--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.10.25

SennheiserのDJモニター向けヘッドホンHD25-13IIを購入

ヘッドホンマニア御用達、HD25-1IIの亜種!

状態が良い中古品が格安で売られていたので
衝動買いしてしまいました。

HD25-13IIは
Sennheiserのプロモニター用ヘッドホンHD25シリーズのうちの一つ、
600Ωのハイインピーダンス仕様。
3mのOFCケーブルが付属していて、屋内使用を想定しているよう。
hd25-13ii_001.jpg

当機で音楽を聴いてみると
強い制動感と弾力を兼ね備えた低音の出方が特徴的で、
「陸上選手」「ボクサー」を連想させるような瞬発力の高さが感じられます。

他所で公開されている周波数特性にも現れていますが
低音を過剰に持ち上げているわけではなく、
むしろ100Hz以下の音域がダラ下がりになっているため重低音が物足りないのですが
このあたりの調整が鮮烈な低音表現に一役買っているようです。

小径耳乗せタイプの密閉型ヘッドホンだけに音場表現は期待できないものの、
十分に高い分解能と瞬発力のある音圧表現が良い仕事をしていて、
生演奏の楽器、特にドラムの音が歯切れ良く、聴いていて楽しい。
ロック向きヘッドホンとしてよく挙げられる理由が実感できます。

低音が強いヘッドホンの例としても度々取り上げられていますが、
低域の量感が大切なクラブミュージック(と思っている)音源では個性が発揮できない印象で、
あくまでロックなど、勢いがある生演奏ソース向けと感じました。

当機の特徴的な音の出方は
本来のモニター向け用途として
様々なロケーションで聴き分け能力と疲労感の軽減を両立させる調整を行った副産物ではないかと思います。
(側圧が強いので、長時間の装着が辛いけど…)

hd25-13ii_002.jpg
HD25といえば「HD25-1II」が有名ですが、
仕様と備品が若干異なるバリエーションがあり、
ちょっと検索しただけでも、以下4種が確認できます。
-------------------------------
HD25-1II:80Ω、1.5mストレートケーブル(L型プラグ)
HD25-II:80Ω、2mストレートケーブル(ストレートプラグ)
HD25-CII:80Ω、3mカールケーブル(ストレートプラグ)
HD25-13II:600Ω、3mストレートケーブル(ストレートプラグ)
-------------------------------
上位下位の区別はなく、
あくまで現場の需要に合わせた業務用ラインナップのよう。

民生向けにリファインされた
「HD25 aluminium」「HD25 amperior」という亜種も売られていて
歴史と実績があるヘッドホンのベストセラーであることに疑いはなく、
改めてSennheiserの技術力と音作りの巧さを感じさせられます。

2015.10.16

ぺるけさん設計の「トランジスタ式ミニワッターPart2」製作

peruke_trmw02_003.jpg
サイト「情熱の真空管」ぺるけさん設計の
シンプルで小出力な半導体ディスクリート式のSEPP-OTLアンプ、
「トランジスタ式ミニワッターPart2」を作りました。


ぺるけさんの著書「真空管アンプの素」を読みながら組み上げた「6N6Pシングルアンプ」の音に感銘を受け、
トランジスタ式ミニワッターの音も聴いてみたくなったのが2013年春先の事。
miniwatter2_002.jpg
部品の調達とケース加工をしたところでずっと放置していました。


あれから2年半過ぎて2015年秋、
ユニバーサル基板を使ったJJさんの作例に強く興味をそそられたので、
作例を参考にさせていただき、一から部品を集め直して製作に挑みました。
------------------------------------
■設計元:ぺるけさんのページはこちら

情熱の真空管:
トランジスタ式ミニワッターPart2
<オーソドックスでシンプル2段増幅>
http://www.op316.com/tubes/mw/mw-12v-p2.htm

------------------------------------
■ユニバーサル基板の作例:JJさんのページはこちら

ヘッドホンアンプ備忘録:
1Wディスクリートアンプ その2(ミニワッター)
http://settembre21x.blogspot.jp/2013/09/1w_18.html

------------------------------------

基本的な部品選択はJJさん作例に合わせています。
トランジスタ類はそれぞれ10本程度から選別して、hFE値が近いペアを使っています。
(コンデンサ容量のみオリジナル準拠)

レイアウトには少し余裕があるので、それほど苦労することなく実装できました。




通電するまえに、レイアウト&回路図を見ながら間違い探し。
peruke_trmw02_002.jpg

案の定、ミスがありました。
赤線部分、2SA970の配線が不足していた。
peruke_trmw02_002_2.jpg
「完璧に組み上げたと思った時こそミスがある」という定説。


ユニバーサル基板に部品実装した恩恵、
HEN110412に収まるコンパクトなデスクトップ向けパワーアンプが完成。
peruke_trmw02_015.jpg
この手の超小型パワーアンプを完成品で手に入れようと思ったら
怪しい中華メーカーのデジタルアンプくらいしか候補がありませんから、
僕が欲しかった仕様のアンプを自分の手で作れる事が素直に嬉しい。

peruke_trmw02_013.jpg

peruke_trmw02_014.jpg
秋月B基板を使いましたが、HEN110412の内側と基板スペーサーが干渉してしまったので
ケース内側を少し削る必要がありました。
peruke_trmw02_006.jpg
peruke_trmw02_007.jpg
peruke_trmw02_011.jpg
peruke_trmw02_012.jpg


当機を経由してスピーカーから音出ししてみると
トランジスタ式ミニワッターシリーズ設計の原典という「充電式かんたんヘッドホンアンプ」によく似ていて、
低音が効いていて元気いっぱいローノイズ、僕好みのアナログっぽい音。
文句なく気に入りました。

出力段のバイアス用に使用しているダイオードが原典の「UF2010」とは異なるため
アイドリング電流が多めになっているせいか、トランジスタに触ってみると意外と熱い。(触れないほどではない)

秋月電子縛りで部品を揃えたというJJさんの作例ですが、
秋月でも売っているUF2010をあえて使わなかったのは「終段Trは熱くなってナンボ」とコメントされているJJさんのこだわりポイントなんだろうな…などと勝手に想像したりして、ニヤリとさせられます。(考えすぎ?)

早速、当機をメインアンプとして愛用していくことにします。

すてきな回路を公開して下さったぺるけさん、
親切かつ丁寧な作例を公開して下さったJJさん、ありがとうございました!

Posted at 00:13 | DIY関連 | COM(0) | TB(0) |
2015.09.08

クラブサウンド再生に特化したイヤホン Pioneer SE-CX9を購入

こんなの初めて!リアルすぎる重低音!
(取り回しは悪いけど…)



近年のイヤホン事情はさらに進化を続けていて、
ダイナミック型ドライバとBA型ドライバを組み合わせて
それぞれの得意分野を生かすことで高音質を狙う…という試みの
「ハイブリッド型イヤホン」というジャンルが台頭してきました。

se-cx9_001.jpg

当機SE-CX9も
構造の違う2つのドライバを組み合わせたハイブリッドタイプのイヤホンですが、
上記のような構成とは若干異なります。

音楽を再生するBA型ドライバと
「物理的に振動を発生させて重低音が出ているように感じさせる」という、
BASS EXCITERというユニットを組み合わせた、
他で見られない構造。

分解能に優れたBA型ユニットで音楽を再生し、
不足した音圧をBASS EXCITERで大盛りにすることで、高品位な重低音サウンドを再現!
といったコンセプトのようです。

同様のコンセプトで発売されている下位機種「SE-CX8」と「SE-CL751」があり、
こちらはダイナミック型ドライバ+BASS EXCITERという組み合わせになっています。

se-cx9_002.jpg

音楽再生時にイヤーピースに触れてみると、
わずかにブルブルとした音圧が伝わってきて、物理的に振動していることが感じられます。

耳に装着して音楽を聴いてみると、
サブウーファーで再生された低音の音圧を叩きつけられているかのような、
体に響くリアルな重低音を体感することができ、
「SUPERIOR CLUB SOUND」というキーワードが伊達ではない事がわかります。

低音の指向性の低さは理解していたけれど、
物理的な振動がここまで「重低音らしさ」を感じさせるものなのか…という驚きがありました。

特にSE-CX9で聴くテクノのライブCDは鳥肌もので、
これだけでも「買ってよかった!」という気持ちに。

強烈な重低音再生が売りの当機ですが、
他の帯域を潰さないBA型ドライバの分解能が生きていて、実売価格に見合った性能の高さを感じさせます。
僕の手持ちヘッドホンに例えると「Ultrasone PRO900」のイヤホン版といったような雰囲気で、気に入りました。

当機に酷似したD型+BA型のハイブリッド型ドラムモニター向けイヤホン
「M-Audio IE-20XB」を所有していたことがありますが、
低音の量感が支配的すぎて、趣味の音楽鑑賞という立ち位置で判断すると、
決して高音質とは言い辛い印象があったので、
近年のイヤホンの進化具合には驚かされます。
(そもそも、比較対象に挙げたIE-20XBは通常の音楽鑑賞を想定して作られていないのでお門違いだけど…)

se-cx9_003.jpg

SE-CX9購入にあたり
たいして違いがなければ下位機種「SE-CX8」「SE-CL751」を購入しようと目論んで
念入りに視聴しましたが、
いずれも値段なりの音質差がある印象。

特にSE-CL751の良心的価格や仕様は魅力的だったのですが、
肝心の音質に不満が残りそうな印象だったので、迷った時は最上位というセオリーに従った結果。


そんなわけでクラブミュージック好きの低音マニアの方にはお勧めできそうなSE-CX9ですが、
実用面の使い辛さが目立ちます。

一般的なカナル型イヤホンと比較し本体サイズが非常に大きく、
ケーブルも相応に頑丈に作られていて分厚くコシがあり、重みがあります。
se-cx9_006.jpg
(テスト用などに使っている100均カナルイヤホンとの比較)

深めに装着する仕様なので
遮音性が高くしっかりフィットするのですが、
頑丈で太すぎるケーブルが大きなタッチノイズを発生させ、動きながら音楽を聴くには向いていません。
また、僕はスマートフォン等で音楽を聴くことがないので、リモコンマイク機能も無用の長物。
se-cx9_005.jpg
当機はコンセプト通り、クラブミュージック向けに特化したようなイヤホンなので、
汎用性に劣り、また音傾向が演出過多で前段(アンプ等)の色を塗りつぶしてしまう印象。

「低音の締まりが云々」など、
真面目な高音質再生を狙うオーディオマニアにとっては悪夢のような音でしょう。


SE-CX9は決してイロモノではなく、
クラブミュージックにおける「リアルさ」を真面目に突き詰めた一つの成果だと感じられました。

ニッチ狙いすぎるコンセプトや
イロモノじみた外観が敬遠されているためか注目されていない当機ですが、
重低音が好きな方には他に替えが効かないレベルの音を出すイヤホンだと思うので、
騙されたと思って、興味があれば一度試聴してみてほしい製品です。


2015.08.07

うめAUDIO(仮称)さんの「PHPA-KIT02」を製作

BISPAで委託販売されている、うめAUDIO(仮称)さんのポータブルヘッドホンアンプ基板、
「PHPA-KIT02」を組み上げました。



当基板は2012年からBISPAで委託販売されているようですが
部品表が無く、専用ケースも用意されていなかったせいか、
あまり注目されていない印象。
bispaphpa02_002.jpg
2015年春、
BISPAで加工済みの専用ケースが販売されるようになったので、
基板とケースを注文し、別途部品を揃えて組み上げてみました。
bispaphpa02_001.jpg
当機の特徴は
低電圧ながら特性に優れる単四電池2本×2の正負電源と
オペアンプ反転増幅+トランジスタバッファという
基本的なヘッドホンアンプの構成で、
お手軽かつ再現性が高く、様々なトランジスタが使えるというカスタム性もあって、
工作慣れしている方にとっても遊びしろのありそうな仕様となっています。
bispaphpa02_006.jpg
増幅部オペアンプは手持ちのストックOPA2209を使って、
BISPAの部品セットの説明文を参考に、定電流の役割を持つと思われる抵抗を
1mAのCRDに置き換えています。
bispaphpa02_004.jpg
電源部などの仕様は異なりますが、
「ヘッドホンアンプ備忘録」JJさんの
「LME49720に最適化したポータブルHPA」と出力段の構成がよく似ています。
その他特徴として、入力部のカップリングコンデンサ(ハイパスフィルタも兼ねてる?)と、
ゲイン切り替え機能が実装されていることを確認できます。
bispaphpa02_010.jpg
bispaphpa02_011.jpg
bispaphpa02_019.jpg
bispaphpa02_020.jpg
bispaphpa02_012.jpg
bispaphpa02_013.jpg
bispaphpa02_015.jpg
bispaphpa02_016.jpg

未実装スペース(C2/C12)がとても気になったので
どのような働きをしているか調べた所、
ブログ「nabeの雑記帳」さんにドンピシャな解説がありました。

■nabeの雑記帳:アナログ回路とアナログフィルタの超入門
http://nabe.blog.abk.nu/analog-filter#k434p9.2


製作者の任意でLPFを設定できる仕様になっているらしい。

当機の場合は「負帰還型アクティブLPF」というらしく、
ありがたいことにフィルタ計算ツールを公開しているサイトがありました。

■OKAWA Electric Design:OP-AMPの伝達関数計算ツール
http://sim.okawa-denshi.jp/opampkeisan.htm


未実装部分に100PFのコンデンサを追加すると、
前述の「nabeの雑記帳」さんの記事の表と酷似した効果が得られる事を確認。

ただし、デフォルトでは設定を推奨していないので、音質に影響があるのかもしれません。
据え置き仕様で製作する時に、任意で設定する部分ではないかと想像。


実際にポータブル環境で音を聴いてみると、
いわゆるモニター用ヘッドホンのような、
ストレートかつバランスのとれた中庸な音。
bispaphpa02_018.jpg
比較的低電圧で駆動しているためか、厚みは控えめで、
聴き疲れしづらそう。

バッテリーランタイムは余裕で50時間以上駆動できるし、
極めてローノイズなのは良いのですが、
分解能がそれほど高いわけでも、厚みが感じられるでもなく、
なんとなく鳴らしてる…みたいな印象となってしまい、
音質面の魅力が感じられない…というのが現時点の僕の感想で、
あくまで実験、終段TRの評価基板的な立ち位置のアンプなのかも知れません。

さらに、当機は携帯機器が発する電磁波ノイズをよく拾ってしまい、
電車内で使っているとピーピーと耳障りなのが困りもの。

もしかしたら…と期待して、
未実装スペースになっていたアクティブフィルタ設定部(と思われる)C2/C12に
100pfのコンデンサを入れてみましたが、
期待していたようなノイズカット効果はありませんでした。


当機は、僕がポータブルアンプを使うシチュエーションにはマッチしなかったこともあって
メインで使うには至らないのですが、
インターネット検索を経て、少しずつ回路の理解を深めるきっかけが得られたのが楽しい体験となりました。

Posted at 00:33 | DIY関連 | COM(0) | TB(0) |
2015.06.20

JVCケンウッドのイヤホン HA-FXZ100を買いました

JVCケンウッドのダイナミック型カナルイヤホン、
HA-FXZ100を買いました。


当機は3基のダイナミック型ドライバが搭載された豪華な構成で、
コンセプトモデルを連想させるような、独自性を追求した仕様。

同社のヒット製品、
ダイナミック型ドライバを並列に搭載した「HA-FXT90」を発展させたもので、
第3のドライバから100Hz以下の低音だけを抽出する「ストリームダクト」を追加することで
「マルチウェイ構成のスピーカー」の技術をイヤホンに応用しているそう。

ある意味、やりすぎとも思えるこだわりが感じられ、
効率を度外視して音を追及する、マニアのための意気込みが感じられます。

また、採用素材のグレードを上げた上位機「HA-FXZ200」もリリースされていて、
当機とは音のバランスも若干異なるようです。

ha-fxz100_002.jpg

音を聴いてみると、
期待通りに臨場感を重視した低音強めのサウンドで、
特に空気感のようなものがリアルに感じられるのが心地良く、
当機の強みを実感できます。

重低音の強さをアピールしたイヤホン群の中ではバランス寄りの調整で、
能率の低さも相まって、ポータブルアンプと相性が良いのも嬉しいところ。

実売価格比を考慮すると分解能と音場表現に若干の弱みを感じますが、
並列にダイナミックドライバを入れたイヤホン特有の傾向と思われ、
好意的に解釈すると、
イヤホンならではのピーキーさを和らげて、
スピーカー環境で慣れた耳に違和感の無い音を目指しているようにも感じられます。

実用面では、
本体がやや大型で耳に収まりの悪い印象もあるけれど
太くて取り回し抜群のケーブルが非常に良い塩梅で、
ストレスを溜める事なく愛用できそう。

ha-fxz100_001.jpg

当機に興味を持ったきっかけは、
以下のインタビュー記事。
-----------------
■とんでもないアイデアで音を変えた――“カナル型は苦手”の潮晴男氏も納得したJVC「FXZシリーズ」
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1211/20/news001.html

-----------------
ヘッドホンやイヤホンには様々な音響技術が使われているけれど、
末端消費者の僕は完成品の音を聴くことしか出来ないので、
技術的背景や開発者の苦労を実感しづらいものです。

上記のインタビュー記事では、
お仕着せの営業トークだけに終わらず、
HA-FXZシリーズ独自技術の開発経緯が技術者視点で語られていて、
マニアな男心をくすぐられました。

JVCのイヤホンと言えば
ウッドハウジングを採用したHA-FXシリーズが思い浮かびますが、
当機FXZシリーズを含めて
ピュアオーディオを嗜んだ年配層を積極的に取り込もうとしている印象があって、
ポータブルオーディオ戦国時代を生き抜く国内メーカーの中でも、
玄人好みの存在感が感じられます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。