--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016.10.02

ぺるけ式トランジスタ式ミニワッターPart5(15v版)製作

情熱の真空管・ぺるけさんが設計された
小型・小出力のパワーアンプ「ミニワッター」シリーズ
トランジスタ式ミニワッターPart5(15v版)を組み上げました。


詳しくは公式よりご確認ください。
----------
■情熱の真空管:トランジスタ式ミニワッターPart5 15V版
http://www.op316.com/tubes/mw/mw-15v-p5.htm

----------



実装にあたり、以下のようなスケジュールで
じっくりと時間をかけて挑みました。

・1-3日目:半導体の選別
・4日目:ケースの加工
・5日目:電源部基板実装
・6日目:信号部基板実装
・7日目:各種配線&動作テスト

peruke_trmw05_001.jpg

部品は全て自分で集めたけれど、
入手難易度が高いディスコンの半導体が多く、
選別のため数を揃える必要もあり、想定以上に手間と時間と費用がかかりました。

今回は放熱穴が開いているタカチのケース、US200を採用。
peruke_trmw05_002.jpg
peruke_trmw05_004.jpg
peruke_trmw05_005.jpg
きれいな放熱穴を開けられる自信がないので、
こういうラインナップが本当にありがたい…。

peruke_trmw05_006.jpg
peruke_trmw05_011.jpg
peruke_trmw05_012.jpg
peruke_trmw05_014.jpg
peruke_trmw05_015.jpg
peruke_trmw05_016.jpg

熱結合の強化を狙って、2sk170のペアに銅箔テープを巻きました。
peruke_trmw05_017.jpg

組み上げたミニワッターV5から出てきた音は
製作の苦労が吹っ飛ぶような素晴らしいもので、
こんな音の良いアンプを自分の手で作れてしまっていいのか、と
罪悪感を覚えてしまったほど。

当機を組み上げる前に一年ほど使っていた
ミニワッターV2と比較すると
全体的な雰囲気は踏襲しつつ、
順当にグレードアップしている事を認識できました。

中でも顕著に感じられたのは低音再生能力の向上。
質も量も「こんなもんかな…」と
なんとなく諦めていたところがピンポイントに改善されていて、嬉しい。

実用面も申し分無く、
ポップノイズやホワイトノイズが無いのは勿論、
放熱に気を使った実装を意識したこともあって本体発熱も皆無。
半導体選別の甲斐あって出力DCオフセットも両chともに1mv以下に収まっていて、
様々な方面でピーキー感のない、安心して使えるアンプになりました。

バスブースト機能もありますが、
僕が使っているPIEGA TS3は低音豊かな音傾向のスピーカーなので不使用、
映画を観る時にONにしようか迷う程度。

当機は文句なくDIYにお勧めしたいアンプではあるのですが、
見た目以上に作業量が多く、手間暇かかるユニバーサル基板の実装が鬼門。
ある程度工作慣れしている向けのプロジェクトと言えます。

毎度毎度、素晴らしい回路と製作例を惜しげなく公開してくださる
ぺるけさんに改めて感謝申し上げます。
ありがとうございました!
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://mauhead00.blog.fc2.com/tb.php/170-bffd9ddc
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。