2014.08.31

見た目も大事

ヘッドホンアンプ兼プリアンプとして愛用している
AMB labのM3。
amb_m3_2_016.jpg
当機に使用しているケース、ハモンドの1455シリーズには
色違いのパネルなどのオプションアクセサリーが売られているので、
ちょっと雰囲気を変えてみようと思い、
半透明の赤色プラスチック枠を買って組み込んでみました。
amb_m3_2_024.jpg
マットブラックのケースと合わせてダークブラウンのような渋い差し色が加わり、少し高級感が出たような気がする。
写真だとかなり赤っぽく写っちゃいましたが。


先日製作したUSB-DAC、GrubDAC。
S_Gdac_018.jpg
スピーカー環境メインで一週間ほど使い続けた後、HEGEL HD10に戻してみた所、
あまりの音質差にぶっ飛び。

一聴しただけで感じる圧倒的な立体感、生々しさに嬉しい驚き。

GrubDACの音は決して悪い印象ではないのですが、
シンプルで合理性を追求したプレーンな音と、
プロのオーディオメーカーが作り上げた音の差というものを体感することができた気がします。
定期的に耳リセットすれば、何度でも感動を味わえるかも…。

改めて良いDACであることを実感したHD10ですが、
相変わらず前面パネルのLEDが明るすぎて目に刺さる…。
hd10_003.jpg
このまま不満を持ったまま使うよりは…と、
思い切ってLEDの明るさを調整している抵抗の交換を決意。
hd10_020.jpg
LED自体は低輝度の製品のようですが…。

ここのR11の抵抗でLEDの明るさを調整しているようです。
hd10_021.jpg
デフォルトの抵抗値は1KΩ。こりゃ明るいわけだなあ…という第一印象。
hd10_022.jpg
先日のDIYで余らせていた2012サイズのチップ抵抗を漁って、1kΩから、10kΩに付け替えました。
hd10_023.jpg
この上品な光を見てくれ!
hd10_024.jpg
こういうのでいいんだよこういうので。
もっと早くやっておけばよかった…と後悔するくらいに満足。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://mauhead00.blog.fc2.com/tb.php/148-2363cb6e
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する