--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.01.06

ぺるけさんの「トランス式USB-DAC」LCフィルタ回路に差し替え

この灰色の物体は、
ぺるけ式トランスUSB-DACのLCフィルタ回路に推奨されている、
特注の2.7mHインダクタ。

情熱の真空管・ぺるけさんに部品頒布していただいたものです。


僕が組み上げたトランスDACはフィルタ回路を着脱式にしてあるので…
peruke_trans_dac_012.jpg
頒布部品を元に、差し替え用のLCフィルタ基板を作りました。
(ついでに出来の悪いCRフィルタ基板を作りなおし)
peruke_trans_dac_016.jpg
※この写真ではLCフィルタ基板に470Ωの抵抗が使われていますが、
トランス毎に推奨されている抵抗値が別々に設定されていることに事に気付き、
TpAs-2Sに推奨されている820Ωの抵抗に変更しています。

そして交換。
peruke_trans_dac_017.jpg
大人しく控えめながら独特の空気感があるCRフィルタ版から一転、
LCフィルタ版は一聴してすぐにわかるほど元気が良く、制動感が増しています。

特に低音に弾力が加わったような力強さがあり、
第一印象ではLCフィルタ版のほうが僕の好みに合っています。

それでも、CRフィルタ版同様の独特の雰囲気がこちらにも多少残っているようでもあり、
これがいわゆる「パーマロイコアトランスの音」なのかな…?

DIY系のDACには「性能は良いが、聴感的な部分を考慮していない」という偏見があったものの
このトランスDACはずっと聴いていたいような音楽的な魅力が感じられ、
もっと早く製作にチャレンジすべきだった…と、違う意味で後悔しています。

回路公開及び、部品を頒布していただいたぺるけさんに改めて感謝申し上げます。
ありがとうございました!
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://mauhead00.blog.fc2.com/tb.php/153-5bbe1dd1
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。