--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.10.16

ぺるけさん設計の「トランジスタ式ミニワッターPart2」製作

peruke_trmw02_003.jpg
サイト「情熱の真空管」ぺるけさん設計の
シンプルで小出力な半導体ディスクリート式のSEPP-OTLアンプ、
「トランジスタ式ミニワッターPart2」を作りました。


ぺるけさんの著書「真空管アンプの素」を読みながら組み上げた「6N6Pシングルアンプ」の音に感銘を受け、
トランジスタ式ミニワッターの音も聴いてみたくなったのが2013年春先の事。
miniwatter2_002.jpg
部品の調達とケース加工をしたところでずっと放置していました。


あれから2年半過ぎて2015年秋、
ユニバーサル基板を使ったJJさんの作例に強く興味をそそられたので、
作例を参考にさせていただき、一から部品を集め直して製作に挑みました。
------------------------------------
■設計元:ぺるけさんのページはこちら

情熱の真空管:
トランジスタ式ミニワッターPart2
<オーソドックスでシンプル2段増幅>
http://www.op316.com/tubes/mw/mw-12v-p2.htm

------------------------------------
■ユニバーサル基板の作例:JJさんのページはこちら

ヘッドホンアンプ備忘録:
1Wディスクリートアンプ その2(ミニワッター)
http://settembre21x.blogspot.jp/2013/09/1w_18.html

------------------------------------

基本的な部品選択はJJさん作例に合わせています。
トランジスタ類はそれぞれ10本程度から選別して、hFE値が近いペアを使っています。
(コンデンサ容量のみオリジナル準拠)

レイアウトには少し余裕があるので、それほど苦労することなく実装できました。




通電するまえに、レイアウト&回路図を見ながら間違い探し。
peruke_trmw02_002.jpg

案の定、ミスがありました。
赤線部分、2SA970の配線が不足していた。
peruke_trmw02_002_2.jpg
「完璧に組み上げたと思った時こそミスがある」という定説。


ユニバーサル基板に部品実装した恩恵、
HEN110412に収まるコンパクトなデスクトップ向けパワーアンプが完成。
peruke_trmw02_015.jpg
この手の超小型パワーアンプを完成品で手に入れようと思ったら
怪しい中華メーカーのデジタルアンプくらいしか候補がありませんから、
僕が欲しかった仕様のアンプを自分の手で作れる事が素直に嬉しい。

peruke_trmw02_013.jpg

peruke_trmw02_014.jpg
秋月B基板を使いましたが、HEN110412の内側と基板スペーサーが干渉してしまったので
ケース内側を少し削る必要がありました。
peruke_trmw02_006.jpg
peruke_trmw02_007.jpg
peruke_trmw02_011.jpg
peruke_trmw02_012.jpg


当機を経由してスピーカーから音出ししてみると
トランジスタ式ミニワッターシリーズ設計の原典という「充電式かんたんヘッドホンアンプ」によく似ていて、
低音が効いていて元気いっぱいローノイズ、僕好みのアナログっぽい音。
文句なく気に入りました。

出力段のバイアス用に使用しているダイオードが原典の「UF2010」とは異なるため
アイドリング電流が多めになっているせいか、トランジスタに触ってみると意外と熱い。(触れないほどではない)

秋月電子縛りで部品を揃えたというJJさんの作例ですが、
秋月でも売っているUF2010をあえて使わなかったのは「終段Trは熱くなってナンボ」とコメントされているJJさんのこだわりポイントなんだろうな…などと勝手に想像したりして、ニヤリとさせられます。(考えすぎ?)

早速、当機をメインアンプとして愛用していくことにします。

すてきな回路を公開して下さったぺるけさん、
親切かつ丁寧な作例を公開して下さったJJさん、ありがとうございました!
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://mauhead00.blog.fc2.com/tb.php/164-a5f6ad4b
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。