--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014.02.24

AMB Lab σ11(2台目)製作レポート

AMB Labのヘッドホンアンプ、M3と組み合わせるために使う安定化直流電源ユニット、
σ11(2台目)を組み上げました。
amb_sigma11_2_000.jpg
年末年始に作業しようと準備を進めていたものの、運送会社の正月休みによる影響を失念しており、
部品が揃わず後ろ倒しとなりました。
amb_sigma11_2_010.jpg
以下、製作レポートとなります。



2台目製作にあたっては、以下のようなテーマで作業を進めました。
・出力電圧を更にパワーアップ
・LEDの色をM3と統一する
・前回よりもきれいに作る


ケース加工は平日の夜に少しずつ進めておいたので、あとは楽しい半田付けのみ。
amb_sigma11_2_001.jpg
余裕をもって前回より1サイズ大きめのケースを用意しました。

σ11の実装基板が完成した所。
amb_sigma11_2_002.jpg
amb_sigma11_2_003.jpg
前回との違いは、抵抗にタクマンREYを使用、
電解コンデンサにニチコンKZを使用、
電流レギュレーターダイオードに1N5306を使用するなど、
過剰にならない程度の高級パーツを使用しています。
amb_sigma11_2_004.jpg

各種配線が完了した所。
amb_sigma11_2_006.jpg
圧着工具やヒートガンのおかげで、そこそこ見栄え良くできて嬉しい。

たいして発熱しない電源ユニットですが、念には念を入れてケース底面に放熱用の穴を開けておきました。
amb_sigma11_2_008.jpg
トロイダルトランスは前回同様共立電子エレショップ通販で注文したもので、
15v1A×2の二次出力を持つHDB-30を使いました。
amb_sigma11_2_007.jpg
日本の電圧100v入力に対応している手頃な価格のトロイダルトランスは共立電子エレショップ以外では手に入らないようなので、
とてもありがたいです。(ラインナップをもう少し増やしてくれたら嬉しい…)

各種チェックで問題なく使用できることを確認し、ケーシングして完成!
amb_sigma11_2_009.jpg
毎日気軽に使いたい機器なので、LEDの光がギラギラと目に刺さらないよう、輝度を抑えています。

当機の出力電圧は30V設定とし、1台目の27Vより更にパワーアップしています。
amb_sigma11_2_011.jpg

ヘッドホンアンプのM3と重ねたところ。
amb_sigma11_2_012.jpg
LEDの色も合わせる事ができて満足。
amb_sigma11_2_013.jpg


ニ台目のσ11で駆動するM3の音は、今までよりもさらに腰の座った深みが感じられ、とても好ましく思えます。
電圧アップだけではなく、部品の変更による効果もあるのかもしれません。
ヘッドホンアンプ兼プリアンプとして、愛用中です。

昨年購入したGraham SleeのSolo Ultra Linearも
当機のような「外部電源ユニット+アンプ本体」のセパレート構成で、音質を妥協せずに省スペース化を実現する合理的な方法だと思います。

このような構成であれば狭い僕の部屋でも無理せずに置けるので、
これらをヒントに今後の電子工作に活かしてみたい所。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://mauhead00.blog.fc2.com/tb.php/132-1727b2e6
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。