2014.06.15

電子工作を彩る ちょっとレア(?)な部品紹介

僕が秋葉原や通販で購入した電子部品のうち、
取り扱いが少ないけれどニッチな需要がありそうで、
自分なりのオリジナリティを演出するのに役立ちそうな部品を紹介します。


1:リードタイプの1.8mm LED
140601_007.jpg
上記は、マルツパーツで販売されている「キングブライト L-2060」というシリーズのLEDです。
140601_008.jpg
リードタイプではちょっと珍しい1.8mm経のLEDなので、一般的な3mmや5mmタイプと比較し
小型アンプの製作時や、3mmタイプのLEDよりも控えめにしたい時に便利に使えそうです。
140601_009.jpg
140601_010.jpg
このLEDは、HA10miniに採用しました。
ha10mini_012.jpg
既成品では、RSAのポータブルヘッドホンアンプのトマホークに
この1.8mmタイプのLEDが採用されています。
RSA_Tomahawk_003.jpg


2:スタンレーの円筒形拡散LED 3889Sと5385Xシリーズ
140601_011.jpg
FET差動ヘッドホンアンプやミニワッターで有名な「情熱の真空管」ぺるけさんが愛用している
スタンレーの円筒形LEDで、3mmタイプが「3889S」、5mmタイプが「5385X」です。

これらは秋葉原の「東京ラジオデパート」瀬田無線で取り扱っていたのですが、
1Fの店舗が閉店してしまった現在、2Fで3889Sのみ取り扱っています。
(5385XはRSの通販で注文することが可能なようです。まとめ買い前提ですが…)
140601_012.jpg
部品屋さんでよく見かける透明樹脂で成型された高輝度LEDをオーディオアンプに組み込むと
太陽のようにカーッと光って、目がチカチカすることがありますが、
このようなスモークタイプの低輝度拡散LEDは光がやわらかく、目に優しく上品です。

フラットヘッドの円筒形なので、うまく組み込めばケースパネルに凹凸無く収まります。
140601_013.jpg
このLEDは、AMB LABのM3に採用しました。
amb_m3_2_017.jpg


3:スイッチクラフトの基板用DCジャック

Switchcraft からリリースされている基板用DCジャックで、
僕が購入したのは2.1mmタイプの「RAPC722X」です。
このシリーズは、MouserやDigi-keyなどで注文することができます。

機能的には普通のDCジャックと変わりないのですが、
角ばったデザインと「SWC」の刻印が格好良く、なかなか見栄えが良いです。
140601_002.jpg
DCプラグの食い込みが若干緩めなのが弱点。
HyCAA_006.jpg

既成品では、Graham Sleeのヘッドホンアンプに採用されています。
solo_ul_de_005.jpg


4:2.5mmリードタイプのフィルムコンデンサ WIMA MKS2
140601_003.jpg
よくあるBOXタイプの積層フィルムコンデンサのほとんどは5mm間隔対応品ですが、
ギャレットオーディオに2.5mm対応のWIMA MKS2が売られていました。
140601_004.jpg
(5mmタイプと2.5mmタイプの比較 どちらもWIMA MKS2 0.1uF)

5mmタイプのコンデンサのリード線を曲げて、強引に2.5mmピッチの穴に差し込むことも不可能ではありませんが
自然に無理なく実装できたほうが綺麗でスマートです。
積層セラミック・コンデンサの代替でフィルムコンデンサを使いたい場合や、ユニバーサル基板で組むときのスペース節約などに役立ちそうです。


5:パナソニックのオーディオ用電解コンデンサ AM-Xシリーズ
140601_005.jpg
何故か国内では注目度が低いパナソニックのオーディオ用電解コンデンサ、AM-Xです。
一般品の電解コンデンサ「M」シリーズの音質向上品としてリリースされ、
歪感の少ない透明感のあるサウンド「AM」、
暖かみを持つサウンドの「AM-X」という二種類のオーディオ用電解コンデンサがリリースされていたようですが、
現在では何故か「AM-X」タイプしか市場に出回っていないようです。

品揃えは限られますが、国内通販ではGINZA DROPSで注文することが出来ます。
容量や耐圧が違うものはレオコムで取り扱っており、送料が高くつきますが注文することが可能です。

外装は綺麗なメタリックブルー&シルバーで、
他のオーディオ用電解コンデンサとの見た目の違いもはっきりしています。
140601_006.jpg
ニチコンFW、KWシリーズと同等の小型タイプで実装が容易なので、使いやすいという利点もあります。

出音を決める決定的要素にはならないかもしれませんが、実装基板に格好いいコンデンサが並んでいると気分もいいもので、
プラシーボ的な意味も含め中身の見た目にちょっとこだわってみるというのも良いかと思います。

※ウォームな音が好きな僕はこの「温かみのある音が特徴」というAM-Xに注目し、
アンプキット制作時に多用していましたが、
最近では「電解コンデンサの種類の違いは決定的な音の差にはならない」と感じて
あまり銘柄にこだわらなくなってきました。


以上、これらの部品はレアというほどではありませんが、
どなたかがアンプキット製作や、電子工作に興味を持つきっかけになってくれたら嬉しいなあ、という気持ちで紹介しました。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://mauhead00.blog.fc2.com/tb.php/143-d9f07717
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する