--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.07.23

【JDS Labs cMoyBB V2.03R】製作レポート

先日基板が到着したJDS Labs cMoyBB V2.03Rですが、
足りなかった抵抗と、AカーブのボリュームRK97 10kΩを秋葉原で買い足し、
いよいよ製作開始です。

ご覧の通り、使用パーツも少ないので
かなり安く作れます。

そして、一気に半田付けが終了しました。
ああ、もう終わってしまった…。
JDS-Cmoybb_005.jpg
今回もオヤイデのSS-47で半田付けしました。
音響向けの無鉛銀はんだといえばとにかく扱いづらいイメージがありますが、
SS-47は半田の乗りが良く、使いやすくて助かります。

裏面はこんな感じ。
JDS-Cmoybb_006.jpg

これでもう聴けるようになっているはずなのですが、
ケースに組み込む前に通電チェックを行います。

まず電池を装着して電源をON、
音声出力ジャック部分にテスターを当てて、
オフセットが出ていないか確認します。

当機cMoyBBの場合、音声出力ジャックにプラグが挿さっていないと
通電しない仕組みになっているので、
壊れても痛くない100円カナルイヤホンを差し込んだ状態で測定します。

オフセットの測定方法ですが、
テスターの「導通検査」の「DC」に目盛りを合わせ、基板を裏返し、
テスターリードの赤い針を音声出力ジャックのR、
黒い針を音声出力ジャックのGNDに当てます。

R側とL側両方をチェックし、
テスターに表示される電流がほぼ0に近い数値(~10mvくらい)を超えなければ、
概ね問題ないらしい。

当機cMoyBBの場合、バスブーストスイッチONの状態で
オフセットが20mv以内なら大丈夫、とのこと。(公式より)

過剰な漏れ電流が発生している場合、どこかの半田部分が短絡している可能性が高いそうで、
僕が製作失敗したMini3は
オペアンプの足に半田を過剰に流し過ぎたことにより、短絡が発生し、漏れ電流が出ていたようです。

以上、オフセットの正しい測定方法を詳しい方に教わったので、ここに記しておきます。
(いつもありがとうございます)

で、当機のオフセット測定をしたら2mvほど、正常範囲でした。(良かった)
次に実際に出音を聴いて、左右からちゃんと音が出ることを確認しました。


無事に音が出た時の喜び、格別だ…!



それではいよいよケースに組み込みます。
ケースと基板裏を絶縁しないとショートしちゃうので、
ビニールテープを貼ります。
JDS-Cmoybb_007.jpg
あとは、電池を収納するために電池抑えスポンジを側面に貼り、
実際に基板をケースに組み込めば…






できた!かっこいい!
JDS-Cmoybb_008.jpg

スイッチ付きボリュームを採用しているため、
出っ張ったトグルスイッチなどがなく、持ち運びもしやすそうです。
JDS-Cmoybb_009.jpg

入出力のジャック側は金具で固定できるようになっており、
ミント缶に開けた穴を隠せるようになっているため、見た目もいい感じ。
JDS-Cmoybb_010.jpg

側面は5mmのLEDと、1.3mmのAC入力ジャックがあります。
LEDの穴にはグロメットをかぶせています。
JDS-Cmoybb_011.jpg
ACジャックの穴は若干ずれてしまい、多めに穴を広げているため
ちょっと見た目が良くないですが…まあ感じ感じ。

蓋をあけるとこんな感じ。
JDS-Cmoybb_012.jpg
さすがミント缶に組み込むために作られた基板だけに、
綺麗に収まってくれました。

小さな基板に、部品がかなり密集しています。
JDS-Cmoybb_013.jpg

音声信号に関わる部分の抵抗は、
タクマンの音響用金属皮膜抵抗、REYを使用しました。
ゲイン設定4倍の抵抗値を選択しています。
JDS-Cmoybb_014.jpg
二箇所、10.2kΩの抵抗がどうにも見つからなかったため
10kΩで代用しようと思ったのですが、
秋葉原のラジオデパート内店舗、桜屋電機店に
スペイン製 PIHER 10.2K 0.4W 10本セット100円 という
金属皮膜抵抗が売られていたので飛びつきました。僥倖!
黒い抵抗は見た目もいい感じ。

フィルムコンデンサは、
赤い基板に映えそうな白いフィルムコン、
KEMET MMKを採用しました。(中身の見た目は重要)
JDS-Cmoybb_015.jpg
JDS-Cmoybb_016.jpg

基板内部スペースにかなり余裕があることがわかっていたので、
アルミ電解コンデンサは特大のニチコンKZを
横倒しにして無理やり詰め込んでいます。
JDS-Cmoybb_017.jpg


オペアンプは先日半田付けしたOPA2227を使用します。
最近一番お気に入りのオペアンプです。
JDS-Cmoybb_018.jpg

当機cMoyBBv2.03の売り、
バスブーストスイッチです。
JDS-Cmoybb_019.jpg
どうせこのスイッチをONにすると
寸詰まりした低音ボワボワ音質になるんだろう、とたかをくくっていたのですが
実際使ってみると良い意味で期待を裏切られまして、
非常に自然な低音増加効果が得られました。
最低域だけを一回り持ち上げる印象で、ネガティブな印象がありません。


電池スナップのリード線の根元にホットボンドを流し込み、
断線対策を施します。
JDS-Cmoybb_020.jpg

ACプラグを差し込むと、基板内部のLEDが光ります。
JDS-Cmoybb_021.jpg
この状態で電池の充電、AC駆動、両方が賄えます。

充電完了時にLEDが消えるとか、そういうったギミックはありませんが…。

マニュアルによると、200mAhのニッケル水素充電池をフル充電するのに
12時間ほど必要とのことで、
およそ16-18mAほどの電流を電池に流して充電している仕組みであると予測できます。

充電にとても時間がかかるように感じられますが、
これは多少の過充電が発生しても電池が痛まないよう、
また誰が扱っても事故が起こらないように安全に設計されているものと思われます。


また、当機cMoyBBには
TLE2426を追加することによる仮想グラウンド強化、
9v電池を2本使用することによる±9V駆動など、
いくつかのモデファイ機能を追加する事ができるのですが、
前者は駆動時間が半分になる点、
後者は重量が増加することによる取り回しが悪化する点など、
大きな欠点が同時に存在するため、やめておきました。




そうして完成したcMoyBB V2.03Rを一日中聴いてみた感じ、
やはり同じcMoy回路の特徴なのか、
Choco Mori AMP同様若干中低音寄りで、柔らかめ、パワフルな印象です。

僕の音バランスの好みと合致していることもあり、
非常に好ましい、良い音と素直に思えます。


使い心地について、
可変抵抗器をわざわざBカーブからAカーブに交換した効果は大きかったようで、
ボリューム調整がストレスなくスムーズで、ギャングエラーもありません。

ゲインはデフォルトより低めの4倍に設定しているのですが、
それでも若干高めで
通常のイヤホンであればボリューム9時あたりで十分な音量が取れます。

これがデフォルトの「ゲイン6倍、Bカーブボリューム」だったら
さぞ音量調整が大変だったことでしょう…。

そして現在、200mahのニッケル水素電池で電源をつけっぱなしにして
音楽を聴いているのですが、
駆動時間24時間を超えてもバッテリーが切れる気配がありません。
相当長持ちするようです。


さすがに高能率のヘッドホンを鳴らすと粗が見えてきそうですが、
こんな少ないパーツでこんないい音が出るなんて、
恐るべしcMoyアンプ…!!


アンプDIYが楽しすぎるので、またちょくちょく作って行きたい。
廉価帯のポータブルアンプキットを制覇する勢いで。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://mauhead00.blog.fc2.com/tb.php/43-d5148cb9
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。