2013.02.24

mini3製作失敗と、3月の予定について

余分に買っておいたAMB Labsのポータブルアンプ、mini3の基板を余らせていたので、
せっかくなので週末に部品の半田付けを行いました。

作業そのものは順調だったのですが、
半田付けが全て終了したあと、
電池スナップ裏側の出っ張りをニッパーで切り取ろうとした所で「バチッ!」と火花が飛び、
その時のダメージが原因と思われますが、オペアンプが壊れてしまい、またもや製作失敗となってしまいました。

ああ、またやってしまった…(失敗2台目)

原因を探ってみた所、電池スナップの半田付けと、その後の処理に問題があったようです。

9Vの電池スナップを確実に半田付けするため、
上記のように、あらかじめ放電しておいた9Vニッケル水素電池を取り付けた状態で半田付けを行ったのですが、
放電しきったつもりでも若干電気は流れていたらしく、
半田付けを行ったあとに触れたニッパーにより短絡が発生し、
その時のショックでオペアンプが壊れてしまったらしい…という流れ。

一台目の製作失敗も、これが原因だったのかもしれません。

通電している事を意識して取り扱わねば危険ということを理解しました…。
(この場合、半田付けが終わったあとで電池を取り外して電源スイッチを入れ放置することで、
放電をしっかり行う必要があったみたい。

悔しいので再製作したい気持ちはありますが、他に優先すべきものがあるので、ちょっと保留予定。






話は変わって、今後の予定について。

次回はいよいよスピーカー向けのアンプの製作にチャレンジしてみようと思います。

僕の部屋は狭く、設置スペースが限られるため、フルサイズのプリメインアンプを置く事ができず
現在はONKYOのハーフサイズプリメインデジタルアンプ、A-905FX2を使って、
スピーカーのFOSTEX GX100に接続してPCオーディオを楽しんでいます。
Onkyo-A-905FX2_024.jpg
(中身ぎっしり)

現状に特に不満はない…と言いたい所なのですが
デジタルアンプ特有の硬質な音がどうも好きになれず、
そのため極小サイズの中華系デジタルアンプにも食指が伸びない状況でした。
(Toppingのデジタルアンプを買ったことがありますが、こちらも好きな音ではありませんでした)

電子工作の候補はかねてより色々考えていたのですが、
上記の理由からデジタルアンプのキットは作る気がせず、
かと言って大仰で本格的な巨大アンプは作れる気がしないし、サイズの制約もある…

そこで僕が製作を考えたのは、
僕が去年製作して、今でも一番気に入って愛用しているディスクリートヘッドホンアンプ、
ぺるけ式FET差動ヘッドホンアンプの設計者である、ぺるけさんが提唱している
真空管アンプDIYプロジェクト「ミニワッター」です。

ちゃんとした真空管アンプの音を聴いたことがなく、興味をそそられたという点と
僕のような初心者でも作れるように制作手順が細かく記載されている点、
今使ってるプリメインアンプの音量ボリュームを9時より先に回したことがない(そんなにパワーはいらない)ので、1W未満の小出力アンプでも十分だろう…と思った点、
FET差動ヘッドホンアンプ同様、多くのフォロワーが製作しており評価も高い…
という点などが決め手になりました。


製作に向け、ぺるけさん著書である「真空管アンプの素」を購入しました。
初心者でも理解しやすい内容となっており、僕のような素人には最適な一冊…らしい。
miniwatter_001.jpg
これを読んで、アンプ回路の理解も少しずつ深めていきたいなあ。

この著書では、1W未満出力の小出力ながら
音質に定評があるミニ真空管パワーアンプ「ミニワッター」についての情報と、
僕のような素人でも作れる「2段直結シングル・アンプ」の実装配線図などが記載されており、
非常に好奇心を刺激される内容です。


3月は、この著書に掲載されている最もシンプルな「6N6P 2段直結シングル・アンプ」を製作すべく、
少しずつ準備を進めています。

製作に関して、一番の難所はヘッドホンアンプなどよりも複雑で立体的なケース加工が要求されるという点ですが、
幸いにして、ぺるけさんが製作に使用した「ミニワッター用加工済み汎用シャーシ」を現在進行形で頒布されているため、
このご厚意に甘えさせていただく予定です。

この汎用シャーシのケースサイズも「ミニサイズ」と呼ぶにふさわしいコンパクトさで、
僕のような狭い部屋でも置けるというのがうれしい。


まずは製作に向け部品集めから始めます。

ああ、楽しみだなあ…!
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://mauhead00.blog.fc2.com/tb.php/84-a6e9312b
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する