--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.04.30

Ultrasone PRO900用の交換用ケーブル作成、他

いよいよゴールデンウィークがはじまりましたね。
飛び石のような出勤日に有給を取って9連休…なんて方もおられると思います。

僕は相変わらずの平常運行ですが…。

ともあれ、休日の土曜日に秋葉原へ行き、お買い物をしてきました。

(お昼に食べた、スターケバブのイフティヤール)

まずトモカ電気で買ってきた、ノイズフィルター付き電源タップ、
FURMANのSS-6Bです。
ss-6b_001.jpg
現在、僕がメインで使用している電源タップはBELDENのPS-1650です。
PS-1650は本体の重さ、機能性、ノイズ耐性共にオーディオ向けに使用するために必要十分な性能を持っている事を実感しており、
特に不満なく使って来ました。

しかし、この一年で作ってきたアンプに接続するために必要なタップが増えすぎて、騙し騙し使い続けるのも限界と感じ、
いよいよ助っ人のSS-6Bさんにお越しいただくことになった次第。
ss-6b_002.jpg
このSS-6Bはケーブル長が無駄に長く、4.5mもあります。
しかしこの仕様は僕にとっては都合がよく、
僕の部屋の隣の作業部屋で遊んでいる壁コンセントから引き回す予定で購入した電源タップなので、価格、仕様、機能、全てが僕の中でちょうどよく、良い買い物ができました。


続いて、ちょっと長めの同軸デジタルケーブルが欲しかったので、
トモカ電気でカナレの75Ω同軸ケーブルL3C2V(1m/90円)を買ってきました。
130429_001
長さは1.5m、プラグはモガミの7551、ついでに保護チューブをかぶせてみたら、
材料費1000円少々のものですが、
それなりに見た目の良い同軸デジタルケーブルの完成。
130429_002


次に、オヤイデ電気に寄ったら「ACROTECの6N銅2芯シールド線」225cmの端切れが600円という安さで売られていたので、これを利用してUltrasone PRO900の交換用ケーブルを作成しました。

プラグ類は、AKGのK702のリケーブルと同様、1年半ほど前に買っておいたもので、
作る勇気がなく放置していたものがあります。

せっかくなのでこちらも活躍させてあげようね…。


さっそくミニプラグに半田付け…と思って作業したら酷いことに!
130429_003
線材の皮膜とプラグの樹脂部分を溶かしてしまいました。

導通は問題ないようですが、皮膜が溶けてしまった所から、いずれ短絡が発生してしまうかもしれません。
このオヤイデのミニプラグ、半田乗りが悪すぎる上に製作難易度が高い気がする…。

しかし、1年半前当時から、このような事態が起こることは想定しており、
予備のストックが用意されていました。一安心。一年半前の自分、GJ。
130429_004
前回の反省を踏まえ、今度はなんとかうまくいきました。

次は、ミニプラグの反対側、ステレオ標準プラグの半田付け。
…やっぱりこのオヤイデのプラグ、半田乗りが悪すぎる…。
130429_005
そして、GNDの半田付けをするべき所に謎の紙のようなものが挟まっており、邪魔に感じました。
絶縁はしっかりできるだろうけど、GNDの半田付けが出来ないじゃないか!

…ちょっと考えた末、カシメ部分の裏側にシールド線を潜り込ませて圧着することで、半田付けすることなく導通を確保することに成功しました。


というわけで、Ultrasone PRO900交換用ケーブル完成!
130429_006
当初はケーブルに保護チューブをかぶせる予定でしたが、プラグ経とケーブルの太さが同じくらいで、
保護チューブが干渉する事が判明したので、諦めました。
プラグはオヤイデのP-3.5 SRHPとP-240Tを使用しています。
(作業性に難を感じたので、もうオヤイデのプラグは使いたくないなあ…)

一年半前の当時、Ultrasoneの交換ケーブルとして使用できるステレオミニプラグは、上記「P-3.5 SRHP」しか無かったと記憶していますが、今ではどうなんだろう。

130429_007

オヤイデで売っていたこの6N銅2芯シールドケーブルは、
ACROLINKの旧社名である「ACROTEC」のケーブルであると記載されていたことから、
かなり古めのデッドストック品のようです。
130429_008
現ACROLINKのホームページでは、
ケーブルの純度表記をするにあたり、厳しく徹底した基準を元に公表しているとの説明が書かれています。

このケーブルに関しても、信頼できる確かな品質であることは想像に難くありません。

標準ケーブルとの音質差はさておき、
このように自らの手でオーディオ環境にメスを入れられるのがとても嬉しく、
改めて電子工作の楽しさとよろこびをかみしめる昨今です。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://mauhead00.blog.fc2.com/tb.php/94-d2a84ea4
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。