2013.10.09

AMB Lab γ2 &σ25のコンデンサ増量

今年の1月に組み上げたAMB LABのアップサンプリングDAC、γ2 DACと、6月頃に再製作したσ25電源ユニットです。
130728_007.jpg
当機はコンパクトでクールなビジュアルを持ち、多機能で優れた性能を持つDACです。
自分で組み上げたという愛着も含め、総合的にはお気に入りの機器ではあるのですが、
肝心なDACとしての音質は、正直な所、僕の好みに合うものではありませんでした。

当機γ2 DACの音は「無機質で音楽性に欠ける」といったネガティブな内容の海外レビューを見つけましたが、
実際、当機を愛用している僕も同じような印象を受けています。

クールな音傾向で解像度は高く感じられるものの、反面、艶というか生々しさが欠けており、
さらには低音がかなり頼りない…という、僕の好みからはかけ離れた音。
若干のデジタルっぽさも残っており、全体的にイマイチと言わざるを得ません。

低音の不足は5Vという低電圧駆動が原因だと思っていたので諦めていたのですが、
先日AMB LAB公式にてγ1&γ2 DACのパーツリストを読み返していたら、
アナログ終段のカップリングコンデンサの容量に関する追加オプションがあり、以下のように書かれていました。

-----------------------------------------
■このDACから直接ヘッドホンを直接鳴らしたい場合は、低音のロールオフを防ぐために22μFのカップリングコンデンサの容量を470μFに増量してください(要約)
-----------------------------------------
どうやら、元々低音が頼りなく感じるのはこのDACの仕様であり、カップリングコンデンサの容量を増やすことで調整が可能らしい。

このまま気に入らないまま使うよりは、やれることをやってみよう!ということで、
当機に手を加える事にしました。


まずはγ1&γ2のカップリングコンデンサである
ELNAのオーディオ用コンデンサ、シルミックⅡ(容量22μF)を、
ニチコンのKW(容量470μF)に交換しました。
amb_gamma_024.jpg
amb_gamma_027.jpg
…平日の夜のぼーっとした頭で作業を行った結果、
アナログ部終段のカップリングコンデンサだけを交換するつもりが、間違ってγ2基板のDACチップ近辺のデカップリングコンデンサも交換してしまった…。
amb_gamma_028.jpg
何度も半田付けをやり直してるとパターンが剥がれてくる危険性があったので、
このままで行きます。
amb_gamma_029.jpg
まあ…デカップリングとカップリングのコンデンサ容量増量により、低域に大きな改善が見込めるというのは
ぺるけさん設計のFET差動ヘッドホンアンプの製作によって実体験済みですから、これはこれで良かったのかもしれない。



次に、σ25電源ユニットにも手を加えることにします。
amb_sigma25_042.jpg
このσ25の基板を見た電子工作好きの方が
「DCの出口にデカップリングコンデンサを追加するともっと良くなる」と仰っていたことを思い出し、
これを参考に、空いている隙間にラグ板を立て、無理のない範囲でデカップリングコンデンサを追加しました。
amb_sigma25_043.jpg
1000μFの低ESRコンデンサ、ルビコンZLHを2つ、DC5Vの出口に並列接続しています。
amb_sigma25_045.jpg
おまけに、DCジャックにニッセイのフィルムコンデンサ、MMT(0.1μF)を取り付けてみました。
amb_sigma25_047.jpg
これらの部品は全て手持ちの不良在庫から引っ張り出してきたものです。
使う機会が得られてよかった。


これらの改修により、コンデンサ総容量が4700μFほど増加しました。

音の変化は一目瞭然で、
今まであんなに頼りなかった低音がしっかりと力強く感じられるようになり、
「こんなに違うのか!」と驚き。

低音の力強さと引き換えに、それまでの「冷たいガラスをイメージさせるような高精度な音」というイメージは大分薄れ、
クールなキャラクターはそのままに、だいぶ親しみやすい音となった印象。
僕はこっちのほうが断然好みなので、もっと早く手をつけておけばよかった…。

そして、今まではテレビや電灯のスイッチを点けたり消したりする瞬間に音切れが発生していましたが、
デカップリングコンデンサ増量の恩恵により、
音が途切れず聴こえるようになり、DACとしての使い勝手も向上しました。

測定上の性能は悪化している可能性が否めませんが、
僕にとっては好ましい変化が得られたと思うので、良かったと納得しておきます。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://mauhead00.blog.fc2.com/tb.php/118-22952b07
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する