--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.06.05

Amb Labs MINI3のキットを注文

先日、何か新しいアンプキットを注文しようと思い、
いくつか候補を挙げました。

国内製品の候補も含め、十分に悩みぬいた結果、
まうまうが注文したのは…

ポータブルアンプのAmb Labs MINI3のキット!君に決めた!


部品代だけならかなり安く済むはずのキットですが、
AMB公式の送料が20ドル以上かかることと、
MOUSERやDIGIKEYでパーツを注文すると
7500円以下の注文合計金額の場合、2000円もの送料がかかるため
結局高くついてしまう…という罠がありました。

というわけで、僕はGrass Jar Audioで販売している、
Mini3のパーツ全部入りのキットを注文しました。
送料込みで7500円程度。
「ケースの色を黒かシルバー、好きな方を選んでね」と書いてあるけど
肝心の選択メニューが無いのはサイトの不備なのだろうか。
(Contact Usからオーダーナンバーを添えて
ケースのカラーの指定について連絡をしたら、すぐに指定受付の返事が返って来ました。)

想定していた金額より少々高くついてしまいましたが、
250mahのニッケル水素充電池(Accupowerの電池?)がセットに含まれている事が
注文の決定打となりました。

MINI3のケースは電池を入れるスペースが狭く、
大きいサイズの9V電池が入らないらしい。
最悪、電池ジプシーになり、さらなる散財が…という未来が垣間見えたため、
専用キットに含まれている電池なら確実に入るだろう…という安全策。

最も安く済ませるには、AMB公式のみでパーツを注文して
残りのパーツを秋葉原と国内ネット通販で買い揃えるというのが良さそうです。

今回は、AMB公式に記載されている基本パーツを大きく変更せず、
プレーンに近いMINI3を作ってみようと思います。(予定)
でも、デフォルト設定のゲイン(×5)ではイヤホンが使いづらいと思うので
これを(×3)か(×2)に変更するため、抵抗は変更予定。

また国内でのMINI3製作記事を見ていると
電解コンデンサをオーディオ向けコンデンサに変更する方が多いようですが
AMB公式では低インピーダンス品の使用を推奨していることから、
ここを一般的なオーディオ向コンデンサに変えると
ヒスノイズが出てしまうかも…などと想像しています。

ACアダプタは上記セットに付属していないため、別途調達する必要がありますが
秋月電子あたりで安く買えそう。


グフフ、到着が楽しみすぎる…!
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://mauhead00.blog.fc2.com/tb.php/34-9e9abbd3
この記事へのトラックバック:
先日、何か新しいアンプキットを注文しようと思い、いくつか候補を挙げました。国内製品の候補も含め、十分に悩みぬいた結果、まうまうが注文したのは…ポータブルアンプのAmb Labs MIN...
まとめtyaiました【Amb Labs MINI3のキットを注文】 | まとめwoネタ速neo at 2012.06.08 02:58
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。