--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014.07.22

ラトックシステムのオーディオ用ACアダプタ「RAL-AC05-03」を導入

ラトックシステムのオーディオ用スイッチングACアダプタRAL-AC05-03(5v DC出力 3A)を買いました。
例によって、今回も中古品です。

見た目は簡素なただのスイッチングアダプタですが、オーディオ向けに設計されており低ノイズで高品位な直流電源が得られるとの事。
大層なアナログ電源ユニットは大きくて場所を取りますが、スイッチング式のアダプタならば場所を取らず、発熱も少なく使いやすさバツグン。
汎用性の高いACアダプタなので、色々な機器に使えそうです。


なんだかんだで出番が少なかったAMB LABのγ2 DAC。
せっかく自作した機器なので出番を増やしてやろうと、専用電源として使うことにします。
130728_007.jpg
γ2 DACにはUSB-DDC(16bit 44.1kHz~48kHz対応)の機能も付いているので、
環境を見直しメインUSB-DDC&サブDACとして使います。

まずは、γ2の電解コンデンサを交換。
amb_gamma_030.jpg
思うことあって、
昨年秋に増量したカップリングコンデンサをまた交換して、やっぱり元の容量(470μF→22μF)に戻しました。
今回は、ELNAのオーディオ用電解コンデンサ、RFOを採用。
amb_gamma_031.jpg

RAL-AC05-03のDCプラグサイズを確認してみたら国内機器向けの1.4mmサイズで、
1.3mm対応のγ2 DACには入らないことがわかりました。
RAL-AC05-03_002.jpg
そこで、DCプラグを切り落として、
RAL-AC05-03_003.jpg
1.3mmタイプのものに交換。
RAL-AC05-03_006.jpg
センター側の芯線が太すぎたので不要な銅線をむしったら、見た目が汚くなってしまった。
(※芯線を減らす事で最大電流許容量が減り、安全に取り出せる最大出力が少なくなります。ACアダプタ等でこのような調整を行う場合、接続機器の消費電流を必ず確認した上で作業を行ってください。)
これで使えるようになった。
γ2のコンパクトさが際立っています。
amb_gamma_033.jpg
ちなみにこのγ2 DACの電源設定は「USB&DCセルフパワー兼用、両方感知したらDCセルフパワーを優先」という仕様で、いずれか専用に変更することもできます。


現在、PC→γ2(DDC)→HEGEL HD10(DAC)→M3(HPA&プリ)→ミニワッター(メイン)→PIEGA TS3(スピーカー)
という環境で聴いています。

上記の通り、γ2のDDC機能はサンプリングレート16bit 44.1kHz~48kHzまでしか対応していないのですが、
僕はハイレゾ音源を持っていないので、これで十分そう。
(γ2 もHD10もDAC内部でアップサンプリングしてからアナログ出力するという仕様なので、上流の影響が少ないのかも)
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://mauhead00.blog.fc2.com/tb.php/145-daee74da
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。