--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.07.26

MUSE NOS DACコンデンサ交換

5月に購入したMuse Mini TDA1543 X 4 NOS DACですが、
先日のcMoyBB製作時と一緒に、気になっていたコンデンサを変更しました。
muse_nos_dac_b_028.jpg

一部のフィルムコンデンサの容量の読み方がわからず
そのまま使っていたのですが、
先日見なおしてみたら容量が読めるようになっていた事に気付いたので、
せっかくなので気になるフィルムコンを使ってみました。
muse_nos_dac_b_029.jpg

変更後がこちら。
muse_nos_dac_b_030.jpg
コンデンサ類をほぼ全て変更してしまった…。(意味あるのか?)

アナログ部に容量0.0022μFのEPCOS製積層ポリエステルフィルムコンが使われていたので、
ちょっとグレードアップを、と思いWimaの積層ポリプロピレンフィルムコンデンサ、
MKP2に交換しています。
muse_nos_dac_b_031.jpg

同じくEPCOSの0.068μFのフィルムコンを、EROの1817に変更。
muse_nos_dac_b_032.jpg
周りのフィルムコンと色を合わせることができて満足。

このMuse Mini TDA1543 X 4 NOS DACですが、
出音印象はファーストインプレの時と変わらず
レンジが若干狭く、とても高音質とは言いがたいのですが
低音が良く出て理屈抜きで楽しく聴けるので、結構出番が多いです。

Yケーブルを挿して、主に自宅でポータブルアンプを使って音楽を聴きたい時に
活躍しています。
低音が良く出るヘッドホン・イヤホンで聴くと低音がさらにモリモリになりますが…。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://mauhead00.blog.fc2.com/tb.php/44-818a5096
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。