--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016.02.01

ぺるけ式「FET/Tr差動ヘッドホンアンプ Ver4」製作

国内で最も製作例が多いディスクリート式ヘッドホンアンプ、
FET差動ヘッドホンアンプを設計された
「情熱の真空管」ぺるけさんの最新作。

当機「FET/Tr差動ヘッドホンアンプ Ver4」は
小出力パワーアンプの「トランジスタ式ミニワッターV4」をヘッドホン向けにアレンジした設計という事で、
今までのver1~3と回路が大きく異なっています。

詳しくは公式よりご確認ください。
----------
■情熱の真空管:FET/Tr式差動ヘッドホンアンプ Version 4
http://www.op316.com/tubes/hpa/version4.htm

----------


今回は手持ちの選別済み半導体が揃っていた事もあって、
すべての部品を自前で調達。
fet_tr_hpa_v4_002.jpg
配線部分をコネクタピン接続に変更し、
他は原本通りの実装、高価なパーツは使っていません。
fet_tr_hpa_v4_001.jpg
fet_tr_hpa_v4_003.jpg

タカチのケースHEN110312にぴったり収まる、
コンパクトなヘッドホンアンプが完成。
fet_tr_hpa_v4_019.jpg

スピーカー環境でも使いたいので、
ヘッドホンプラグの抜き差しと連動したラインプリ機能も追加。
fet_tr_hpa_v4_022.jpg
穴あけ時にキズをつけてしまった失敗をごまかすため、
大口径のノイトリック製TRSコンボジャックを使いました。
fet_tr_hpa_v4_021.jpg
しかし、ケースのふたが閉まらないというトラブルが発生。
ジャック本体と上蓋を削って、なんとか収まりました。
fet_tr_hpa_v4_018.jpg

fet_tr_hpa_v4_005.jpg
fet_tr_hpa_v4_007.jpg
fet_tr_hpa_v4_011.jpg
fet_tr_hpa_v4_012.jpg


音出しして驚いたのは、
設計が異なるはずの旧バージョン、
FET差動ヘッドホンアンプ特有の耳障りの良さが感じられることです。

旧バージョン同様に残留ノイズは皆無で、
低インピーダンスのカナルイヤホンでも心地良く音楽を楽しめます。

メーカー品、自作品合わせて50台を超えるヘッドホンアンプの音を聴いてきたけれど、
この独特のなめらかな雰囲気がFET差動HPAシリーズならではの特徴…というイメージ。

「私のアンプ設計マニュアル」で書かれているような、
ぺるけさんご本人が目指している「良い音の自己形成」というお話、
FET差動シリーズを追う過程で実感できた気がします。

手持ちのVer3と聴き比べてみると、
どちらも低音にインパクトがある音傾向ながら
柔らかく広がるver3に対して、
弾力とキレが加わったver4というイメージで、
元記事に掲載されたレビューの内容に近い印象。

僕の環境では、ver4のほうが分解能と制動感が高く感じられ、
サイズもコンパクトになって僕好み、いい事ずくめ。
過去のバージョンを製作された方も、あえて当機を作る価値があると思います。

素敵な回路と製作例を惜しげなく公開してくださったぺるけさん、
ありがとうございました!
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://mauhead00.blog.fc2.com/tb.php/168-cc09cb3a
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。