--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.02.05

0dB HyCAA Custom Edition(2台目)を組み上げました

Custom Editionなどと大見栄を切ってしまいましたが、ちょっと大袈裟すぎました。
HyCAA_2_004.jpg

たかじんさんに頒布していただいた
真空管ハイブリッドヘッドホンアンプ基板「0dB HyCAA」を組み上げたのは
2013年の秋ごろ。
同時頒布の専用アクリルパネルを使って完成としました。
HyCAA_010.jpg
お手軽に完成できるのは大きなメリットですが、
もう少し自分なりの個性を出してみたいなあ、とも思っていました。

そこで、製作失敗した時の事を考えて用意していた予備の基板が余っていたので、
アルミケースに収納した二台目を組み上げました。
HyCAA_2_001.jpg
今回はプリアウト端子を追加して、スピーカー環境でも使えるようにしています。

前面、左から電源スイッチ、ステレオ標準ジャック、ボリュームつまみ。
HyCAA_2_002.jpg
プッシュボタン式のスイッチを使ったことが無かったので、試してみたかった。
ボタンを押し込んだ時の「カチッ」というクリック感が小気味良く、なかなか良い塩梅。

背面、左からRCA入力ジャック、プリアウト端子(ステレオミニ)、DCジャック。
HyCAA_2_003.jpg
ヘッドホンを接続していない時はプリアウト側に音声信号が出力される仕様。
ゲイン1倍のアンプなので、
分類としては「真空管ハイブリッドラインバッファ兼ヘッドホンアンプ」という感じになるのかな?(長い)

中身。前回製作時の予備部品を中心に、高価な部品は使っていません。
HyCAA_2_005.jpg
HyCAA_2_006.jpg
HyCAA_2_007.jpg
HyCAA_2_008.jpg
真空管を使ったアンプの演出の一環として
入力カップリングにヴィンテージ風フィルムコンデンサを採用してみました。
HyCAA_2_009.jpg
(ギャレットオーディオで1個80円でした)

オペアンプは電圧増幅のV-AMP、電流増幅のC-AMP、共にMUSES8920を採用。
HyCAA_2_010.jpg
出力電流が大きく取れるJ-FET入力のオーディオ向けオペアンプで、
Hycaaに最適なオペアンプの一つといえます。

今回、アイスブルーのLEDを採用してみました。
HyCAA_2_011.jpg
軽薄な雰囲気になってしまいそうで心配しましたが
赤熱する真空管との対比が良いコントラストになっていて、悪くない(と思う)。

※真空管にまとわりついているものはシリコン製のOリングです。
 制震目的で試験的に装着していますが、意味無さそう。


先日製作したLM380非革命アンプとスタックすることで、
超コンパクトながら馬鹿にできない性能と音質が得られる、セパレートのプリメインアンプが完成。
(これがやりたかった)
HyCAA_2_012.jpg
「こういうのがほしい」が実現できる、電子工作の醍醐味。
HyCAA_2_013.jpg
しばらくはこの組み合わせで音楽を楽しもうと思います。
たかじんさん、ありがとうございました!



たかじんさんのブログはこちら
■new_western_elec ヘッドホン + オーディオ回路 
http://nw-electric.way-nifty.com/blog/


スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://mauhead00.blog.fc2.com/tb.php/155-bf5e921a
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。