--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.03.13

【Lovely Cube Premium】オペアンプ三種聴き比べ

先週の土日はずっとLovely Cube Premiumで音楽を聴いていました。
いつまでも音楽に浸っていたかったのですが、
最終的に聴き疲れと頭痛でギブアップしたまうまうです。

音楽を聴く時には適度な休憩を取りましょうね…。

というわけで、Lovely Cube Premium+オプション、
三種のオペアンプをそれぞれ8時間くらいずつ聴いた印象です。


先日も書きましたが、
まずはデフォルト構成のOPA2134UA。
(何故DIPタイプじゃないのだろうか)


一聴して”クール系”とわかる固めの音。
艶やウォームさとは無縁です。
その分、全ての音のベールを一枚剥いだような
分析的でシャープな切れ味が気持ちいい。
基本的にはすっきりしていて素っ気無いように感じられますが、
音場が広く、飽きさせません。
HD-1Lの厚みのある音に慣らされた僕としては
若干高音寄りの音に感じます。
ダブステップを聴く時などに必要なごく低い低音が出ておらず、
ヒップホップをはじめとしたクラブミュージックを聴くには不満を感じます。

キャラクター的には同じくクール系の
HD53R ver.8.0の音に近いのですが、
一聴して高音に癖を感じない点と、
低音の厚みに差を感じます。
(Lovely Cube+OPA2134UAのほうがすっきりした音)

次に、OPA627AU(両面実装基板)+A級バイアスソケット。
3.49mAのほうを使いました。
LCP_006.jpg

一転、滑らかな音になります。
硬かった音が若干柔らかくなり、
低音の広がりが出てきます。
基本キャラクターがクール系(と思われる)Levely Cube Premiumに
温かみが加わって、非常にバランスが良いです。
解像度に関しては少し落ちる印象ですが、
決して分解能が落ちるとか、ネガティブな印象でもなく、
OPA2134UAは聴こえてほしくない粗までもがむき出しになるのを
OPA627AUは上手いこと隠してくれ、音楽性が豊かな印象。

※OPA627はバーンインにとても時間がかかるらしいので
もっと長い目で経過を見る必要がありそうです。


次に、OPA2111AMです。
なんだかすごい見た目になっちゃったぞ…。
LCP_005.jpg

結果から言って、
実力とインパクトはOPA2111AMが頭ひとつ抜けてます。
とても音場が広い。
上記二種も当然広いのですが、現状頭ひとつ抜けてます。
K702で聴いていると、
ヘッドホンの外側まで伸び伸びと音が広がっていくのがわかります。
Lovely Cube Premiumで使うとこんなにすごいのか…と驚きです。

インパクトが強すぎて他の部分があまり細かく感じられなかったのですが
定位や音バランスに不満もないので、しばらくはこれで行きます。



…以上、大げさに書きましたが、Lovely Cubeの

・寒冷系
・音場が広い
・低音の沈み込みがいまいち(やや腰高)

という印象はオペアンプを変更しようが
変化するわけではなく、
あくまで少々の味付けをしてくれるという程度のものと思います。

BCLでも採用しているOPA2134で聴くのが、
当機の個性を生かすためにも最良の選択肢であるような気もします。
次はOPA2134にバイアスソケットを履かせて聴いてみよう。

しばらくは楽しめそうです、Lovely Cube Premium!

スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://mauhead00.blog.fc2.com/tb.php/9-4bed2164
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。