2012.10.08

【ぺるけ式FET差動ヘッドホンアンプ (DC12V)】製作レポート

細々と製作準備を進めていた
ぺるけ式FET差動ヘッドホンアンプの製作準備がいよいよ整ったので、
休日に組み立てを行いました。

ケース加工とボリュームシャフトの長さ調整は既に済んでいるので、
あとは中身のパーツ配置と、半田付けのみ。

-------------------------------------------
■ケース加工のレポートはこちら
次回製作予定の据え置きヘッドホンアンプを選定
-------------------------------------------


パーツ類は、ほぼ全てぺるけさんの頒布品を分けて頂いたものを使用しており、
残りのパーツは秋葉原で調達しています。

まずは、半固定抵抗機の真ん中の足を
片方の足に半田付けしておき、いよいよ実制作準備完了となります。
peruke_006.jpg


次に、完成見本図を参考にしながら
ラグ板の穴にジャンパー線とケーブルを差し込み、
仮固定をしていきます。
この後、いろいろなパーツをさらに差し込むので
まだ半田付けは行いません。
peruke_007.jpg
さっそくごちゃごちゃしてきて、わけがわからなくなってきた…

実は、この結線作業にあたり、終わりかけの段階で
「ラグ板の表と裏を間違える」というミスに気づいてしまい、
二回同じ工程をやり直しています。(時間かかるわ…)


配線が終わったら、
すべてのパーツをラグ板の穴に差し込み、
リード線を折り曲げて、抜け落ちないように仮固定しておきます。
まだまだ、この時点ではまだ半田付けは行いません。
peruke_008.jpg
今まで作ってきたお気楽なアンプキットの基板では
背の低いパーツから順々に半田付けしていく、という手順が基本だったのですが
このラグ板配線のぺるけ式FET差動ヘッドホンアンプを作る場合、
ラグ板の穴一つを複数のパーツが共有していることが多く、
これらを一回にまとめて半田付けする必要があります。

さらに、ここでミスがあると後々の修正が大変な事に…
最悪、修復不可能になる可能性もあるため
何度も見本図と照らし合わせ、ミスが無いかチェックします。


パーツ配置が正しいことを確認したら、一気に半田付け!
peruke_009.jpg
ラグ板の導通金属面は面積が広く、厚みもあるため、
蓄熱量の多いこて先を使わないと
イモハンダになる可能性が高そうです。

そして何度も確認したにもかかわらず、
配線忘れがあったことに気付き、一箇所半田付けをやり直しています。
ラグ板の穴は非常に広く、またパターン剥がれなどの心配もないので
とても修正しやすかった。


裏面はこんな感じ。
peruke_010.jpg
(カオスだ…)

ご覧の通り、
このラグ板の裏側を縦横無尽に走る配線ケーブルの隙間に
半田ごてを差し込み、半田付けしていくことになります。
場所によって、ケーブルと半田ごての接触は避けられない事もあり
「耐熱電子ワイヤー」の使用が必須…と思います。
(配線を表面に持って行ったり、配線に遊びを多く持たせるなど、工夫しどころはあります)


実装基板の完成後、
rcaジャック、ボリュームなどの配線半田付けを行いました。
ラグ板裏側の配線は耐熱電子ワイヤーを使用していますが、
こちらの配線はMOGAMIの2514を使用し、ちょっとだけこだわりアピール。
peruke_011.jpg
各配線は作業性を最重視し、少し長めに引き回しています。
本当はもう少し短めにしたほうがスマートなんだろうけど…。

これでもう音が出るようになっているはずなのですが、
ケースに組み込む前に通電テストと各種チェックを行います。


そしてありがたいことに、通電、各種チェックにより
正常に動作していることを確認できました。





それでは、いよいよケースに組み込み…








できたー!かっこいい!!
peruke_012.jpg
peruke_013.jpg

今回はLED付きのロッカースイッチを採用しており
無機質ながらスマートでカッコいい仕上がりになりました。
peruke_014.jpg
(ぺるけさんの製作例と基本的に同じパーツを使用しています。)

改めて、内部の紹介です。
peruke_015.jpg
ケースはタカチ製HEN110420を使用しています。
ご覧の通り、ケースに対し長さ、高さともにギリギリぴったり合う感じで、
この無駄の無さはとても気分がいい。

コンデンサ類も、ぺるけさんの頒布品を使わせていただきました。
peruke_017.jpg
peruke_018.jpg
東信の低ESRコンデンサUTWRZと、通常品です。

ただし抵抗だけは、僕が使ってみたかったオーディオ用カーボン抵抗、
タイヨームのFTR33Sを使用しました。
peruke_019.jpg
海神無線で一本30円で売っています。
温かみのある音が特徴…らしいので、
僕好みの音が出てくれることを期待。

正面部分を裏から。
peruke_020.jpg

裏側は若干余裕がない感じ。
peruke_021.jpg
RCAジャックは横並びにしても良かったかなあ。


こんな感じでいよいよ音楽を聴いてみたのですが、
な、なんだこれ…

信じられないほど音がいい…!

こ、こんなに安く作れちゃっていいんだろうか…。


音響会社のモニターに正式採用されたという話から、
角が取れつつも、シャッキリした音質なのかなぁ…なんて想像していたのですが
僕の作ったぺるけ式FET差動ヘッドホンアンプに関してはそんなことはなく、
柔らかく聴き疲れのない、実に心地いい音質です。

いろいろなブログで絶賛され、フォロワーを生んでいる理由が
実際に体験してみて理解できた気がします。


レビュー記事書きました。
--------------------------------------
【ぺるけ式FET差動ヘッドホンアンプ (DC12V)】レビュー
--------------------------------------

20121118追記:
その後、15V電源を使ったver.3へのアップデートを行いました。
--------------------------------------
【ぺるけ式FET差動ヘッドホンアンプ】Ver.2からVer.3へアップデート
--------------------------------------

20130411追記:
さらにその後、コンデンサ容量増量&プリアウト端子を追加した二台目のFET差動ヘッドホンアンプを製作しました。
--------------------------------------
【ぺるけ式FET式差動ヘッドホンアンプ Version 3】製作レポート(2台目)
--------------------------------------

このような素晴らしいアンプを企画してくださるぺるけさんに
心より御礼申し上げます。
ありがとうございました!!
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://mauhead00.blog.fc2.com/tb.php/58-fc5ff1fd
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
眠れぬ夜にうろついていたら、
何故かいきなり見つけてしまいました。
どうもです。

>柔らかく聴き疲れのない、実に心地いい音質です。

はい、プロだってそういう音で仕事したいんです。
Posted by at 2012.10.09 04:06 | 編集
ぺるけさん

ま、まさかご本人からコメントを頂けるとは夢にも思いませんでした。
この度はありがとうございます。

このぺるけ式FET差動ヘッドホンアンプの音は
僕の中で凝り固まっていたオーディオアンプのイメージを大きく覆すものでした。
本当に驚いています。

プロユースの音に対するイメージも改める必要がありますね…。
Posted by まうまう at 2012.10.11 01:41 | 編集
管理者にだけ表示を許可する