2012.06.26

【AMB Labs Mini3 Portable Amplifier DIY Kit】完全死亡のお知らせ

組み立てたはいいけど、想定外の渦電流とオフセット、
さらに片方しか音が出ない不具合が発生していたMINI3です。

前回、怪しいと思っていた抵抗とOPA690を交換した所
全く変化がない所か、症状が悪化してしまったので、
電子回路に詳しい方のアドバイスのもと、
望みを託してTLE2426とAD8397の交換をすることにしました。


オペアンプとレールスプリッター、電解コンデンサを取り除いた所です。
amb_mini3_016.jpg

SOICの外し方は、よく切れるカッターで足を切りとってICを抜き取り、
その後ハンダ吸い取り線で足とはんだを取り除く…といった感じらしいのですが。
なんと、パターンが剥がれてしまいました。(赤枠部分)

ああ…やっちまった…
ICの裏についていた放熱パッドがパターンに強力に張り付いていたため、
ちょっと力を入れてペリっと剥がしたら、
IC本体と足とパターンが全て同時に剥離しました。テヘペロ。


4,7,8番は問題無さそうなのですが、3番のパターンが完全になくなってしまいました。
もう、駄目なのか…?

いや、絶対に諦めないぞ!


結果、切り取ったリード線をオペアンプに半田付けすることで、
なんとか通電経路を確保しました。(赤枠)
amb_mini3_018.jpg

周りの部品が残ったままなので、
あまりに狭すぎる作業範囲に苦戦し
長時間半田ごてを当てた結果、
抵抗の端が黒く焦げてしまいました…。
さらに、ボリュームの端もちょっと溶かしてしまった…。
オペアンプも複数回交換したため、基板もそうとうボロボロな事に…。

で、通電テストをしてみた所、なんと正常範囲。
漏れ電流も、無視して良いレベルに収まっていました。
原因はご指摘通り、ICのAD8397にあったようです。


期待を込めてイヤホンを接続して、音を聴いてみました。

やった!音が出た!
左側からしか聴こえないけどね!







…というわけで、
僕のMINI3製作は延長戦の努力の甲斐無く
完全敗北という形で終わってしまいました。
後々買い足したパーツで3000円ほど消費しているので
11000円がガラクタに変わった結果です。

ワーキングプアなまうまうにとって、
この結果はとてもショックであった。

ああ、夢であってくれ…。




悲しみに暮れたまうまうは、
AMB公式でmini3のパーツを再注文。
amb_mini3_019.jpg
ショックが冷めやらぬうちのヤケ買い。

ケースやアダプタなど、大体の部品はすでに揃っているので
比較的低価格で再製作が可能、
ならやるしかない!

1セットの追加でも良かったのですが、
最悪の事態を想定して2セット分の注文をすることにしました。


秋葉原で足りない部品を買い集めるついでに
一緒に買った秋月変換基板を使い
SOICの半田付け練習をしました。
前から気になってたOPA2227。
OPA2227.jpg
なるほど、半田は本当にちょこっと乗せるだけでいいのね…。
(ちょっと盛りすぎた)

今回、かなり落ち込んでしまったのですが、
失敗もDIYの醍醐味ということで
今後の教訓として生かして行けたらいいなと。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://mauhead00.blog.fc2.com/tb.php/38-9a71bf03
この記事へのトラックバック:
組み立てたはいいけど、想定外の渦電流とオフセット、さらに片方しか音が出ない不具合が発生していたMINI3です。前回、怪しいと思っていた抵抗とOPA690を交換した所全く変化がない所か
まとめtyaiました【【AMB Labs Mini3 Portable Amplifier DIY Kit】完全死亡のお知らせ】 | まとめwoネタ速neo at 2012.06.27 13:55
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する