--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014.03.30

春の電子工作祭り(予定)

現状のオーディオ環境に不満は無いのですが、
でも、何か作りたい…!という工作欲がじわじわと湧いてきました。

僕が電子工作準備を進めているものを紹介します。


■1:ポータブルアンプ
日本国内において最も自作されただろう有名なDIY向けポータブルヘッドホンアンプ基板、
STRVさんが設計されたHA10miniの基板とパーツセットを購入しました。


BISPAで基板やパーツキット、ケース等が委託頒布されています。
くわしくはこちら
■BISPA
HA10mini PCB(Rev.1.3.) - 単三×2本 ヘッドホンアンプ基板
https://bispa.co.jp/552


当機の特徴は非常に小型、低電圧で駆動できるDC直結のディスクリートアンプであるという点で、
以前から評判の良さは耳にしていたものの、
性能と小型化を優先したピーキーな仕様に不安があり、あえて回避していたアンプ基板です。

材料費が想定以上に安価で済むことがわかったので、失敗のリスクも覚悟し製作してみようと思った次第。
ケースと電池受け加工などの下準備は終えており、近日着手の予定です。


■2:据え置きヘッドホンアンプ
おなじみAMB Laboratoriesで頒布されている
The Cavalli-Kan Kumisa Ⅲ(別名CK2Ⅲ)の基板と、
アルプスのボリュームRK27をコネクタ接続化するアタッチメント基板、ε27を注文しました。
kumisa_001.jpg
選別が推奨されるJ-FETはAMB LAB公式で買うことができ、
5ドルを追加で支払うことで
ペアのIdss差を0.5mA以内に選別してくれるマッチングサービスを受ける事ができます。

詳しくは公式にてご確認ください。
■AMB Laboratories DIY Audio Site
The Cavalli-Kan Kumisa III Stereo Headphone Amplifier
http://www.amb.org/audio/ck2/


CK2ⅢはFET入力の無帰還ディスクリートヘッドホンアンプで、
ハモンドのケースにそのままスライド収納できるコンパクトさが特徴。

他には、トランスから定電圧レギュレーターで整流するスタンダードな正負電源や
安全性に配慮し、オフセットを防ぐDCサーボを採用している点など、
僕が愛用しているM3と仕様の違いが大きく、興味を惹かれました。

AMB LABで頒布されている他のアンプと比較し測定結果こそ劣るものの、
情熱の真空管、ぺるけさんが設計されたFET差動ヘッドホンアンプと共通する
100kHzの方形波応答の測定で発生している弓なりカーブの歪みを確認することが出来、
ぺるけさんのFET差動ヘッドホンアンプの記事から抜粋すると
「この弓なりカーブが本機の音の心地よさの決定要素のひとつとなっています」とのことで、
こちらも期待が膨らんでしまいます。
kumisa_000.jpg
当機もプリアンプ兼ヘッドホンアンプとして製作する予定で、
部品を少しずつ集めており、製作は若干後回しです。

HA10mini、CK2Ⅲ、ぺるけさんのFET差動ヘッドホンアンプ、
これらのディスクリートアンプは全て2SK170というJ-FETが使われているのですが、
ヘッドホンアンプに最適なものなのでしょうか。


■3:パワーアンプ
部品頒布を受けてから一年ほど経過してしまいましたが、
情熱の真空管 ぺるけさんが設計し、部品を頒布していただいた
トランジスタ式ミニワッターver2製作をいよいよはじめようかと思っています。
miniwatter2_003.jpg

詳しくは公式にてご確認ください。
■情熱の真空管 / PassionateTubeAmplifier
トランジスタ式ミニワッターPart2<オーソドックスでシンプル2段増幅>
http://www.op316.com/tubes/mw/mw-12v-p2.htm


部品は全て揃っていて、あとは組み上げるだけなので
GW前までに完成させたいと思っています。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://mauhead00.blog.fc2.com/tb.php/137-037d3636
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。