイズを見つけたので
これを採用してみました。これは良いものだ。
(型番を調べたところ、5385Xというシリーズのようです。)

背面。
左奥がRCA入力、中がプリアウト、右がDC電源入力ジャック。
amb_m3_2_018.jpg
余計なスイッチ類は排除し、
当機と組み合わせるσ11電源ユニットのほうでスイッチを管理することにしました。
amb_m3_2_021.jpg
電源投入後、10秒経つと遅延リレー回路のε12が動作し、音が聴こえるようになる仕組みです。

また、ε12にはオフセットのプロテクト機能があります。
本来、M3ヘッドホンアンプは純粋なDCアンプなので、オフセットが出ているDACと組み合わせる事が出来なかったのですが、
今回の2台目は接続機器を選ばずに使用することができます。


底面。
こちらも穴を開けて、放熱効果アップを狙っています。
amb_m3_2_020.jpg
(狭い我が家の設置環境の都合上、一箇所ゴム足をずらして貼り付けています)

実装基板に使用した部品は1台目と大きく変わりはなく、
抵抗のDALE RN55をタクマンREYに変更、
フィルムコンデンサのWIMA MKS2をKEMET MMKに変更、
電源デカップリングのコンデンサをPANASONIC FCからFMに変更した程度です。
amb_m3_2_008.jpg
前回同様、ゲイン設定は5倍にしました。
またオペアンプはOPA627一本で行くと決めたので、このオペアンプを使用した時に最大のパフォーマンスが発揮できる調整をしています。(積層セラミックの容量変更)

さらに、今回はプリアンプとしての機能を意識し、
バスブースト設定に関わるフィルムコンデンサの容量を調整し、前回よりもやや強めのブーストがかかるように設定しています。
amb_m3_2_009.jpg
amb_m3_2_015.jpg
amb_m3_2_014.jpg
内部配線は扱いやすい普通の耐熱電子ワイヤーAWG24を中心に、
電源部のみ、DC接続ケーブルの線材と合わせてオヤイデのUL1430(PCOCC-A)を使い、
撚ってから熱収縮チューブでまとめています。
圧着工具を使ったコネクタ接続配線は初めてでしたが、
気軽に基板だけを取り出すことが可能となり、メンテナンス性が格段に上がって安心感があります。
もっと早く買っておけば良かった…。


失敗した点といえば、
前面のノイトリックのコンボジャックとLEDの接続コネクタが干渉してしまい、
コネクタが押しやられる形になってしまいました。
amb_m3_2_011.jpg
かなり強引ですが、なんとか収まっています。
LEDはM3基板の隣にラグ板を立てて設置しています。



背面。左から電源入力のDCジャック、プリアウト、ε12ミューティングディレイ基板、RCA入力ジャック。
こちらもギリギリでしたが、なんとかε12基板が収まりました。
amb_m3_2_012.jpg
ぺるけさん設計のFET差動ヘッドホンアンプの仕様を参考に、
ヘッドホンプラグを挿していないときはプリアウトから音声信号が出力され、
ヘッドホンプラグを挿すとプリアウト側はミュートされる仕組みになっています。
この時、プリアウトの信号は背面中央に伸びているアースラインに半田付けされた330Ωの抵抗で接地され、
不要なノイズが出ないように処理してあります。



しかし製作翌日、
さっそく音が出なくなってしまうという事態が。


電圧を測定してみると、電源回路の途中で異常が発生しているような…。

電子回路に詳しい方のアドバイスをもらった所、
下記のトランジスタ部品の半田付け不良、または部品不具合が疑われる事がわかりました。
(いつもありがとうございます…!)
amb_m3_2_022.jpg
内部配線を全てコネクタ接続としていたため、非常に修理もしやすく、これぞ不幸中の幸い。

該当箇所の部品を注文し、翌週に交換してからは元気に音楽を聴かせてくれています。

当機は1台目と変わらずウォームで重厚、上品な音印象で、とても僕好みです。
プリアンプとしても満足のいく仕様と音で、作って良かったなあ…としみじみ思います。

自分で組み立てたアンプから音が出た時のうれしさは何度体験しても格別なもので、また何か作りたい気持ちになります。(スパイラル)
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://mauhead00.blog.fc2.com/tb.php/113-e20718b3
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。