--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.05.13

【Muse Mini TDA1543 X 4 NOS DAC】デカップリングコンデンサを変更

先日、闇雲にパーツをオーディオ向けコンデンサに変更した
Muse Mini TDA1543 X 4 NOS DACですが、
赤枠部、電源平滑デカップリングに使われるコンデンサが気になります。

電源平滑デカップリングには低インピーダンスのコンデンサを使うのがセオリーらしい。
いくつか候補を選定しましたが、大きなネックとなるのが設置スペースの狭さ。
背の高いパーツを取り付けることができません。
小型でいいのがないかな…と思っていたら、
ビスパで丁度良い物を見つけました。

OS-CONです。
オーディオ機器の電源用などにもよく使われており、
評判の良いコンデンサらしい。
muse_nos_dac_b_023.jpg
公式サイトに書かれていた文を読み、導入を決定しました。
「インピーダンスが理想的な周波数特性で、各種ノイズ除去用としてのデカップリングコンデンサに適しています。」
「リプル電流を多く流すことができ、スイッチングの平滑用コンデンサとして、小型化に適しています。」

容量は20v560μFで、かつ省スペースの小型サイズ。
Muse NOS DACのデカップリング用としてはベストな選択肢になりそうです。

ついでに、TDA1543を冷やすために
チップ用のヒートシンクも買ってみました。
muse_nos_dac_b_024.jpg


取り付け後がこちら。
muse_nos_dac_b_025.jpg
ヒートシンクはTDA1543に直接貼る予定でしたが、
設置面積が狭めなせいか、やや安定性に欠ける(いつかはがれそう)ため、
予定変更して元のパネルの上に貼っておくことにしました。
ぎりぎりケースに干渉しない高さで収まってくれたので、これで良しとします。

DAC本体の改造は、このあたりでおしまいかな…。
muse_nos_dac_b_026.jpg
音質変化はさておき、
自分が手を加えたことで愛着が湧きました。

あとは貧弱なスイッチング電源をなんとかしたい…。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://mauhead00.blog.fc2.com/tb.php/27-d0e04f95
この記事へのトラックバック:
先日、闇雲にパーツをオーディオ向けコンデンサに変更したMuse Mini TDA1543 X 4 NOS DACですが、赤枠部、電源平滑デカップリングに使われるコンデンサが気になります。電源平滑デカップリン
まとめtyaiました【【Muse Mini TDA1543 X 4 NOS DAC】デカップリングコンデンサを変更】 | まとめwoネタ速neo at 2012.05.13 08:09
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。