--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.08.14

【Leijine A496plus type1 Headphone Amplifier】基板到着と製作準備

先日注文した、Leijineのヘッドホンアンプ基板、
A496plus type1が到着しました。

ついでにSOICの変換基板も一緒に注文。

正確には、先週頭の時点で到着していたのですが…。


このA496plus type1の基板に関して、
まうまうが注文した8月頭の時点で、
最新ロットの基板に一箇所、パターンのミスが見つかったため、
修正バージョンの発注をかけている所だそうです。

パターン修正済みの基板を受け取るためには数週間待たねばならず、
このままでは夏休み工作がご破算になってしまう…という最悪の事態となってしまったのですが、
Leijineさんのご提案により、修正すべきパターン部分を手作業でカットしてもらった基板を
送って頂けることになりました。

Leijineさんの対応はとにかくきめ細かく丁寧で、とても好感のもてるものでした。
やさしい説明書と合わせ、ファンになってしまいそう…。

基板は予想以上に小さなものでした。
Leijine_A496_002.jpg
10cm×8cm程度の小さめの基板ですが、
ご覧のとおり実装スペースがぎっしり詰まっています。
極太のパターンと金メッキが頼もしい。

裏面です。
Leijine_A496_003.jpg
LME49600の放熱のためのサーマルスプレッダが目立ちます。

Leijineさんに修正してもらったパターン部分です。
Leijine_A496_004.jpg
今後の注文分に関しては、該当箇所の間違いを修正した基板を
送ってもらえるはず。

基板のサイズ参考。
Leijine_A496_005.jpg
左からGraham Sleeのポータブルアンプ、Voyager、A496plus type1基板、9V電池2本。


A496plus type1の基板と一緒に注文した、SOIC-8/DIP-8変換基板です。
Leijine_A496_006.jpg
1回路入りのSOICオペアンプを両面に実装することで、2回路入りDIPオペアンプとして
使えるようにする、という変換基板です。
SOICの実装はまだまだ慣れていないので、練習の意味も兼ねて購入。

変換基板といえばBROWNDOGが有名ですが、
天邪鬼でマイナー好みのまうまうはあえて手を出さないっ…!


説明書を元に部品を揃え、
いよいよ制作準備が整いました。
Leijine_A496_007.jpg
(この後、いくつか買い忘れが発覚して秋葉原で買い足しましたが…。)

ボリュームは高級オーディオ定番のRK27を使おう…と思って
門田無線で購入したのですが、ここで問題発覚。

ツマミをためしに装着してみたら、ボリュームのシャフトが長すぎて
ケースとツマミの間に大きな隙間が開いてしまう…。

このままではあまりに不恰好すぎる!

僕が買った門田無線のRK27はシャフト長が30mmですが、
一般的なボリュームのシャフトは平均20~25mm程度のようです。

ボリュームかツマミを買い換えないといけないのかな…と
頭を抱えていたのですが、文明の利器Googleさんに相談した所
そういう時は金ノコでシャフトを切断すると良いとの事。

想定外の出費となりましたが、東急ハンズで購入した400円の金ノコを使って
切断しました。
Leijine_A496_008.jpg
思いの外簡単に切れて、金ノコの威力すげえ…!と関心。

そして想定外の出費ついでに、
念願の電動ドリルをAmazonで購入。
Leijine_A496_009.jpg
Leijine_A496_010.jpg
これでアルミケースの穴あけも怖くないぞ!
(財布がペラペラになった)

いよいよ据え置きヘッドホンアンプの製作準備が整ったので、
近日中に作業していきたいと思います。

ちょっと作るのがもったいない気持ちもありますが。
楽しみだなあ!



おまけ:この数カ月のアンプキットDIY経験で、「言葉」でなく「心」で理解した事

・DIYはお買い得ではない
・「新しい試み」には、必ず「想定外の事態」がついてくる
・秋葉原は宝の山
・自分で作ったアンプから出る音は格別
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://mauhead00.blog.fc2.com/tb.php/46-8b6cee6e
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。